コーヒーのアレンジ

一杯のコーヒーに込められた思い‥ 激安コーヒーを紐解く

    コンビニやコーヒーチェーン店などの激安コーヒーが主流になりつつありますが、そもそも安い理由はなんでしょうか? またコンビニやコーヒーチェーンをも上回る激安コーヒーが発売されていることも紹介したいと思います。

    ・コーヒーチェーン店とコンビニの安いのメカニズム

    コンビニやドトールなど安さがウリのチェーン店は、どうして安い値段で提供できるのか気になっていると思います。

    まずどらも機械式でマシーンを作っていることが共通しています。
    機械でやると高い圧力で出すので豆の量が少なくて済むので原価率も低くなります。それにドリップ式は様々な道具が必要になり手間もかかりますが、機械式は手間もかからなくなり回転率も上がるから、安い値段で提供できると言うのもあるのでしょう。

    ちなみにブレンドコーヒーの豆の原価は20円です。それに様々な処理を加える事で40円程度になり、個人店が400円で出すなら10%の費用となります。

    そしてドトールなどの大手チェーンは自分で豆農園を持っているのでマージンが必要なく原価を10円以下にして200円未満で出すことが可能になっています。(ちなみに原価とは労働費や材料費など様々な工程を経た金額です。)

    そして、コーヒーチェーン店よりもコンビニのコーヒーが安い理由には、喫茶店に必要な場所代や人件費(店主一人で経営するなら別ですが)、カップなどが必要ないからです。

    ・ブルックスが愛されている理由

    ちなみに安い値段でお馴染みのブルックスがベストセラー商品なのはなぜでしょうか?

    それは1杯30円(ブラジルとヨーロピアンブレンドの場合)もありますが、

    普通のコーヒー豆専門店が1杯分8グラムで出しているのに対して、ブルックスは1杯分10グラムとしているからです。

    値段の安さと一杯分の豆の量がボリューミーなことで、満足度が高くなります。またもしブルックスが、1杯60円プラス20グラムのバージョンを出しますよとしても、イマイチ感覚が掴みにくいでしょう。安い値段で心持ちボリューミーがミソなんだと思います。

    ・激安コーヒーが沢山

    他にも「「リップバッグ コーヒー 9g×200袋(個包装)」と言う商品を、税込3,218円で売っています。そこでも1杯辺り14.9円になり、このサイト上でも豆の量が多いから美味しいと謳っています。

    また他にもそう言ったタイプはいっぱいありますが、さらにはコーヒー豆専門店 澤井珈琲では激安1円コーヒーとして売られています。

    昔、ある長寿少年漫画でおにぎりの価格競争を繰り広げて一円よりも安くなったと言う話がありましたが、マンガの世界に現実が近づいている印象です。

    ・ブラック企業?

    メーカーの具体名は出しませんが、こうやって安い値段でコーヒーを出しているメーカーの中で、数社がブラック企業と言われています。

    安い値段で提供している場所どれもがそうだとは思いませんが、安い値段で提供しているのは何らかの犠牲があるのかもしれません。

    人件費など様々な手間隙がかかっている原価が30円で、それよりも安い値段で商品として提供していると思うと・・・、複雑な気分になります。 あなたが開業する喫茶店が、例え安くてこちらの満足度が高くても、実態がブラックじゃないことを祈ってこの文を閉じたいと思います。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP