コーヒーのアレンジ

コーヒー牛乳とカフェオレ、何が違う?

コーヒー牛乳とカフェオレは、どちらもコーヒーと牛乳で作られていて、味も似ている気がします。しかし私たちは「別者」としてこの二つを認識しています。では何が違うのか、気になったことはありませんか。今回は、コーヒー牛乳とカフェオレの「違い」について見ていきましょう。

コーヒー牛乳とカフェオレの原料

なんとなく同じような飲み物のイメージですが、この2つを飲み比べると味に違いがあることがわかります。コーヒー牛乳の原料は、牛乳・コーヒー・砂糖などです。カフェオレの原料は、主に深煎りコーヒー・牛乳です。コーヒー牛乳もカフェオレも原料としてはほぼ同じと言えますが、コーヒー牛乳には甘味が入っており最初から甘いものがほとんどです。カフェオレは、コンビニに売っているものなどは甘味料が入っていたりしますが、一般的にカフェオレは後から自分の好みで砂糖などを入れる場合が多いです。

コーヒー牛乳とカフェオレの違い

では、決定的な違いは何にあるのでしょうか?答えは、コーヒーと牛乳の割合、つまり「メインになっているもの」が違いなのです。コーヒー牛乳は、牛乳をメインとし、「コーヒーはあくまでも脇役」としています。名前も「コーヒー味の牛乳」というニュアンスが含まれています。ですので、コーヒー牛乳のほかにも、牛乳に果物の果汁を加えれば「フルーツ牛乳」になったりと種類があります。一方のカフェオレは、様々な種類があるコーヒーの飲み方のひとつであり、コーヒーをメインとした「牛乳が脇役」の飲み物ということになります。あくまでもコーヒーに牛乳を加えているのです。なので基本的にはコーヒーの方が牛乳のより割合が多いのも特徴です。

カフェイン量が違う

コーヒー牛乳は牛乳がメインなのでカフェインの量が違うのは当たり前なのですが、150mlあたり、市販のコーヒー牛乳には約15mg、カフェオレには約70mgのカフェインが含まれているといわれており、コーヒー牛乳のカフェイン量はカフェオレに比べると圧倒的に少ないことがわかります。このように、同じコーヒー飲料でもコーヒー牛乳はカフェイン両が少ないので、子どもも大人も安心して飲むことができる飲み物で、カフェオレは甘味がいらないという方や、コーヒーの風味も感じたいという方におすすめの飲み物です。

香りが違う

コーヒー牛乳は、コーヒーの酸味を調整してから乳成分に加えています。コーヒーは、酸味が少なくなると香りの成分が減少する傾向にあるので、酸味の調整をしている分コーヒー牛乳はコーヒーの香りがカフェオレに比べるとやはり少なくなっています。しかし、コーヒーの独特な酸味を調整しているので、まろやかで飲みやすくなっています。カフェオレは淹れたてのそのままのコーヒーに牛乳を加えているので、コーヒーの風味や香り、豆の味わいを楽しむことができ、牛乳を加えることでまろやかに、優しい味わいになっています。

いかがでしたか?コーヒー牛乳とカフェオレの違いは、明確ではないものの「メインの違い」「カフェイン量の違い」「香りの違い」で区別できるということがわかりました。どちらも原料の同じ定番な飲み物ですが、コーヒーと牛乳やはり相性がいいということに気づかされます。疲れた時はカフェインが少なくて甘さに癒されるコーヒー牛乳、シャキッとしたい時はカフェオレ、というふうに飲み分けるのも楽しみ方の違いのひとつです。コーヒー牛乳とカフェオレの違いを考えながら、実際に味わってみてくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. ヨーロッパのコーヒー文化
  2. コーヒーかす
  3. アメリカのコーヒー文化
  4. カフェ開業経営
  5. 神保町カフェ人気
  6. コーヒーと薬の飲み合わせ
  7. コーヒーメーカー
  8. NEWoManニュウマンカフェ
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP