コーヒーのアレンジ

歯についたコーヒーの着色を効果的に落とす方法4選

喫茶店を経営した際のトークの話題の一つして着色の落とし方も学んでおきましょう。

ご存知の通りコーヒーは歯に着色しやすい飲み物の一つですが、こちらが着色についての知識を少し知ってるか知ってないだけでも大違いです。

コーヒーを飲んだ後はうがいをする

飲んだ後はすぐにうがいしましょう。
また徹底的に取り除きたい場合は美白用歯磨き粉で磨きましょう。
特に美白用歯磨き粉には表面の汚れを取り除く研磨剤と、ステインを浮き上がらせる成分があります。

ちなみに海外の美白用歯磨き粉は洗い研磨剤が含まれていることもあるので、妥当に日本の美白用歯磨き粉を買いましょう。

なおジェル状などの研磨剤ではない美白用歯磨き粉は、着色を取り除けません。

また磨く際は歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間、奥歯は磨き残しが出やすいので注意して磨きましょう。(着色でも同等です。)

コーヒーの着色に歯用の消しゴムは駄目

ちなみに歯用の消しゴムがありますが、個人的にお薦めしません。

少し使うだけならまだ良いかもしれませんが、やりすぎると歯を傷付け着色しやすい歯になってしまいます。プラモデルの切った跡を削る紙やすりと同じで、使い過ぎると返ってデコボコが増えるのをイメージすれば感じが掴みやすいかと思います。

また歯用の消しゴムにはそう言った配慮からか、シリコンゴムが使われているのが多いのですが、やはり研磨剤があります。

値段は数百円から数千円と色々とあり、様々なタイプの商品がありますが、あくまで歯の汚れを少し落とすためのもので医療的なもものではありません。

コーヒーの着色には歯磨きが効果的

以上のようにまとめると、美白用歯磨き粉を適度に使い歯用の消しゴムもあまり使わず、歯を下手に削らないで済む毎日のうがいが肝心と言うことになります。

なお、ホワイトニング系の歯磨き剤は大量の研磨剤があり、そう言った観点からステインオフの歯磨き粉は逆効果と言っているプロの歯科医もいるくらいです。

ちなみにコーヒー以外にも紅茶やカレーライスなど着色しやすい飲み物は他に沢山あります。これらは喫茶店の常連メニューで、いじわるな言い方をすれば喫茶店は歯に着色しやすい場所になります。また着色されにくいコーヒーは存在しないと考えても良いでしょう。

いっそ喫茶店で歯磨き粉の売りたい所ですが、歯磨きの販売は様々な資料を提出しなければならず、素人には難しいと言われています。(確かに歯磨き粉を販売している喫茶店って聞いたことがないですね。)

さらにちゃんと歯のケアをしている上で、3か月に一度歯石と着色除去をしてもらった方が良いです。

歯磨きを窓拭きに例えている人もいて(隅々まで拭くのは難しいように、隅々まで歯を磨くのは難しい)、プロの方による掃除の重要性をそうやってい説いています。

コーヒーの飲みすぎは注意

なおコーヒーは酸性が強く、血管が収縮するので歯どころが身体全体に悪いと言う感じです。

コーヒーは健康に良いと聞いたことがあると思いますし、このサイトでも言っていますがコーヒーは良い物と悪いものが相反している飲み物と言って良いでしょう。

コーヒージャンキーの一人として頭に留めておきたいものです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP