コーヒーのアレンジ

コーヒー豆美味しさランキングと味が持続する保存方法

コーヒー豆人気NO1:ミカフェート

コーヒーハンター川島良彰さんが産地、畑、品種、技術、加工、輸送、保管と全てにおいてこだわり抜いて2008年にデビューしたコーヒー豆ブランドです。

ミカフェートというのはスペイン語で「私のコーヒーの樹」を意味する言葉だそうで、飲んだ人それぞれに「私のコーヒーだ」という特別な気持ちを持ってもらいたい、そんな思いが込められています。

お洒落で可愛い瓶やペットボトルに入っているのが特徴で、そのままプレゼントにしても喜ばれる包装です。

【農園・畑・樹の選別】
土壌・気温・雨量・日照・風向きなど全ての栽培環境において最も優れている産地で作られています。

【完熟豆の使用】
最もおいしいコーヒーが採れる完熟豆のみを摘み取り使用しています。えぐみの少なくクリアな甘みが特徴の、最高級品質のコーヒーに仕上がります。

【精選】
果肉除去、湧き水での水洗い、乾燥、温度と湿度を調整した暗所で60日間の熟成、脱穀。その後に厳しい選別をされ厳選された豆だけがミカフェートの豆として選ばれます。

【輸送方法】
従来の温度管理のされていない船での輸送は、コーヒー豆に深刻なダメージを与えることがあります。そうならないようミカフェートの豆は、特殊な袋に生豆を入れ、鮮度を保つために温度管理を徹底したコンテナで運ばれています。

【焙煎】
銘柄ごとはもちろん、収穫年度に合わせてその銘柄の味が最も引き立つように焙煎しています。

【包装状態】
お洒落でかわいいまるでワインボトルのような瓶や、ちょっと変わったペットボトルに包装されているのは見た目だけの理由ではありません。
焙煎した後の豆のアロマと炭酸ガスのもれを防ぐためなのです。

コーヒー豆人気NO2:【ブルーボトル】ヘイズ・バレー・エスプレッソ

サンフランシスコ発のエスプレッソブランドで、カフェには行列ができるほどの人気っぷり。その様子は「コーヒー界のアップル」と呼ばれるほどです。味はダークチョコレートのような甘さや濃厚な重さに、ピリっとしたスパイスが感じられます。

もともとはクラリネット奏者だったジェームス・フリーマン氏がその道を諦めた時に、その情熱を大好きなコーヒーに注いで2002年に自宅のガレージで始めたのがスタートです。比較的新しいお店であるにも関わらず、そのこだわりから瞬く間に人気となりました。

一杯一杯丁寧に入れるこのマイクロ・ブリュー・コーヒーは「コーヒーの第三の波」と呼ばれ、地元アメリカだとこのブルーボトルしか飲めないという人もいるほどです。コーヒー豆によって焙煎のレシピを用意する、豆の良さを引き立たせるためのデータを日々取り続けるなど、これからの進化にもますます期待が持てます。

コーヒー豆人気NO3:【ゴディバ】コーヒーチョコレートトリュフ

世界でも最上級のコーヒー豆を使ったフレーバーコーヒーです。アラビカ種コーヒー豆の豊かな香りのまま丁寧に焙煎してあります。
トリュフチョコレートの香りをイメージした風味で、香りは甘くチョコレートのようです。しかし糖分は入っていないためスッキリとした味わいで、チョコレートで有名なゴディバらしさが追求されています。

チョコレートの香りとコーヒーが織り成すハーモニーが絶妙で、香りを楽しみたい方におすすめです。

みなさんご存じの通り、食品には期限表示が2種類あります。コーヒーには明確な期限表示が存在しませんでしたが、食品である以上鮮度が大事。ここではコーヒーの鮮度や賞味期限について考えましょう。

食品の賞味期限の意味

「消費期限」と「賞味期限」です。消費期限は「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに食べても安全な期限」のこと。お弁当や洋生菓子など長く保存できない食品に表示します。賞味期限は「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときにおいしく食べられる期限」のこと。ハム・ソーセージやスナック菓子、缶詰など冷蔵や常温で保存できる食品に表示します。

ということは、コーヒー豆には賞味期限を表示することになります。とはいえ、期限を過ぎたとたんに味や香りが劣化するわけではありません。ただし、コーヒーは栄養補給のためではなく“嗜好品”として飲むものなので、「香りを楽しむ」などの趣味性の高い楽しみ方をする場合は、賞味期限を過ぎたコーヒーを飲むことはおすすめできません。ただし、保存状態がよい場合は賞味期限が多少過ぎても大丈夫な場合もあります。ただし味や香りなどを保証されるわけでもありません。こればかりは、自分で淹れて飲むまではわかりません。

コーヒーの賞味期限

「コーヒーは鮮度が大事」といわれますが、それは焙煎すると二酸化炭素ガスを放出し、それととにコーヒーの一番の魅力であるである香りが抜けてしまうからです。豆の種類や保存状態により変わってきますが、一般的には焙煎して3~7日後がもっとも味がいい(焙煎直後は味が安定しづらい)とされます。表示された賞味期限内に飲み切ればいいのですが、1日でも早く飲んだほうがおいしくいただけます。

コーヒーの鮮度

コーヒー豆を焙煎すると炭酸ガスが発生し、焙煎直後のコーヒー豆にはしばらく多くの炭酸ガスが含まれます。そのため、焙煎してから日が経っていない豆を挽いてお湯を注ぐと、ふわっと粉がふくらみます。これは粉から炭酸ガスが大量に放出されているからです。焙煎して日が経って古くなった豆には炭酸ガスが少なくなっているので、お湯を注いでもあまりふくらみません。つまり、淹れるときに鮮度のよしあしがわかるというワケです。

また、炭酸ガスはコーヒー豆の酸化を防ぐ役目もあります。そのため、コーヒー豆の保管は“炭酸ガス”がキーワードとなります。

コーヒーの保存には茶筒がおすすめ

ホウロウ製やブリキ製など、デザイン性のいいコーヒー保存缶が市販されていますが、身近でいいものがあります。それは、日本茶の茶葉を入れる“茶筒”。茶筒は二重構造になっており高い気密性を実現するアイテム。日本茶専用にしておくのはもったいない。茶筒でコーヒー豆を保存すれば、炭酸ガスが逃げにくくコーヒー豆の鮮度をきちんと保ってくれます。

そのほか、ファスナー付きの袋や、ゴムや樹脂のパッキンが付いたキャニスターなど、密閉性を確保できるものもコーヒーの保存に適しています。

コーヒーの保存は常温か冷蔵か冷凍か

適した容器に入れたら、保管場所を考えます。直射日光が当たる場所や湿気の多いところは避けましょう。保存温度は低いほど品質が劣化しにくいので、冷暗所へ。3週間を目安に使い切りましょう。それ以上なら冷凍庫保存をおすすめします。冷蔵庫は開け閉めの回数が多いのと、ほかの食品からのにおいが移りやすいのでおすすめできません。冷凍庫に入れる際は、1回使う分量を計量し密閉性の高いビニール袋に小分けにするのがいいでしょう。冷凍庫から出してコーヒーを淹れるときは、室温に戻してから使うほうがおいしく淹れられます。

コーヒー豆を生豆の状態で保管する方法

自分で焙煎ができる人は、焙煎する前の生豆の状態だと長期間の保存ができます。その場合も密閉性の高い容器や袋に入れ、冷暗所に置きましょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. バターコーヒー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. 銀座カフェ
PAGE TOP