コーヒーのアレンジ

コーヒーの酸味と苦味を抑える美味しい入れ方3選

コーヒーを苦手な人に薦めたい場合は苦手の主な原因である「酸味」と「苦味」を抑えなければいけません。
またコーヒーは「酸味」と「苦味」こそが良いかも知れませんが、豆の劣化で不必要に出ている時もあります。
そして、どうしても「酸味」と「苦味」が出るなら入れ方や料理などで中和する方法があります。
詳しくそれらを見ていきましょう。

酸味が強い原因は入れ方と豆の質

コーヒーが苦手な人の意見の中には、酸味が合わないと言うのがあります。
そこで酸味が苦手な人も飲みやすいものを提供したい場合、抑えることが必要になります。

まず、温度が低いと酸味が出ます。しかしかと言って熱いと今度は苦味が強くなります。ですので酸味や苦味がそれほどないものは、やはり中挽き~中細挽きに限ります。
そして早くお湯を注ぐと酸味が強くなり、焙煎が浅かったり煮詰まったりしても同等のことが起こります。

また、コーヒー豆自体の品質にも気をつけなければいけません。
本来コーヒーの酸味は果物のそれと同じですので、「酸味自体」が苦手な人はほとんどいません。
悪い意味で、本来の酸味以上のものを引き出しているのもいけないのです。

飲み慣れている人も苦いと感じたら、酸味がコーヒーが劣化したと言う証拠です。
コーヒーの賞味期限は常温だと半年間から1年以上と言われていますが、普通にほっておいても豆が古くなり酸化になるのは当然と言えます。(コーヒー豆は決して丈夫な植物のものとは言えません。)ちなみに冷凍保存にしても豆で2~3ヶ月、粉の場合は1ヶ月ほどしか持ちません。

コーヒーの苦味の正体

酸味がそうであるように、苦味も苦手と言う方がいますが、コーヒー実際は生豆の状態では苦みはほとんどなく、焙煎によって苦みが付けられます。コーヒーの苦みは有機物の炭化や糖類のカラメル化によるものです。(ビニルカテコールオリゴマーに関連する成分が強く出るのが原因のようです。)

とは言え、苦いのはコーヒー豆が古いからと言うパターンもやはりありえますし、保存状態や入れ方などで苦味がキツくなってしまうこともあります。古いとそれだけ酸化したコーヒーの油が出て苦みやエグ味が出てしまい、焙煎の仕方が強いと苦味が強まります。

お湯の入れ方も気を付けるべきで、熱を与えすぎても苦みを発生させる原因になります。コーヒーの温度は85度~94度くらいがちょうど良いです。

また保存するならコーヒー豆を冷凍庫で保存した方が良いです。そして、粉にすると吸収効率が悪い意味で上がるので粉じゃなくて豆で保存で死守しましょう。

コーヒーの酸味と苦味を抑える入れ方

今度は苦味と酸味を克服する方法を紹介します。

まず酸味が強いなら、テリヤキチキンやパン・サンドイッチなどの濃い味と食べるとちょうど相性が良いようです。
反対に苦味が強いなら、チョコレートゆドーナツなどが相性が良いようです。

続いて酸味は乳脂肪の高いミルクを使うと中和します。苦味の場合は砂糖で中和します。

また酸味は粗めに挽いたり、アルミホイルをフライパンに敷いて煎ることでも中和します。
ちなみににがりを入れて苦味を消す方法もあるようですが、硬水で飲んだような味になります。
硬水とコーヒーは相性は本来悪く、極端に言えば水混じりのコーヒー飲んだような味になります。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. 名古屋喫茶店モーニング
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーかす
  5. ヨーロッパのコーヒー文化
  6. 銀座カフェ
  7. 韓国カフェ
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒー染め
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP