コーヒーのアレンジ

酸味の強いコーヒーの入れ方

コーヒーは、豆や、入れ方の違いで酸味、苦味、コクなどのバランスが変わってきます。また、コーヒーにはたくさんの種類があります。ミルクを入れたり入れなかったり、ミルクの量や入れ方で、味も名前も変わりますね。それ以前に、豆や入れ方にもたくさんの種類や方法があります。酸味の強いコーヒーは、どのような豆を使い、どのような入れ方をするのでしょうか。今回は酸味の強いコーヒーの入れ方についてご紹介します。

コーヒーの酸味の味わいの定義

焙煎度合によってもコーヒーは味わいの変化があるのはご存知ですか?焙煎度合が浅い程酸味が増し、深い焙煎だと苦みが増す傾向があります。更に、挽き具合によっても変化があり、粉の粒が粗く、分量は少ない方が酸味は強くなります。

抽出時のお湯は、温度を低めにし、抽出スピードを少し早めにすると、濃くなりすぎず酸味が強くなります。酸味は、柔らかで上品であればコーヒーの独特な風味をより引き立てますが、強すぎる刺激的な酸味になると、口に残る感じや、舌に残るような不快感を受けます。コーヒーの酸味が苦手な人の多くは、『酸味』を『渋味・雑味』と判断してしまっています。また、酸化の進んだ豆を使用した際の酸味は、刺激的で渋味を伴う酸味で、美味しくありません。しかし、本来豆の酸味は甘みを伴い、フルーティーでとても美味しい酸味です。

酸味が強いコーヒーの入れ方

今回は、ペーパードリップでの入れ方を紹介します。

蒸らし

豆は焙煎の浅いものを使用します。使用する豆は、細挽きのものより「粗挽き」を使うと酸味が強くなります。豆の量は、いつもよりも気持ち少なめを意識してください。お湯の温度は、沸騰したお湯をケトルなどに移して1分位したもので低めの82℃~83℃位を用意します。お湯を粉に乗せるようなイメージで極少量淹れます。その状態で20秒ほど蒸らしましょう。

抽湯

中心から「の」の字を描きながら、2mm~3mmの太さで長く細くお湯を注ぎます。この時、お湯の高さを保持し、ペーパーの周りに土手を作るイメージで注ぐのがポイント。真ん中がへこみ始めたら、またお湯をゆっくりと注ぎ、それを目的の分量になるまで何度か繰り返します。

完成

コーヒーの抽出液が目的の分量に達したら上のドリッパーをはずします。ドリッパー内にコーヒー液が残っていても、そのまま浸けておくと余計なえぐみや渋みが抽出されてしまう可能性があるのでサッとはずすようにしましょう。

酸味が強いコーヒー豆

コーヒー豆にも特に酸味が強いものがあります。今回はその中の有名どころ3種をご紹介します。

「キリマンジャロ(タンザニア)」強い酸味とコクが特徴です。

「モカ(イエメン、エチオピア)」香りがとても良く、独特の酸味に甘みとコクが加わります。

「コロンビア」酸味と甘味が重厚ですが、酸味のみが突出することなく、バランスが良いです。

これらの豆を更に浅煎り~中煎りにすることでより酸味を引き立たせることができます。

いかがでしたか?コーヒーは、豆の挽き方や量、淹れるお湯の温度や量、抽出スピードによっても味が変わるところがコーヒーの奥深さ、が魅了でもあります。特に暑い夏にはさっぱりした酸味のある豆でアイスコーヒーを淹れてのむのがおすすめです。アイスコーヒーにすることで、同じ豆、入れ方でもホットコーヒーよりも酸味を感じることができます。皆さんもぜひ酸味の強いコーヒーを目指して作ってみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーカップブランド
  2. コーヒーの砂糖とミルク
  3. インスタントコーヒー
  4. インスタントコーヒー
  5. 珈琲に合う食べ物
  6. 名曲喫茶東京
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. 東京下町のカフェバッハ
  10. 神保町の喫茶店
PAGE TOP