コーヒーのアレンジ

コーヒー牛乳とカフェオレ、何が違う?

コーヒー牛乳とカフェオレは、どちらもコーヒーと牛乳で作られていて、味も似ている気がします。しかし私たちは「別者」としてこの二つを認識しています。では何が違うのか、気になったことはありませんか。今回は、コーヒー牛乳とカフェオレの「違い」について見ていきましょう。

コーヒー牛乳とカフェオレの原料

味そのものすら別物であるコーヒーとカフェオレですが、明確な違いというのは難しいものです。コーヒー牛乳は、牛乳・コーヒー・砂糖などで作る乳飲料です。カフェオレは、深煎りコーヒーに牛乳を加えた飲み物のこと。コーヒー牛乳もカフェオレも原料としてはほぼ同じと言えてしまいます。確かにコーヒー牛乳の方が甘味があるイメージのような気もしますね。

メインが違う、コーヒー牛乳とカフェオレ

同じ原料を使っていても、メインに据えている主役に違いが見てとれます。コーヒー牛乳は、名前の通り、牛乳を主役とし、「コーヒーを脇役」として扱います。例えば、牛乳に果物の果汁を加えればフルーツ牛乳になり、いろいろな「○○牛乳」がありますよね。区別としてはコーヒー牛乳と同じ認識で、私たちの中では同じくくりとして捉えているのではないでしょうか。一方のカフェオレは、コーヒーの飲み方のひとつであり、コーヒーを主役とした「牛乳が脇役」のコーヒー飲料ということになります。あくまでもコーヒーに牛乳を加えているのです。カフェオレと同じ区別、つまり横並びにできるのはエスプレッソやカプチーノなど、コーヒーを軸に考えられたカフェメニューです。

カフェイン量が違う

150mlあたり、市販のコーヒー牛乳には約15mg、カフェオレには約70mgのカフェインが含まれているといわれており、市販のコーヒー牛乳のカフェイン量が圧倒的に少ないことがわかります。手作りする場合は使用するコーヒーの量によってカフェインの量は変化しますが、コーヒー牛乳はおよそ10歳を過ぎた子どもから大人まで安心して楽しめる飲み物で、カフェインをナチュラルに含むカフェオレは、大人が楽しむコーヒーメニューという位置づけになります。コーヒーは小さな子供にはカフェインが多すぎるので、子供がどうしてもコーヒーが飲みたいと言った場合にはコーヒー牛乳を与えると良いです。

香りが違う

市販のコーヒー牛乳は、コーヒーのpH、つまり酸味を調整してから乳成分に加えます。コーヒーの香りは酸味と深く関わっており、pHの調整過程を経ることでコーヒーの香気成分はほとんど飛んでしまいます。その代わりにまろやかで飲みやすくなっているのがコーヒー牛乳の特徴とも言えます。カフェオレは淹れたてのコーヒーに牛乳を加えているので、コーヒーの風味や香り、豆の味わいを楽しむことができます。飲み比べると、この香りの違いがとても大きいと感じ、コーヒー好きの人にはコーヒー牛乳に物足りなさを感じてしまうでしょう。

いかがでしたか?コーヒー牛乳とカフェオレの違いは、明確ではないものの「メインの違い」「カフェイン量の違い」「香りの違い」で区別できるということがわかりました。どちらも原料の同じ定番な飲み物ですが、コーヒーと牛乳やはり相性がいいということに気づかされます。疲れた時はカフェインが少なくて甘さに癒されるコーヒー牛乳、シャキッとしたい時はカフェオレ、というふうに飲み分けるのも楽しみ方の違いのひとつです。コーヒー牛乳とカフェオレの違いを考えながら、実際に味わってみてくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP