コーヒーのアレンジ

硬軟の違いで味が変わる!コーヒーを淹れる時の水の選び方

コーヒーを淹れる時、必ず使うものが「水」です。家でコーヒーを淹れる時は、普段使っている水を使用して特に気をつかったことはない方がほとんどだと思います。水は、そのまま飲んでもわずかに味が違うように、コーヒーを淹れる際も、「水」によって味が変化すると言うのです。見逃されがちですが、コーヒーの99%を占めるのは「水」です。今回はコーヒーに使用する「水」の選び方についてみていきましょう。

軟水と硬水

コーヒーの味わいに特に影響を与えるのは「硬度」です。「硬度」とは、水に含まれているカルシウムイオンやマグネシウムイオンの濃度のこと。一般的に硬度の低い水を「軟水」、硬度の高い水を「硬水」と言います。

軟水と硬水どちらがコーヒーに向いている?

軟水と硬水をそのまま飲み比べてみると、ミネラルが多く含まれている分、硬水の方が重さや硬さを感じます。この重さや硬さが、コーヒーの味の邪魔になってしまうことがあるため、一般的には「軟水」の方がコーヒーに向いていると言われています。特に、酸味のさわやかさが特徴の浅煎りや中煎りのコーヒーは、微妙な味わいを阻害しない「軟水」の方がおすすめです。一方、深煎りの場合は、好みによって使いわけることをおすすめします。「軟水」で淹れると、水の硬さとコーヒーの苦みがあいまって苦みのしっかりとしたコーヒーとなります。また、「軟水」で淹れると、逆に苦みが和らぐ傾向があります。

水道水

日本の水道水は、世界でもトップレベルの安全かつ高品質な水です。沖縄など一部例外を除きますが、比較的硬度も低く(軟水傾向)、コーヒーの抽出には向いていると言えるでしょう。しかし、問題点もあります。それはこの安全性を保つ為に行う塩素消毒に由来する「カルキ臭」。このカルキ臭は沸騰させることでほとんどが飛散してしまうのでそこまで気にすることはありませんが、水出しコーヒーを淹れる際など、沸騰さぜずに低い温度で使用したい場合は、カルキ臭が残りやすくなるためミネラルウォーターや浄水器を通した水道水をおすすめします。

このように問題点も多少はありますが、水道水は場所により水質が違うのでその土地ごとに味わいの違いを楽しむということも可能なのです。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、安定した品質・美味しさが保障されているので文句なしで使用できます。商品も多彩なため、採水地や硬度も自分に合ったものを選べるのも良いですね。

また、日本の水道水は軟水傾向があるので、硬水で淹れるコーヒーが好きな方はミネラルウォーターを使用するとよいです。市販のミネラルウォーターのラベルには軟水・硬水の他に「pH値」という酸性かアルカリ性かを表示する指数も記載してあり、「値7」が中性なので、数値が低くなると「酸性」高くなると「アルカリ性」となります。酸性は酸味を帯び、アルカリ性は苦みを帯びるという特徴があるので覚えておくと参考になるでしょう。日本で販売されているミネラルウォーターはほとんどが中性なので、特に気にすることはないと思いますが。

このように、「水」はあなどれません。コーヒーの99%が水ということで、軟水と硬水のコーヒーを飲み比べると味の違いがはっきりわかるのではないでしょうか?水によって味に変化をつけながら飲むのもまたおもしろいでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP