コーヒーのアレンジ

焼酎とコーヒーの組み合わせ

焼酎はいろんなもので割って楽しむことができます。同じく、コーヒーもいろいろなものとアレンジすることができます。焼酎をコーヒーで割ると聞くとあまりにも組み合わせの悪さに驚く人もいるかもしれませんが、実はコーヒーと焼酎は意外にもいける組み合わせなのです。コーヒーはもともとアルコールと混ぜ合わせるアレンジが存在していて、最近ではコーヒービールなどもが流行りつつありますし、伝統的にもアイリッシュコーヒーやカフェロワイヤルなどアルコールとコーヒーを組み合わせて飲まれています。今回は、焼酎とコーヒーの組み合わせについてご紹介していきましょう。

コーヒー焼酎の作り方

焼酎とコーヒーを用意します。焼酎は、いろいろな種類がありますが、どんな焼酎を使うかは作る人の好みです。しかし、焼酎の原材料の香りが抑えられた、甲類を選ぶほうがコーヒーの香りが楽しめます。もちろん乙類の焼酎でもおいしく作れます。コーヒー豆は市販されているコーヒー豆で大丈夫です。使用量の目安としては100mlあたり5g程度(1.8リットルの焼酎に90~100g程度)ですが、お好みで加減してください。

浸して作る本格派

コーヒー焼酎を本格的に作る方法として、焼酎の中にコーヒー豆をしばらく浸して保管して作る方法があります。基本的には、梅酒を作るのと同じ考え方です。どの焼酎を選ぶか、どのコーヒー豆を選ぶかはそこまで深く考えずに自分の好きな焼酎とコーヒー豆を使用するのがベストです。分量としては、よく見かける1.8リットルの焼酎に対してコーヒー豆100gの割合がちょうど良いです。焼酎の瓶の中にコーヒー豆を入れて、数日間置きます。とりあえず3日経ったら味見をしてみると良いです。当然ながら長い間コーヒーを焼酎に浸しておくほど味が濃くなるので、数日おきに味見をしてみて、自分の好きなタイミングでコーヒー豆を取り出すのが良いです。

コーヒー豆以外で作るコーヒー焼酎の作り方

割って作る

本格的に自家製の梅酒を作るような感覚でコーヒー焼酎を作っても良いですが、それだと手間がかなりかかります。とりあえず簡単にサッとコーヒー焼酎を飲みたい場合には、単純に焼酎をコーヒーで割るのが良いです。作り方はいたって単純で、ただ焼酎をコーヒーで割れば良いだけです。分量の割合などは味の好みに合わせて、初めは1:1 の割合にして少しずつ変えていって自分に合った割合を見つけるのが良いです。コーヒーはホットコーヒーでもアイスコーヒーでも合わせることが出来るので、その時の気分に応じて選べます。

挽いたコーヒー豆での作り方

焼酎に挽いたコーヒー豆を入れるだけです。飲む前にペーパーフィルターなどを使って、きちんと濾してください。そのままの豆で作るより短時間で作れ、手軽に一杯分のコーヒー焼酎を作ることができます。

缶コーヒーでの作り方

コップに缶コーヒーと焼酎を入れるだけです。コーヒーと焼酎のカクテルのイメージです。

いかがでしたか?家でも本格派でも割と簡単に自宅で作ることができ、試しやすいですね。もし普段から甘めのコーヒーが好きな場合には砂糖やガムシロップを追加しても意外に合います。ミルクを入れてみても思いのほか焼酎を台無しにすることがないので、あまり気にせずに好きに焼酎コーヒーを作ると良いです。このようにコーヒー焼酎は、焼酎が好きでかつコーヒーが好きという人にとってはおすすめな飲み方になります。興味を持たれた方はぜひ一度試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 神保町の喫茶店
  2. インスタントコーヒー
  3. コーヒーの着色
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒー豆
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーかす
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP