コーヒーのアレンジ

試してみたい!ユニークな世界のコーヒーの飲み方

日本のコーヒー消費量は現在どれくらいかご存知ですか?日本のコーヒー消費量は世界第4位。これはアメリカ、ブラジル、ドイツに次ぐ順位となっているそうです。個人的にはそんなに上位なの!と驚きましたが、確かに最近の日本でのコーヒー進出はすごいですよね。日本ではそのままブラックで楽しんだり、ミルクや砂糖を入れたりといった飲み方が主流となっていますが、世界の国々ではどのように飲まれているのでしょうか?いくつかご紹介します。

香港

香港では、なんとコーヒーとミルクティーを合体してしまいます。コーヒーとミルクティー、7対3の割合で混ぜるのが一般的なんだそうで、ミルクティーには砂糖と無糖練乳がたっぷりと使用されたものを使うそうです。まろやかなミルクティーの優しい味わいの中にほのかにコーヒーのビター感が合わさって、確かに少し美味しそうです。

アメリカ

アメリカではコーヒーに卵を入れてしまいます。生卵です。コーヒーに牛乳や砂糖を入れて、あらかじめ温めておいたカップに入れます。そこにかき混ぜた「卵黄」を入れ更によくかき混ぜます。コーヒーの苦みと卵の濃厚さが意外にもマッチしてコーヒーアイスのような味わいになるんだとか。こちらのエッグコーヒー、ベトナムでも飲まれています。ベトナムでは時代背景があり、1950年代、牛乳が不足していた時にバリスタが牛乳の代わりとして卵の黄身を使用したのは始まりだそう。味は「ティラミス」のようだとか。

フィンランド

こちらも変わった飲み方をしています。主にフィンランドやスウェーデンの一部地域で飲まれているコーヒー。まずは、コーヒーカップに角切りにした「チーズ」をぎっしりと敷き詰めて、そこに温めたコーヒーをゆっくりと注ぎます。コーヒーを飲みながら中のチーズを食べたり、最後には余った溶けたチーズをスプーンですくって食べるそうです。コーヒーとチーズ、深煎りのコーヒーでフードペアリングで相性の良いものがあるので、以外とマッチしそうですね。

イタリア

イタリアでは主流となっている、エスプレッソコーヒーにレモンの果汁を加えて、さわやかな酸味と風味を加えたものです。紅茶にレモンは定番ですが、コーヒーにレモンはあまり聞きませんね。レモンを加えることで、普通のエスプレッソは飲みやすく仕上がります。更に砂糖を入れ甘くしたところでレモンの皮だけを浸して飲むという方法もあります。

柑橘系のコーヒー豆との相性がとても良さそうですね。

フランス

かつてあのナポレオンが愛したことでも有名なコーヒーです。まず、スプーンに角砂糖を乗せて、そこにブランデーをかけて火をつけます。すると、アルコールが一気に飛び、ブランデーの風味だけが残ります。火をつけることで、砂糖も香ばしくなるので、それをコーヒーにそのまま加えて飲むのです。見た目は青白く燃えた炎が激しくもあり心を落ち着かせてくれるような他にはない一杯です。

以上、ごくごく一部でしたが、世界のコーヒーの飲み方、いかがでしたか?いずれも日本では考えられないような個性的な組み合わせが多かったと思います。普段飲んでいるコーヒーに少し飽きてきたら是非このような飲み方に挑戦するのもありです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP