コーヒーのアレンジ

タバコくさいドトール? それを脱却するための運営方法

「喫茶店はタバコくさい? 健康に悪い?」それは昔だけの話なんでしょうか? いえいえ、割りとまだそうでドトールはそこから少しイメージアップを図ろうとしているようです。今回はドトールの分煙化についての事業運営を中心にまとめています。

・まずドトールの名前の由来

ドトールの名称はポルトガル語で「医者・博士」の意味ですが、創業者の鳥羽博道氏が働いてたブラジルの下宿先が「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」にも由来するようです。

ちなみにはドトールはドトール・日レスホールディングスの子会社です。ドトール・日レスホールディングスの他の子会社は、洋麺屋 五右衛門などレストラン事業展開をする日本レストランシステム。ベーカリー・カフェ事業を展開するサンメリー。洋菓子の製造から販売まで行うD&Nコンフェクショナリー。ほかグループの経営及び管理をする会社があります。

コーヒーは一つの医療としても考えられているので、他のグループ会社まで言えばまさにコーヒーや料理の健康的な側面と、それらも円滑に行うために管理していると言った感じです。

・ドトールの健康志向的運営

勿論子会社のドトール自体、健康に気を遣っています。

ドトールは森永乳業と共同開発を行い、整腸作用効果のあるビヒダスBB536 プレーンヨーグルトを使ったヨーグルトドリンクである「アセロラ・クランベリー ヨーグルト」を2014年7月に発売しています。他にマンゴーパッションヨーグルトなど他のビヒダスBB536 プレーンヨーグルトを使った商品も販売しています。

また総合病院内にドトールのチェーン店がある模様です。

他に通称白ドトールと言って、看板がいつものブラックの背景に白文字じゃなく、白い背景に白文字なの通常ドトールの”別バージョン”的なお店も展開しています。
店内は完全分煙化されているのが特徴のようです。

私が行った事のある通常のドトール(看板がいつものブラックの背景に白文字)は喫煙者は1階、禁煙者は2階と完全に分かれているので普通のドトールでも健康に配慮していることは伺えます。

ただ店舗によっては通常のドトールでも「煙臭い」などあまり分煙化されていない場所もあるかもしれませんので、白ドトールは「完全に分煙化している約束」をアピールと言う意味が込められているのだと思われます。

ちなみに完全分煙化以外にも、店内を広く作ってたりコンセントが充実しているようです。

・コーヒーとタバコ

「喫茶店 健康志向」で検索すると「健康志向の喫茶店」を謳ったお店が多くあります

勿論それはサラダなどの料理に健康によい材料を使っていると言う事もありますが、中にはきちんと分煙化されていないから、分煙化されてますよ的な意味合いもあるようです。

そう言った分煙化されていない店は意外と多いらしく、お店にタバコは付き物だと思われていたのは昔の話だと考えていたのでこれには驚きました。

喫煙派と禁煙派のタバコとコーヒー論争は、まだまだあるような感じで、中には『コーヒーはカフェインで精神的に支障がきたしやすいから健康に過敏になってる人は飲みませんものね。』とネット意見もありました。

・白ドトールの存在意義

他には「ドトールには喫煙席が多い。」と言う意見も確かによく見かけます。
スタバは完全分煙だから勉強に集中できるけどドトールはそうじゃないから集中できないと言われているほどです。

喫茶店全体のイメージとしてあるタバコもそうですが、ドトール=タバコくさいと言うイメージを変えるために白ドトールがあるかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒードリップ器具
  2. コーヒーミル
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. 銀座喫茶店ルノアール
  6. コーヒーの仕事
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーハウス
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP