コーヒーのアレンジ

コーヒーとは言えない?一度は飲んでみたい炭酸コーヒーの特徴と味

コーヒーにはいろんな種類がありますが、世の中には「炭酸コーヒー」というものがあります。炭酸とコーヒー・・・?とその組み合わせに少し不安になる人も少なくないのでは?炭酸コ-ヒーとは、その名前の通り炭酸入りのコーヒーなのですが、たまに日本の飲料メーカーによって発売されて、その度に「まずい」とネットで批判されています。今回はそんな炭酸コーヒーについてご紹介します。

炭酸コーヒーとは

炭酸コーヒーとは、文字通り、炭酸の入っているコーヒーです。コーヒーにしゅわしゅわした炭酸要素を入れることで、よりさっぱりとコーヒーが苦手な人でも飲みやすくしようという試みで、日本では1954年に「コーヒーサイダー」という名前で炭酸コーヒーが売られたのが始まりでしたが、しばらくすると販売停止になってしまいました。その後も改良が加えられたものが販売されては、しばらくすると販売停止になるというのを繰り返しています。炭酸コーヒーは定期的に内容がアップグレードされていますが、なぜか毎回ヒットには及びません。味がそこまで美味しいと言えないという理由が大きいですが、実際に味は毎回向上しているのです。やはりまだ消費者の中で「コーヒーは炭酸と合わない」という考えが多く、ニーズを満たせていないようです。

炭酸コーヒーの味と特徴

炭酸コーヒーの特徴は何と言っても、コーヒーを炭酸状態でさっぱりと飲むことができる点です。コーヒーはコーヒーでも、普通のコーヒーとは全く持って違う感覚の飲み物です。コーヒーの炭酸版と思って飲んでみると、「コーヒーなのか?」と思ってしまうほど味はコーヒーから離れており、コーヒー風の別の飲み物と言っても過言ではないでしょう。どこか人工的な味がしてあまりコーヒー要素は強くなく、飲み薬の味だとか、ノンアルコールビールに似た味だった印象があります。想像とのギャップがある飲み物です。

炭酸コーヒーの作り方

「まずい」と評判の炭酸コーヒーですが、そこまで言われていると一度飲んでみたいと思いますよね。炭酸コーヒーは、家で作ることもでき、必要な材料は「アイスコーヒー」と「炭酸水」だけ。アイスコーヒーはドリップして作るなら深煎りの濃いコーヒーがオススメです。炭酸水はコンビニやスーパーに売っている無糖で無香料のものを使用するのが良いです。炭酸コーヒーを作る手順としては、①アイスコーヒーをまずグラスに入れて②そこに炭酸水を注ぐだけです。コーヒーと炭酸水の割合は、好みによるので自分で調節するのが良いですが、一般的には「コーヒー:炭酸水=1:9」くらいの割合が良いです。今まで失敗を重ねてきた市販の炭酸コーヒーは、添加物などが含まれているため人工的な味がし、コーヒーとは程遠い味になっていましたが、家で作った炭酸コーヒーはそこまでまずいとは思いませんでした。ただ、濃いコーヒーでないと炭酸で薄まるのでまずくなります。

いかがでしたか?炭酸コーヒーは意外にも歴史が古く、昔から多くの飲料メーカーによって販売されていました。例えば、今でこそ大ヒットしているセブンイレブンの100円コーヒーも、何度も何度も失敗を繰り返してきて、やっと今の大成功をおさめています。そう考えると、炭酸コーヒーもこれから何度も販売を続けていくことで、いつかは大ヒット商品になる日がくるのかもしれません。炭酸コーヒーは、販売されているものは添加物なども含まれており、余計にまずく感じるかもしれないので、まずは試しに自分で作ってみるとよいでしょう。割合によっては意外と美味しくなったり、砂糖を入れると少しコーラのような味わいになったりもするので、まずいと決めつける前にいろいろと試してみてはいかがですか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒードリップ人気
  4. コーヒーかす
  5. コーヒーの砂糖とミルク
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーの仕事
  9. コーヒーメーカー
  10. 電源のあるカフェ・喫茶店
PAGE TOP