コーヒーのアレンジ

化学的に立証済み?コーヒーと和菓子の相性

コーヒーに合うお菓子はケーキやクッキー、お茶に合うお菓子は和菓子だと思っている人はかなり多いのではないでしょうか。この常識をひっくり返す新たな発見が発表されました。実は、和菓子とコーヒーの組みあわせも高相性だということが化学的にも立証されたのです。今回は、そんなコーヒーと和菓子についてご紹介します。

コーヒーと和菓子

先程、コーヒーと和菓子の相性が良いと化学的に立証されたと述べましたが、一体どのようなものなのでしょうか?珈琲・和菓子発掘プロジェクト委員会が、20代から60代の男女を対象に「『珈琲と和菓子』に関する調査」を実施。「コーヒーに和菓子が合うことを知っているか」と聞いたところ、およそ7割が「知らない」という結果になったそうです。続いて「コーヒーと和菓子を一緒に味わったことがあるか」と聞くと、約半数が「試したことがない」との回答。「コーヒーと合わせたいデザートは何か」という質問では、「ケーキ65%」「ドーナツ43.8%」「クッキー43.3%」など洋菓子を選ぶ人が多く、和菓子を選んだ人は(21.2%)と最も少ないことが判明しました。「和菓子とコーヒーは合うと思うか」についての調査では、20代の女性6割以上が「合わない」「どちらかといえば合わない」と回答し、年齢が若い女性ほど、コーヒーと和菓子は合わないと思っており、一緒に味わうことはないということが分かりました。その後、「白ワインと牛肉」「牛乳とごはん」などと一緒に「コーヒーと和菓子」も味覚テストが行われましたが、1番相性が良いという結果が出たそうです。

どんな和菓子と相性が良いのか

では、もう少し細かくみていきましょう。

「草団子」

特にこしあんの草団子と相性がよいです。草団子にフルーティーな風味を持っているコロンビアの深煎りを合わせることにより、こしあんの甘さに黒糖のような深みが出る上に、草団子のハーブ感ともマッチします。こしあんは「ケニア」「グアテマラ」「ブラジル」の豆とも合わせると甘さに深みと奥行きが加わる感じとなります。

「道明寺」

もっちりとした食感と、あんの甘味にほのかな塩気、桜の香りが特徴の道明寺。こちらは、持ちを包む桜の葉の塩漬けが、発酵に由来する甘さと塩気があるため、同じく発酵感を持つナチュラル処理のコーヒーと相性が良いです。双方の調和が、甘味や味に広がりを与えてくれます。

「いちご大福」

すっきりとした甘さのあんと、甘酸っぱいイチゴが丸ごとはいっているいちご大福。こちらには、ナチュラル処理のクリーンなタイプのコーヒーがおすすめです。コーヒーの酸味がいちごの甘さをより強調してくれ、白あんともほどよく調和してくれます。

いかがだったでしょうか?コーヒーと和菓子が相性が良いとは驚きですよね。「和菓子にはお茶」という固定概念を、見事に打ち消してくれました。和菓子は油分が少ないので、油分を多く含んで抽出する「フレンチプレス」で入れたコーヒーが最適です。味わいにうるおいが出てバランスを良くしてくれます。コーヒーを飲む時は、ついついケーキやドーナツのような洋菓子を選びがちですが、コーヒーと和菓子を一緒に出し、相性の良い理由なんかを少し説明するだけで、「コーヒー通」にみえるかもしれません。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 電源のあるカフェ・喫茶店
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーのバイト
  4. コーヒー健康効果
  5. コーヒーベルト
  6. コーヒー効果
  7. コーヒーメーカー
  8. カフェの仕事
  9. コーヒーメーカー
  10. ペットボトル入りコーヒー豆
PAGE TOP