コーヒーのアレンジ

コーヒーマナーのい・ろ・はDE心を学ぶ

    今回もコーヒーにおけるマナーについて紹介しています。しかしマナーに対する考察を中心に書いていますので、より一層マナーについて考えられるようになると思います。

    あなたの将来のためにも一緒に考えて理解を深めていきましょう!

    ・何気ない動作の中にマナーの心

    電車の時にコーヒーを飲むのはマナー違反かどうか?と言う議論がネット上でされていました。

    そこでの意見は実際、新幹線ではコーヒー販売もしているし、電車で飲むこと自体は別にマナー違反ではない、ただしラッシュ時などは別となっていました。

    これはある意味当然かもしれませんが、ふとした何気ない動作がマナー違反になることもあるようです。

    例えば、訪問時にコーヒーを受け取った際にカップの持ち手に指を通すのはこれはマナー違反になるようです。実際はつまむようにして持つのが正しいとのです。
    なお両手で持つと「ぬるい」と言う風に相手は受け取ってしまうのでこれもマナー違反です。

    また飲む時もブラックが苦手でも最初は我慢しましょう。砂糖を入れる時もカップの内側にぶつからないようにかき混ぜ最後まで飲むのもきちんとしたマナーになります。

    ちなみにフランスでは、コーヒーを頼んだ時のお客さんの態度でコーヒーの値段が変わるお店もあるうようです。

    それを日本ですればネット炎上になりそうですが、徹底的に論理を学ぶフランスだから通用するのでしょうか?(参考サイト:http://www.franceplusplus.com/2014/01/debate/ ちなみにそのお店は何も細かい所作云々じゃなく、ぶっきらぼうに注文するか丁寧に頼むかの違いのようです。)

    ・フランスじゃなくてもマナーは大切に

    ちなみに、その先ほどのお店は他がそう言ったサービスをしているのを見て始めたようです。
    と言うことは他にも数店あるのが考えられますが、ラ・プティット・シラと言うフランスのお店では、お客さんが注文時に「コーヒー」とだけ言ったら約1000円。「こんにちは、コーヒー1杯お願いします」と言ったら約200円とコーヒー一つでここまで差が出ます。従業員がではなくお客さんをまるで教育しているようです。

    しかしここ日本は値段まで恐れる必要はないと思います。もう少し具体的にマナーを学んでいきましょう。

    まず、スプーンは使用が終わったらカップの奥側に置きます。ミルクや砂糖を使用しない時も奥に置きましょう。

    ・マナーとは相手を疑わない心

    また「コーヒー 京都 マナー」で検索しても京都ならではのコーヒーのマナーで出ない模様です。 京都は躾に厳しいイメージがありますが、京都だからとさすがに独自のマナールールがあるわけではないようです。

    しかしその京都が丁寧に接してくれるように、こちらも丁寧に接すると言うのがやはりマナーです。

    最初はブラックで飲むというのも、砂糖やミルクが相手がその場で出しているから使ってもいいよと言うことだと思いますが、最初から入れてしまえば飲まない内に濃いものだと疑っていると言うことになります。

    だから口で息を吹きかけるのもマナー違反だと容易に分かります。そもそもコーヒーは熱すぎない温度が、最も美味しくコーヒーを飲める適温になるので息を吹きかけたら、熱い温度で出していると言うわけになります。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP