コーヒーのアレンジ

一体どんな味?ひまわりコーヒー

ひまわりコーヒーとは

ひまわりコーヒーとはひとことで言うと、そのままですがひまわりの「種」を使って作るコーヒーです。普通はコーヒーを作る時にはコーヒーの粉にお湯をかけて抽出しますが、ひまわりコーヒーではひまわりの種を焙煎してそこにお湯を注ぎます。ひまわりの種も焙煎することができるのです。当然コーヒーと全く同じ味にすることはできませんが、味を似せて作ることができます。ひまわりコーヒーは健康にも良い効果・効能が期待できるので健康志向の高い人からも人気がるようです。

ひまわりコーヒーの健康への効果・効能

ひまわりコーヒーには人間の健康に与える良い効果・効能がいくつかあります。その中の1つが美容への効果です。ひまわりの種に多く含まれるミネラルや亜鉛は、肌や髪などのコンディションを良い状態で整えることができます。また、これまた多く含まれているビタミンも高い美肌効果が期待できます。更にひまわりの種にはコレステロールを減少させることもできるので、冷え性の改善や老化防止などにもつながる血液の改善にもなります。その他にもひまわりの種には胃腸の状態をよくしたり、抗酸化作用があったりと身体に与える良い効果・効能があると言われています。そのために健康志向の高い人から人気があります。

ひまわりコーヒーの作り方と味

ひまわりコーヒーの作り方は少し手間がかかります。必要な材料はひまわりの種とフライパンだけです。

①ひまわりの種は外皮に入っているのでその皮を取り除く必要があります。しかし最初の段階ではなかなか皮が取れないので、まずは少しフライパンでひまわりの種を炒めると皮が取れやすくなります。

②全ての皮が取れたら本格的にひまわりの種を炒めていきます。強火で炒めるよりもじっくりと弱火でじわじわと炒めた方が、焦げにくく美味しいひまわりコーヒーができます。

③色が焦げてきて香ばしい香りがし始めてきたら焙煎は完了です。あとはコーヒー豆を挽く時に普段使っているコーヒーミルでひまわりの種を挽いてから、ペーパーフィルターなどを使ってひまわりの種を挽いたものにお湯をかけて抽出します。

実際にできるひまわりコーヒーは味も見た目もコーヒーというよりもお茶に近いと感じることでしょう。どれくらいの時間ひまわりの種をフライパンで炒めるかで結構味が変わってくるので、苦めな味が好きな人は長めに焙煎すると良いかもしれません。作り方はコーヒーとほぼ同じですが、自分で焙煎からしなくてはならないので手間がかかります。

少し手間はかかりますが、自宅でもたんぽぽの種さえあれば他には特に必要な材料なしで作ることが出来るのでおすすめです。

ひまわりコーヒーは市販でも買える

ひまわりコーヒーはかなりマイナーな飲み物ですが、中にはひまわりコーヒーを本格的に製造・販売している会社もいくつか存在します。

なんとひまわりコーヒーで作ったリキュールなども販売されています。自宅でひまわりコーヒーを作るのは割と手間がかかるので、手軽にひまわりコーヒーを飲みたいという場合にはこのようにひまわりコーヒーを販売しているお店をネットで見つけて購入するのも良いのかもしれません。

このようにひまわりコーヒーはコーヒー豆ではなくてひまわりの種から作った代用コーヒーであり、健康への良い影響などから一部の人に好まれて飲まれています。ご興味がある方はぜひ一度試して見てください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 珈琲に合う食べ物
  2. コーヒーの仕事
  3. カフェ・喫茶店のチェーン店
  4. コーヒー豆一人前
  5. ヨーロッパのコーヒー文化
  6. ロンドンのコーヒーハウス
  7. 清澄白河のカフェ
  8. カフェ開業メニュー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの資格
PAGE TOP