コーヒーのアレンジ

古くなったコーヒー豆を美味しく飲む方法

みなさんは。「コーヒーが余ってしまった」、「常温でコーヒーをずっと放置してしまった」といった経験はないでしょうか?このような時、もうどうせ美味しくないだろう、と捨ててしまうのはもったいないです。古くなったコーヒーでも美味しく飲む方法はあります。

今回はそんな古くなったコーヒーの対処方法をご紹介します。

味をごまかす

そもそも鮮度が落ちているものは何でも美味しくはありません。コーヒーも同じで、鮮度が落ちているものを美味しく戻すということは不可能です。そこで、味をダイレクトに味わうのではなく、「ごまかして飲む」という手段に出ます。つまり、不味くなってしまった部分を別のものと「調和」させてごまかすのです。

抽出方法で味を調節

一番おすすめの抽出方法が「ドリップ」です。コーヒーは、高温で抽出すると高温になればなるほど苦味やコクが溶け出してくるので、苦味やコクが強く出る傾向にあります。一方で低温であれば酸味が苦味やコクよりも先に溶け出すので苦味やコクは高温に比べて弱まる傾向にあるため、酸化が進んだ鮮度の落ちたコーヒーでは劣化してしまった味がより目立ってしまいます。つまり高温で抽出することで、苦味やコクの風味を増やし、酸化してしまった豆の酸味を感じさせないように隠してしまうという方法なのです。逆に、鮮度の落ちたコーヒー豆で淹れるときに避けていただきたい方法が、「フレンチプレス」です。フレンチプレスは「コーヒー粉を直接湯に浸す」という器具の特性があり、コーヒーオイルも抽出する抽出方法です。そのため、コーヒー豆の風味をよりダイレクトに引き出すのですが鮮度の落ちた豆ではこの特性が仇となります。高品質なコーヒー豆を用いる場合は豆の個性を最大限に引き出し美味しく飲むことができますが、これは裏を返すと品質が悪ければ良くない部分までダイレクトに引き出してしまうので美味しくはありません。そのため、鮮度の落ちてしまった豆はフレンチプレスは避けたほうが無難でしょう。

ミルクを混ぜる

コーヒーの特徴でありながら、同時に嫌われやすい風味というのがあります。例えば、酸化による酸っぱさ、エグ味、雑味などがあげられますが、どれも嫌いな人にとっては刺激的な風味です。それらの嫌な刺激を打ち消すのに効果的な対処法が「ミルクを加えること」です。ミルクにはマイルドな甘さやなめらかな舌触りなどがあるため、カフェオレのようまろやかな味わいになります。ミルクは、刺激とは正反対の効果を持っているため、酸味やえぐみのような嫌な風味をミルクを混ぜて中和してあげることで、かなり飲みやすくなります。

アイスコーヒーにして飲む

人間の舌は冷たいほど味を感じづらくなるのはご存じですか?例えばかき氷なども口に入れた瞬間は冷たいと感じ、舌の上に溶けていく過程でシロップの味がしてくると思います。この、冷たいほど味を感じづらくなるという性質をつかい「キンキンに冷やしたアイスコーヒー」にすることで、ホットで飲む時より劣化した味を感じづらくするという方法もあります。この時、浅煎りだと酸味が目立ってしまったり、苦味を出しておいたほうが冷やした時に劣化味を感じづらくなるという理由から、深煎りのコーヒーで更に濃いめにするのがおすすめです。

飲む意外に使用する

コーヒーの使用用途はただ飲むだけではありません。料理のコクを出すために足してみたり、お菓子に混ぜるのも良いでしょう。こうすることで、高温で調理されるため劣化した豆でもそこまで気にならず使用することができます。また、コーヒーには消臭効果等もありますので靴やトイレといった臭いが気になる場所に、お茶出しのバッグ等に入れて置いておくだけで消臭剤の役目も果たします。

いかがでしたか?いろいろな対策をご紹介しましたが、大前提として「鮮度が落ちる前に飲み切ること」と、「飲み切れる分量だけ購入すること」が大事です。それでも鮮度が落ちてしまったり、劣化してしまった場合には、今回ご紹介した方法が役に立つと思います。コーヒーが無駄にならないよう、美味しく飲みましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP