コーヒーのアレンジ

何でできているの?コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュはご存知ですか?少量ごとに分けられており、コーヒーショップなどで見かけたり、自宅でコーヒーを飲む時にミルクの変わりに入れているという方、多いのではないでしょうか?人工的なので健康に悪いと聞いた方もいるかもしれません。実際どんな成分が入ってるのかご存じでしょうか。コーヒーフレッシュはミルクと思っている方が多いですが、実は牛乳などの乳成分は全く入っていません。今回はそんな謎の多いコーヒーフレッシュについてご紹介します。

コーヒーフレッシュの成分とは

コーヒーフレッシュの原材料の説明には、「植物性油脂」と記載されています。植物性油脂とはサラダ油のことです。サラダ油と聞くと驚きますよね。その他には乳化剤、増粘多糖類、カラメル素、PH調整剤で作られています。つまり、この原材料からもわかるように、コーヒーフレッシュに牛乳は使用されていません。コーヒーフレッシュは、長期間常温の場所に置いておいても腐らないと言われています。ミルクが含まれていたら、そんなことは絶対にあり得ません。必ず腐敗するはずなので、防腐剤あるいは保存料が腐敗防止の役目を果たしているということになります。そのほかにもコーヒーフレッシュには、白い色にするための着色料や、それらしい匂いをつけるための香料、とろみをつけるための増粘多糖類、油と水を混じらせるための乳化剤などが使われていますが、これらが体には滅法悪いのです

コーヒーフレッシュはどのようにして作られているのか

コーヒーフレッシュの製造方法は、まず水と油を混ぜます。しかしこれでは分離するため、乳化剤を入れて混ざりやすくします。次に増粘多糖類を加え、とろみをつけます。この段階ではまだクリームに見えません。カラメル色素で黄ばみをつけ、保存のためPH調整剤を加えます。

コーヒーフレッシュのデメリット

ここまでで、コーヒーフレッシュには様々なものが加えられていることがわかりましたが、実際に私たちの体にどのように影響してくるのでしょうか。コーヒーフレッシュは油と添加物を使用するため、体に害があるのではと心配される方もいると思います。しかし、使用する量はごく少量なので1杯飲んだくらいで危険ということはありません。また、植物性油脂のサラダ油は実際に料理でも使われます。しかし注意したいのが、植物性油脂に含まれるトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸にはガンや脳梗塞を引き起こすと言われているリノール酸も含まれています。そのため、欧米の一部で使用を制限されている国もあるようです。なんとなく、欧米で禁止されているものが日本では普通に使用されているという事実が衝撃的でした。

なぜミルクのような味わいにしているのか

そもそも、コーヒーフレッシュは、ミルクが富裕層しか手に入らないくらい高額だった時代に、その代用品として、「誰もが気軽に購入できるように」、と開発された商品です。デメリットばかりだと思っていましたが、実は庶民に優しい理由から誕生したものなのです。

乳白色にしているだけでなく、ポーションの滑らかさから香りに至るまで、可能な限りミルクに似せて作られているのはそのためです。

いかがでしたか?コーヒーフレッシュの原材料をみて、不安に思う方もいるでしょう。しかし、必ずしも健康被害を引き起こすとはいえません。何事も適度が大切です。過剰摂取を控え、適度に使用することが大切です。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. カフェの仕事
  5. ロンドンのコーヒーハウス
  6. 東京の人気老舗喫茶店
  7. コーヒー染め
  8. コーヒー栽培
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーハウス
PAGE TOP