コーヒーのアレンジ

マニアック!コーヒーに合うコアなスパイス&ハーブ

コーヒーは香り高い飲み物です。スパイスも香りにアクセントを与えてくれるものですね。この2つの相性は良く、入れるスパイスによって全く違う世界観を体験することができます。今回は今までのコーヒーに合うスパイスではなく、新たな発見ができるスパイス・ハーブのコアな部分を覗いていこうと思います。

コーヒーとスパイス

コーヒーは世界中で愛されている嗜好飲料で、カプチーノのようにシナモンの香りをつけたり、アラビアコーヒーのようにカルダモンの香りをつけたりと色々な香りのバリエーションが楽しめるのも人気の秘密のようです。「シナモン」を入れると鼻にぬけるほのかな甘みのある香りが心地よく、ミルクと砂糖を入れると更にホットするような味わいとなり、冬などに体を温めてくれます。「ナツメグ」は入れると少しエキゾチックな風味となり、異国のコーヒーといったようにいつもとは違うコーヒーを楽しむことができます。これらのスパイスはコーヒーチェーン店などでも最近ではカウンターなどに置いてあり、自由に追加できたりもするので、見かけたら一度お試しください。

マニアックなスパイス・ハーブ

今回は少し香りの強めのものをご紹介したいと思います。スパイスとハーブの追加の方法としてはそれぞれ、レギュラーコーヒーを淹れる時に、ほんのひとつまみのスパイス&ハーブ(ホールタイプ)を加えて抽出していただければOKです。

「タイム」

魚料理などの際に風味づけのために使われるハーブです。コーヒーにほんの少しだけ加えることで、コクとまろやかさのバランスが良くなり、また、さわやかな風味がプラスされます。

「タラゴン」

あまり耳にしませんが、こちらはフランス料理には欠かせない、甘さとインパクトのある香りが特徴のハーブ。コーヒーに少し加えることで、独特の甘い香りを楽しむことができます。

「セージ」

こちらがソーセージの語源になったともいわれる、香りが強いハーブです。コーヒーに加えると香りがよく引き立ち、甘い香りが楽しめます。

「クミン」

こちらはよく耳にするのではないでしょうか?カレーの香りづけなどに使われるスパイスですね。コーヒーにほんの数粒加えることで、ほんのりスパイシーで香ばしい香りが楽しめ、少しエキゾチックな雰囲気になります。

その他の飲み方

確かに普段はあまり耳にしないようなハーブ、スパイスで、最初は慣れないかもしれません。そんな時はミルクや砂糖などを加えることでまろやかになり飲みやすくなります。上記の他にも、料理の際に香りづけで使用する「ローレル」だけをまずはカップに入れて熱湯を注ぎ、瞬間的にローレルのさわやかな香りを移し、お湯を捨てコーヒーを淹れるという方法もあります。そうするとほんのりと風味を感じられることができます。また、「クコの実」をコーヒーに浸して、クコの実の甘酸っぱい香りがコーヒーに移ったものもほどよい酸味とフルーティーさが増して美味しくなります。

スパイスとハーブには、コーヒーの香りや風味を更に引き立たせたり、スパイスとハーブの香りと混じり合うことで新しい風味を生み出してくれたりする役割があるので、いろいろなものを試して気に入りをみつけてみてください。大きいスーパーなどには豊富な種類のスパイス・ハーブが売られているのでこの機会に揃えてみてはいかがですか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー人気
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーの豆知識
  6. チェーン店のカフェ
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒー効果
  9. コーヒーメーカー人気
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP