コーヒーのアレンジ

コーヒーの電動ミルの使い方とコーヒーを使ったデザートの作り方

大人数の分の豆を挽くとき、特に便利な電動式のミル

電動式のコーヒーミルは価格が手動式のコーヒーミルに比べると何倍かしてしまうものの、電動式にしかない利点を持っています。
まずなによりも、電動式のコーヒーミルは大人数の分の豆を挽けるように設計されており、お店をやっている方には必需品と言っていいほど便利です。豆を投入する部分も、粉を受けるホッパー部分も、手動ミルと比べるとかなり大きく作られており、一度に5人分以上挽いても余裕があるミルが多いです。
他にも、電動式ならではの利点をまとめてみました。

エスプレッソを淹れるときは手放せない電動式のコーヒーミル

エスプレッソマシンでコーヒーを淹れる時は、パウダー状の非常に細かくなったコーヒーの粉が必要となります。手動式では構造上の限界もあって、あまり細挽きが得意ではない上に非常にハンドルがまわしにくくなります。酷い時は、刃が摩耗することもあるのでできるだけ避けた方がよいでしょう。

電動式の場合は、「デロンギ KG364J」や「ボダム ビストロ」など、海外のメーカーのものが特にそうであるように、エスプレッソ用の豆を挽きやすいように設計されていることが多いです。かなり細めの挽き目でダイヤルをセットし、ミルのスイッチを入れるだけで、粗挽きよりも時間がかかるとはいえ、必死にミルをおさえることもなく、ミルに任せておくだけで、精細なコーヒーパウダよいーが出来上がります。極細挽きの中でも微妙な違いを設定することも可能なので、好みの具合に近づくまでいろいろと試してみてもよいでしょう。エスプレッソを楽しむための必需品とも言えるので、エスプレッソマシンを買いたいという方は一緒に揃えることを強くお勧めします。

それなりのモデルであれば、普及品の手動のコーヒーミルよりもはるかに挽き目がそろう

おおよそ3万円台のミル(メリタ VARIO-Vなど)からになりますが、手動の普及品のミルよりも挽き目がそろいやすいです。
手動ミルは都合上、少し軸がぶれるとすぐに挽き目がそろわなくなってしまいますが、電動ミルは軸がしっかりとモーターに固定されているおかげか、粒がそろいやすいです。

伝説の電動ミルと言われている「カフェ・ド・ランブル グリッドミル」や「井上製作所 リードミル」は、コーヒーを挽いたときの微粉さえなくなり、挽き目がほぼ完璧にそろいやすいです。精密な作業が必要となるネルドリップでコーヒーを淹れている方には、こうした信頼できる電動ミルはお勧めできます。ただし、このクラスになると、かなりのお値段になってしまいますので、それなりに挽き目の揃うクラスのミルから試してみてもよいかもしれませんね。

電動ミルの魅力は、やはり精密機械ならではの便利さと精密さにあります。
「電動式は高速で豆を挽くから熱を持ってしまって、豆をダメにする!」と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、近年では臼式、コーン式のミルともに改良が重ねられてきており、低速回転でしっかりと挽いてくれるようになっているため、風味の劣化に関する心配も少なくなってきております。味にこだわる方も、一度電動式のミルを試してみて、お店に置くことを検討してみてもよいかもしれません。本当にかかる手間が減ります。

毎日コーヒーを飲むと大量に出てしまうコーヒーかす。もしかして捨ててしまっていませんか?美味しく飲んだあとで、もう一度役立たせてみましょう。

コーヒーかすは活性炭以上の消臭効果

以前からコーヒーかすには消臭効果があることは知られていたのですが、UCCの実験で驚きの結果が出たのです。アンモニアの吸収実験において、ヤシガラ活性炭・乾燥コーヒーかす・湿ったコーヒーかすの3つで調べたところ、なんと湿ったコーヒーかすがヤシガラ活性炭の約5倍の吸収率をたたき出したのです!

その理由として、(1)水に溶けやすいアンモニアを湿り気のあるコーヒーかすが溶かした、(2)活性炭とよく似た多孔質な構造がアンモニアを吸着した、(3)酸性のコーヒーかすがアルカリ性であるアンモニアを中和した、の3つが挙げられています。

このアンモニアへの効果を活かし、トイレの消臭剤として利用してみてはいかがでしょうか?小皿に湿ったままのコーヒーかすを入れて置くだけ。カビが生えてしまうのを防ぐために、2~3日に一回は取り換えてくださいね。サシェのように乾燥させたものを小袋に入れて、ペットのトイレの近くに下げておくのもいいですね。その際は口にしないように高い場所に付けたり、破れない袋をつかうなどの工夫をしてください。

美容に使えるコーヒーかす

ハリウッド女優のハル・ベリーはインスタントコーヒーをボディーソープに混ぜて使っているそうです。コーヒーに含まれる酸がお肌の弾力アップに一役買ってくれるそうです。

カフェインには血行を良くしてくすみを取る効果があるので、パックやスクラブにしてニキビ肌対策にも使えます。さらに、脂肪を分解する効果もあるので、引き締め効果やセルライト対策などの全身のお手入れに活躍します。スクラブ、パックの方法をご紹介しますが、肌の弱い方は最初に二の腕などの皮膚で試してから実行してくださいね。

●コーヒーフェイシャルパック●
コーヒーかす・ココアパウダー・牛乳を大さじ2づつ加えて混ぜ、目や口の周りを避けて優しく塗ります。15~20分置いたら流します。
●コーヒーリップスクラブ●
ハチミツ・オリーブオイルを小さじ1、コーヒーかす小さじ2を混ぜ、濡らした唇にのせて優しくマッサージ。1分ほどしたら流します。
●体用・コーヒースクラブ●
コーヒーかす大さじ4、オリーブオイル大さじ1を混ぜて5分程マッサージします。蒸しタオルやラップで数分置いたら洗い流します。

どれもエスプレッソ用などの細く挽いたものが向いているようです。コーヒーかすは水に溶けないため、排水が詰まらないように対策をしてお楽しみくださいね。

コーヒーかすの掃除への使い方

魚焼きグリルにお水と一緒に入れておくと、油汚れが落ちやすく、臭いが付きにくくなります。グリル以外にも、まな板や手に付いた嫌な臭いはコーヒーかすを少量こすりつけてから洗うとスッキリ落ちます。食器洗いの際には、油汚れがひどいところににコーヒーかすを付けてスポンジでこするとかなり綺麗になります。洗剤の消費量がぐっと減るのでとってもエコですね。

お部屋のお掃除には、掃除機パックによく乾燥させたコーヒーかすをいれておきましょう。排気の臭いが気にならず、爽やかな空気になります。乾燥させたコーヒーかすを直接まいて掃除機かけをしても◎。

他にも、お庭に撒いて雑草を防いだり、濡れたまま灰皿に入れて置けば火消し兼消臭剤になります。美味しいコーヒーのあとにはこんなエコな再利用もしてみてください。

コーヒーゼリーの意外なカロリー

コーヒーゼリーは一つで計算すると100gあたり39kcal程度しかありません。一般的なフルーツゼリーは100gあたり100kcal程度とされていますので、コーヒーゼリーのカロリーはかなり低いことがわかります。

これは普通に散歩したり、ちょっとした運動をしたりするだけで消費できるカロリーです。そのため、カロリーオフのダイエットを考えている方にとっては、良いものだと言えるかもしれませんね。ただ、代用するというのが良い方法と言えます。

例えば、コーヒーゼリーを手作りする場合、普段砂糖を沢山入れている方は、その代わりにコーヒーフレッシュを使うとカロリーを抑えられます。

いわゆる置き換えをすることによって、本来摂取してしまいがちなカロリーを抑えることができるので、それらによって体型維持や健康維持をおこなっていくことが可能となります。

いつもの間食をコーヒーゼリーに変えることで、摂取カロリーをぐっと抑えることができるでしょう。もちろん、コーヒーゼリー自体のカロリーは高くないのですが、毎日、何個も食べるとカロリーはどんどん高くなっていきます。その点も注意しておくことが必要となるでしょう。

カロリーを抑えるためには

カロリーを抑えるためにはどうすれば良いのかというと、一番は砂糖やコーヒーフレッシュを使わないことです。使わなければ、その分のカロリーをカットできるので、肥満になることも少ないですし、1日1個程度食べる人にとっては、それだけでも効果が出てきたりします。

コーヒーゼリーはさっぱりしているからと、甘い生クリームをトッピングする、そんな食べ方はNGです。基本的にカロリーを抑えたいのなら、摂取する食品や飲み物を制限することが重要なのです。

当然コーヒーにもカロリーは含まれていますし、それと一緒に食事をしたりする方もいるので、そちらも考えなくてはなりません。コーヒーフレッシュ自体のカロリーは11~16kcalとなっているので、砂糖やコーヒーフレッシュを制限した方が健康的とも言えます。

市販のものを食べるのであれば、できるだけカロリーの少ない商品を選ぶというのも1つの手です。コーヒーゼリーを、どのように食べるかによって、大きく変わっていくでしょう。

コーヒーゼリーでダイエットできる?

コーヒーゼリーでダイエットができるかどうかについては、普通にコーヒーを飲むのと大差はないと言えるでしょう。コーヒーに含まれる成分はダイエットに良いと言われていますので、コーヒーゼリーでもその効果に期待することはできます。

ただ、砂糖やコーヒーフレッシュを利用するのと利用しないのとでは、利用しない方が痩せられるのは事実です。なぜならカロリーやその他の成分も余計に摂取しなくて良いためです。

しかし、コーヒーゼリー程度のカロリーであれば、少し動けば消費できるものですし、基礎代謝だけで消費してしまう程度のものです。1日に1回、50kcal以下の食べ物を食べるだけで太ることはあまり考えられません。

ダイエットをしたいという方は、合わせて有酸素運動と筋トレ、食事制限をしていくことで少しづつ体重を減らすことが可能です。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. スペシャルティコーヒー
  7. イタリアのカフェ
  8. コーヒ豆の種類
  9. コーヒードリップ器具
  10. コーヒーのかす
PAGE TOP