コーヒーのアレンジ

自宅でも簡単に!コーヒーとビールの組み合わせ

コーヒーとビール、同じ飲み物でも飲むシーンは別々なイメージですよね。一緒に飲む、コーヒーとビールが合わさるなんて、あまり想像できないし、美味しいのかなという疑問さえ感じます。しかし、コーヒーとビールの組み合わせのものは存在します。コーヒービールとでも言いましょうか。実はビールの苦みとコーヒーの香ばしさ・苦みなどが相まって深い味わいとなるのです。

コーヒービールとは

コーヒービールとは、見た目が黒ビールのようなビールカクテルです。飲んだ人の実際の感想としては、「美味しい」「飲みやすい「ビールとコーヒーの香りが合う」「黒ビールは苦手だが、これは美味しく飲めた」「鼻に抜けるコーヒーの香りがビールの苦みと合う」などが挙げられました。評価は良いみたいですね。

コーヒーとビールの効果

ここで、それぞれどんな効果を持っているのかをみてみましょう。それぞれ身体にもたらす効果はたくさんあります。

「コーヒー」

①集中力アップ②エネルギー消費をアップ③脂肪分解④筋肉痛の緩和⑤シミやしわの改善・予防⑥リラックス効果⑦肝硬変発症のリスク低下⑧二日酔い改善

「ビール」

①ストレスの緩和②脳がリラックスする③尿管結石のリスク低下④心臓病の発症絵率低下⑤アルツハイマーリスク低下⑥想像力豊かになり、アイディアが浮かびやすくなる

それぞれにこんなにも沢山の良い効果があります。この2つを組み合わせるわけですから、身体にもとてもメリットがありそうですね。

自宅でもコーヒービールは作れる

なんとなく勇気がいりますが、味も美味しく、健康面のもメリットがあると思うと、自宅でも簡単に飲めたら嬉しいですよね。意外と簡単にできてしまうので、その作り方をご紹介します。

①まずはよく冷えたアイスコーヒーをグラスの3分の1ほどいれます。

②そこにビールをなるべく高いところから注ぎ、泡をたっぷりと立たせます。

③2回目のビールは、注ぐ位置をグラスの縁まで下げて、慎重にゆっくりと追加していきます。そうすると泡が上に上がってきますので、2cmほど泡が盛り上がったらそこで完成です。

いかがですか?とても簡単ですね。1回目にビールを注ぐときに、高い一から勢いよく注ぐことで、ビールとコーヒーが上手くまじりあい、泡もふわふわになるのです。

味わいは?

先程も少し述べましたが、意外にとても飲みやすいです。見た目も琥珀色で美しく、ビールの強い炭酸もコーヒーによって緩和されています。そして、コーヒーとビールの香ばしさが際立つ味わいとなります。このコーヒービール、香ばしさがあるので、少しスモーキーな食べ物(ベーコンや燻製など)や、コーヒーの苦みとビールの苦みで奥深さがでているので、チョコレートなどと合わせると、大人な味の組み合わせを楽しむことができます。

いつものビールにコーヒーを足すことで、新しい世界が広がっています。お酒を飲むと眠くなってしまう人が多いと思いますが、こちらはコーヒーの覚醒効果でいつもよりは頭がさえる感じがします。それぞれの効果が相まってメリットになる一例ですね。大人な味わいでとても美味しい「コーヒービール」ぜひ自宅で簡単に試してみてはいかがでしょうか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒードリップ器具
  6. コーヒーメーカー
  7. 電源のあるカフェ・喫茶店
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 銀座喫茶店ルノアール
PAGE TOP