コーヒーのアレンジ

夏にぴったり、水出しコーヒーを知ろう

暑い夏、そんな時に飲みたくなるのがアイスコーヒー。アイスコーヒーって1種類しかないと思っていませんか?実はアイスコーヒーにも入れ方に種類があるのです。普段よく飲まれているのは「急冷法」という方法で淹れたアイスコーヒーで、熱いコーヒーを淹れ、氷を入れたグラスに注いで一気に冷やすという方法です。今回紹介するのはもう一つの入れ方「水出し法」です。

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーとは、「水出し法」という方法で淹れられたコーヒーのこと。この「水出し法」とは、お湯ではなく「水」を使ってコーヒー粉の上から1滴1滴ゆっくりと垂らしながら抽出していくやり方で、とても長い時間がかかりますがその分普通に淹れるよりもクリアですっきりとした味わいとなります。また、せっかく長時間かかるのですから、一度にたくさん作ることをおすすめします。水出しコーヒーは冷蔵庫で保存が可能です。

水出しコーヒーの入れ方

常温の水でゆっくり抽出するこの方法、詳しくみていきましょう。

①粉を入れて水を注ぐ

ポットの中にコーヒーの粉を直に入れ平らにならし、粉と水が十分馴染むように常温の水をゆっくりと注ぎます。冷たい水だと抽出されにくくなってしまいまうので常温であることがとても重要です。

②ラップをかける

③常温に置く

その状態のまま、常温に8時間以上置いておきます。その間触らないようにしましょう。

④なじませる

ラップをはずし、表面をスプーンなどでゆっくりとガスを抜くイメージで少しずつなじませます。このとき、表面から泡が出ますが何も問題はありません。

⑤ドリッパーでこす

ドリッパーにペーパーフィルターをセットし、ポットの底に沈んだ粉が出てこないように慎重にゆっくりとこしていき、底に沈んだ粉が流れない程度のところで注ぐのをやめます。

⑥グラスに注ぐ

完成です。こしたコーヒーを一度冷蔵庫で冷やして飲むか、そのまま氷の入ったグラスに注いで急冷して飲みます。かなりの時間がかかりますがその分美味しく感じることでしょう。

水出しコーヒーが飲めるカフェ

入れ方をみてわかるように、急冷法のアイスコーヒーに比べとても時間と手間がかかるので家で淹れるのは難しいかもしれません。水出しコーヒーがあるカフェは近年増えており、都内にもたくさんあるのでその中から一部ご紹介します。

「ブルーボトルコーヒー」

アメリカのシアトル生まれで話題になりましたね、カウンターにずらっと抽出しているコーヒーたちが並んでいるのが印象的です。こちらの水出しコーヒーは、苦みやえぐみが全くと言っていいほどなく、さわやかな酸味が効いていてとても飲みやすいコーヒーです。

「オールプレス ロースタリー アンド カフェ トウキョウ」

こちらは、コーヒー豆を卸売している会社のカフェとなっています。木造の建物の中にロースターがあるので、新鮮な豆を使用したコーヒーをいただけ、また香りがとても良いです。水出しコーヒーは、苦みが少しありますが後味はとてもさわやかです。

「スターバックスコーヒー」

スターバックスでも最近水出しコーヒーが販売されました。「コールドブリューコーヒー」という名で出しており、スターバックスの場合は、ストレートのものと、オレンジ風味とヘーゼルナッツ風味のフレーバーの2種類も用意されているので、コーヒーが苦手な方はこちらがおすすめです。

以上、水出しコーヒーについてご紹介しましたが、「急冷法」との違いはわかりましたか?普段飲んでいるアイスコーヒーと少し違うとわかると思うので、この夏はぜひ「水出しコーヒー」を楽しんでみては?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. ハワイコナコーヒー
  3. スターバックスお得カード
  4. コーヒーメーカー
  5. ヨーロッパのコーヒー文化
  6. 東京の人気老舗喫茶店
  7. 電源のあるカフェ・喫茶店
  8. コーヒードリップ器具
  9. チェーン店のカフェ
  10. NEWoManニュウマンカフェ
PAGE TOP