カフェ・喫茶店

電源が取れるカフェ以外、愛せない!?

    働き方が多様化し、パソコン1台+ポケットWi-Fiですべての仕事をこなす「ノマドワーカー」という存在が広く世に知られてきました。カフェからカフェへ、電源を求めて移動する姿をこのようにたとえた新語だといいます。彼らのニーズに応え、コンセントが使えるカフェも増えています。

    効果的に電源スポットを探す方法をリサーチしてまとめてみました。
    ※各店舗のサービスは予告なく変更となる可能性があります。

    スタバ、タリーズ、ルノアール、
    マックは電源あり率高!

    スタバ(スターバックス)やタリーズには、パソコンを持ち込む人やスマホなどのデジタルガジェットを充電する人が多く見られます。高確率でどの店舗にもコンセントがあるからです。タリーズ本社(新宿区)などでは、ホテルのラウンジのようなソファ席でもコンセントが使えるため、ビジネスマンが商談に使っているのをよく見ます。ルノアールもほとんどの店舗にコンセントが用意されています。上島珈琲店も電源あり率は高めです。
    スタバやタリーズでは、コーヒーのおかわりサービス(2杯目を安く提供)があることから、長居客を歓迎(もしくは黙認?)しているのでしょう。

    マック(マクドナルド)は、席が比較的狭いことが多いですが、コンセントが使える席が多めに設けられています。地方出張のときはマックが頼りになります。

    カフェドクリエ、ドトール、カフェ・ベローチェ

    カフェ・ド・クリエは店舗数はそれほど多くないですが、ほとんどの店舗はコンセントが使えることがノマドワーカーに知られています。
    カフェ・ベローチェやドトールは、スタバやタリーズほど長居をする人が多くなく、また低価格でコーヒーを提供していることもあり、「電源が取れる」ことは重要視していない店舗が多いようです。ただ、神保町駅前ドトールは学生の街だからなのか、コンセントを備えたデスク風の席が設置され、さながら学習室のようになっています。

    出先で探すにはGPS連動の
    スマホアプリが超便利!

    (「電源探索Lite」は、スマホのGPS機能と連動しており、現在地からリサーチできるのが便利。開発者のMobiler’s Oasisさんに称賛を送りたい!)

    WEBサイトでも探せます!

    以下におすすめサイトを挙げます。

    電源カフェ dengen-cafe.com/
    ハックスペース hack-space.com/ など

    電源目当てでカフェに入るときの注意

    *電源目当てで入店したのに、コンセントが埋まっている! ということもあります。注文前に席を確保させてもらうのもひとつの手です。
    *スマホアプリやWEBでは探せないカフェもあります。個人店より、スーパーに併設されたベーカリーカフェやマイナーなカフェチェーンなどがねらい目です。
    *コンセントの取れるカフェでも、「コンセントが喫煙席にしかない」といったこともあります。嫌煙者はご注意ください。
    *混雑する時間などに、時間制限を実施する場合もあります。

    まとめ

    いかがだったでしょうか? 特に都心でコンセントの使えるカフェは繁盛しているようすがうかがえます。最近ではそうしたようすを見て、ジョナサンなどのファミレスでもコンセントが使えるようにしているところもあると聞きます。訪日外国人もこれからますます増え、日本の電源カフェへのニーズが倍増することが予測されます。もっともっと、増えるといいですよね!

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP