コーヒーのアレンジ

スターバックスに学ぶ居心地のいいカフェのお店づくり3選

スターバックスにいると居心地がいいと言う方はいらっしゃいますよね? それはスターバックスがコーヒー好きであることもちろん、徹底的に色んなサービスを提供しているからかももしれません。それを詳しく見ていきましょう。

コーヒーを本当に好きになってカフェを立ち上げる

スターバックスは元々は一人の英語教師と作家が、70年代にシアトルでコーヒー店を開いたのが始まりです。飲み歩きをお持ち帰りを可能にしたことで話題となり、「シアトルスタイル」と言う名称が付けられています。

また日本に進出したきっかけは、カルフォルニアにあるスターバックスについて感想を送ったことです。どうやら創業も日本の進出もコーヒー好きがきっかけなようですね。(余談ですが、その方はライフブランドのサザビーの社長の兄のようです)

また、そのコーヒー好きだからこう言った発想が出来るのでしょうか? コーヒー買った際、そのレシートを見せれば100円でお代わりが可能になったり、クレジットカードでの入金が可能なプリペイド式のカードもあったりします。

スターバックスでは、自宅や職場とも違う自分だけのくつろげる場所(「サードプレイス」と言います)として提供しているようですが、その精神がこれらサービスを作り上げているかもしれません。

スターバックスのサードプレイスづくり

他にスターバックスは「サードプレイス」作りとして様々なサービスを提供しています。

オフィス向けにカタログを販売したり、サイト上ではオリジナルタンブラーを作り方を紹介しています。またパンケーキやヨーグルトなどフードメニューも豊富なのですが、各種コーヒーにあったフードを提供する「フードペアリング」と言う提案もしています。

また、アメリカではデリバリーサービスを展開していたり、会議用に10杯分のコーヒーも提供しています。(好きなコーヒー豆での注文が可能です。)

このように、オフィスも気持ち良い空間にできるようサービスを徹底的に練っていることが分かります。

スターバックスのお得なサービス

さらにユーザーがお金的にも得するサービスを提供できているのもスターバックスの強みです。

精算時にアンケートレシートと言う滅多に出ないレシートが出てくることがあるのですが、それが出てきたら次回からなんとコーヒー一杯分が無料になります。

他にスターバックス内でタンブラーを購入したら、フリードリンクチケットが付いたり、マグカップかタンブラーを持参すると20円も割引きされます。ユーザーにとって財布に優しいだけでなく保温効果もあるなどお得要素が満載です。(もっとも企業側にとってはそう言うサービスは財布に”厳しい”と言えるかもしれませんが。)

スターバックスのお店づくりのポイント

ちなみにスターバックスは、エームサービスと言う一つの会社に店舗管理を一括で任せています。どうやらもユーザーに快適なサービス作りに集中するためのようです。

オフィスや病院内にスターバックスの店舗自体を入れているので、オフィスや病院にお店を入れた際の難しさもあると思うので、この判断は正しいのかもしれません。

スターバックスのサービスをこのように見てきたことで、店舗運営に関わるヒントが得られたのではないでしょうか? これからもスターバックスに注目していきたいです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP