コーヒーのアレンジ

コーヒーオイルとコーヒーかすの活用方法

普段コーヒーを飲むときに表面にうっすらと油のようなものが浮いていて気になったり、コーヒー豆を挽く前の段階でコーヒー豆が油分でテカっていて気になったりしたことがある人は多いかと思います。それはコーヒー豆の油分で、これをコーヒーオイルと呼びます。コーヒーはコーヒーオイルがあった方が豆の個性をダイレクトに感じることができるので美味しいと言われていますが、その効果などはどうなのでしょうか。みていきましょう。

コーヒーオイルとは

コーヒーを抽出した際に上澄みにうっすらと浮かぶテカテカした部分がコーヒーの油分になります。コーヒー豆は「コーヒーノキ」という植物の種子なので、ごま油や菜種油など他の植物油と同じようなイメージで、コーヒー豆にも油分が入っていて、この油分の正体はコーヒー豆そのものが元から持っている成分になります。別に品質が悪いから油分が浮いてくるというわけではなく、むしろフレンチプレスで淹れたコーヒーなどのように、豆本来の味を楽しむ時にはこのコーヒーオイルがあった方が美味しく飲むことができます。コーヒー豆にはコーヒーオイルが資質として15%前後入っていますが、コーヒーオイルのほとんどはコーヒーチェリーの種子の胚乳に含まれており、トリグリセリドという種類の脂質が大半です。コーヒーオイルがあるとコクが増し、ペーパードリップなどでろ過した場合にはすっきりとした味わいになります。

コーヒーオイルには焙煎が関係している

コーヒー豆はその焙煎具合に応じて味が異なるので、その豆によって焙煎具合を調整します。一番焙煎が浅いものがライトローストで、最も焙煎が深いものがイタリアンローストです。焙煎が深い方がコーヒー豆が油分でテカテカしているのが特徴です。しかし、これは焙煎が深いほど油がたくさん出てくるというわけではなく、焙煎によって水分が抜けて油分の比率が上がっているだけで、特に油分そのものの量が増えているわけではありません。ですので浅煎りのコーヒー豆でも見かけ上がテカテカしていないだけで油分は深煎りのコーヒー豆と同じくらいあると言われています。

抽出方法によってコーヒーオイルの量は変わる

コーヒーオイルは焙煎具合によって両が変わることはありませんが、コーヒーの抽出方法に応じてコーヒーオイルの量は大きく変動します。例えば一般家庭でよく使われているペーパーフィルターを使ってドリップした場合には、フィルターやコーヒー豆カスの上部にオイル分が残って吸収されてしまうために、比較的に油分が少ないです。一方で、フレンチプレスで抽出した場合には特に油を遮るものがないので、油分がとても多いコーヒーになります。このように焙煎具合ではコーヒーの油分は変わりませんが、抽出方法によってコーヒーの油分は大きく変わります。コーヒーオイルの量によっても味わいに変化があるので、コーヒーの好みによって抽出方法を変えてみると良いです。

効果はなにあるのか

油分と聞くとあまり健康に良いイメージはありませんが、コーヒーの油分についても健康に与える影響が気になるところです。実はコーヒーオイルの成分が何なのか研究が進んでおらずよく分かっていません。しかし最近になってハーバード大学がコーヒーオイルには「ジテルペン」という成分が含まれており、それがコレステロール値の上昇につながると発表しています。

いかがでしたか?これからコーヒーオイルが人体の健康に与える影響については今後さらに研究が進んで行き、はっきりとしたことがわかってくるかと思います。どちらにしてもコーヒーを飲み過ぎなければ人体に与える影響はたかが知れているとのことなので、1日に3杯〜4杯程度なら問題ないとのことです。

コーヒーかすを使った草木染めの方法をご紹介したいと思います。

草木染めとは

天然染料や化学染料によって染色することをいいます。藍やヤマブキなどの有名なものから、玉ねぎの皮まで、実に様々な材料で行われています。染料に入れた後、色止めをするもので大きく色合いが変わるのも魅力の一つです。

コーヒーノキはアカネ科なのでこの草木染めにも使えます。もちろん、香りが抜けてしまった豆や、好みでなかった豆も同じように使えますよ。

コーヒー染めの方法

用意するもの
Tシャツやハンカチなどの染めたいもの・コーヒーかす 適量(乾燥しているものなら染めるものの半分から同量程度、湿っているものは二倍程度)・ミョウバン 適量・鉄媒染 適量・大き目の鍋・洗面器やバケツ・バスタオル・菜箸・ざる・キッチンペーパー

Tシャツなどの植物由来の繊維は染まりが悪いので、豆乳や牛乳を薄めた物に浸けて乾かしておきます。こうすることでたんぱく質のコーティングが出来て綺麗に色づきますよ。

(1)鍋に5Lのお湯を沸かします。コーヒーかすを入れたら弱火~中火で30分程色が出るまで煮込みます。30分経ったらキッチンペーパーをざるに重ねて洗面器などに濾します。多少の粉は残っていても問題なし!濾せたらもう一度鍋に戻しましょう。

(2)染めたいものを水にさらします。ムラなく染めるために必ずしましょう。動物性の繊維は温度差で縮みが出てしまうので、染料の温度とこの水の温度を合わせるようにします。

(3)(2)を軽く絞り、染料の鍋に入れます。手早く菜箸で全体に染料を染み込ませます。布が重ならないように気をつけてくださいね。そのまま30分程おいておきます。

(4)4Lほどの水で鉄媒染とミョウバンを別の容器で溶かします。浸けておいたものを取り出し、媒染液につけてみましょう!鉄媒染はカーキ色に近いスモーキーな色合いに、ミョウバンはほぼコーヒーの色合いが残ります。

(5)媒染液が混ざらないよう、染料を分けておき、(3)と(4)を2~3回繰り返します。出来たら最後に水洗いをします。この時も動物性の繊維は染料と温度差が出来すぎないように気を付けてください。植物性の繊維はバスタオルに挟んで押さえれば簡単に脱水できますよ。乾燥させれば完成です。媒染液は塩やお酢でやってみてもまた違った色合いが楽しめます。

木や紙のコーヒー染め方法

布製品だけでなく、木や紙も染めることが出来るんです。

こちらは木製のクリップを染めています。ナチュラルな雰囲気になって可愛いですね!このクリップでコーヒーの袋を止めておくのもオシャレかもしれません。

木製の写真立てや小物入れなどの錆びてしまう金属がついているものは、濃く煮出した染料を木の部分に塗って乾かしてもいいですね。その場合は仕上げのニスや蝋引きをお忘れなく。

こちらは紙製のタグを染めています。まるでアンティークのようなレトロな色合いですね。厚手の紙を染めて、スタンプなどを押せばオシャレなカードに。ペーパーナプキンを染めてペーパーフラワーを作ればインテリアにもなります。

いかがでしたでしょうか?二回にわたってコーヒーかすの再利用法をご紹介しました。環境のためにも、ぜひコーヒーかすを活用してくださいね。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒー健康効果
  2. コーヒーダイエット
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーの豆知識
  7. コーヒーメーカー
  8. 銀座カフェ
  9. コーヒーのマナー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP