コーヒーのアレンジ

コーヒーのネルドリップの入れ方とカップ&ソーサ―の人気ランキング

まろやかで絶品、ネルドリップとは?

フランネルという片面が起毛している生地でできたフィルターを使って淹れる、ネルドリップ。ペーパードリップに比べ、コーヒーの油分がわずかに抽出されやすく、フレンチプレスよりも雑味が出にくい抽出方法です。

味わいがまろやかになりやすく、日本人好みの甘味や「うまみ」がもっとも抽出されやすい手法と言っても間違いないです。
日本の喫茶店の黎明期によく使われていた手法で、当時は大きいネルフィルターを使って数十人分のコーヒーを作りおくために使われていました。現在では抽出方法の研究なども進み、一杯点てのコーヒーをネルフィルターを使って淹れる方法が人気を博しつつあります。
一方、ネルフィルターは扱いが難しく、またかなり手間がかかる手法のため、ペーパードリップに比べればまだ浸透していません。

使い始めにも保管にもひと手間かける必要があるネルフィルター

フランネルの生地は購入した時点ではのりがついているため、まずはこののりをおとしつつ、フィルターをなじませるために、ドリップで使用済みのコーヒーの粉などを入れたお湯の中で5分程度煮沸してから使う必要があります。

また、フィルターが汚れたときはしっかりお湯でこすり洗いをした後、汚れがひどければお湯の中で3分ほど煮沸します。布の繊維は目詰まりしやすいので、まめにフィルターを洗う必要があります。匂いがしみこみやすいので、もちろん洗剤などを使ってはいけません。
使ったフィルターはタッパーなどに水を張ってその中で保管します。どうしてもネルフィルターにはコーヒーの粉が付着しやすく、先述のように洗ったり煮沸してもどうしてもコーヒーが中に残ります。フィルターの中に残ったコーヒーが酸化するとフィルターにきつい臭いがつき、コーヒーを淹れられなくなるので、それを防ぐために常に水の中で補完します。新鮮な水の中で補完する必要があるため、水は毎日取り換える必要があります。長期間使わない場合は、水を少しだけ入れて冷凍しておくとコーヒーの粉が酸化しないようになります。
忙しい人には、少々手間がかかりますね。

コントロール命!ネルフィルターを使ったドリップ

ネルドリップは、お湯のコントロールがペーパードリップ以上にシビアです。「淹れたように抽出される」といっても過言ではありません。また、フィルターの形状によっても違ってきます。もっとも基本的な入れ方は、右手でポットを持ち、左手にコーヒーを入れたフィルターを持ち、通常のペーパードリップと同様に「の」の字を書きながら淹れます。

ネルドリップの場合は、最初の蒸らしがきわめて重要になってきます。「ポタポタ…」と一滴ずつお湯を注ぐかのような、微妙な量での注湯スキルが必要になります。粉の表面を濡らすように、少しずつ注ぎます。あまり遅すぎても、コーヒーがフィルターの中にたまりすぎてしまい、過剰に濃くなったりフィルターにこびりついたりする原因となります。蒸らしが終わった後は、コーヒーの粉を見ながら初めはゆっくり、コーヒーが泡立つまで待つような気持ちでお湯を注ぎ、中盤では粉を膨らませることを意識し、終盤で濃さを調整することを意識してください。
コントロールが難しいので、可能であれば細かくお湯の量を調節できる鶴嘴状のポットを使うことを強くお勧めします。

ネルドリップは非常に難しいものの、コツをつかめば何度でもできて、おいしいコーヒーを淹れやすくなります。フィルターの保管方法から抽出まで非常に手間のかかる方法ですが、ハンドドリップの技術を習得し、ペーパードリップに飽きてきた方は一度試してみることをおすすめいたします。

老舗コーヒーショップの棚に並んでいる色とりどりの美しいカップ&ソーサー。

いろいろな形、柄に特長があり、コーヒーの種類によっても使い分けがされていますが、そのお客様の雰囲気によって店員さんがセレクトしてくれる場合も多いです。

出されたカップのイメージを想像しながら、コーヒーを味わっていくのも楽しいですね。

ご自宅用のリーズナブルなブランドもありますので、記念日などに特別カップを選んでみてはいかがでしょう。

ロイヤルコペンハーゲン

北欧の老舗のブランド。美しい絵皿を毎年コレクションしているファンも多いです。

コーヒーカップ&ソーサーはシンプルで上品なブルーが特長です。

マイセン

陶磁器の最高峰であるマイセンは、その伝統的な職人の絵付け技術はすべて手描き。

プレゼントや結婚の引き出物でも人気の高いブランドです。

リチャードジノリ

イタリアの老舗ブランドです。

「ベッキオホワイト」は不動の人気ですね。

ローゼンタール

ドイツ老舗メーカー。

ゴージャス感のあるゴールドの模様が、ドイツのお城をイメージさせますね。

ヴェルサーチなどの有名アーティストとのコラボレーションものが人気。

ゴールド感が格別の味わいです。

ウェッジウッド

ワイルドストロベリーのかわいい絵柄が、日本でも人気。

イギリスの上品なティータイムを演出できそうです。

ロイヤルドルトン

童話の世界をそのままカップの絵柄にしたシリーズが人気。

くまのプーさんシリーズは、ギフトで喜ばれる一品ですね。

ロイヤルアルバート

英国王室ご用達で有名なブランドです。

優雅なイギリスを感じさせる花の模様が美しいですね。

アラビア

北欧のブランド。

鮮やかな黄色と藍色の果実がいっぱいに描かれたインパクトある絵柄が印象的です。

個性的なのに飽きのこないデザインで長く人気があります。

イッタラ

同じく北欧ブランド。鮮やかなカラフル色彩の美しいもの。

カジュアルなマグカップは、自宅用に適しています。

北欧の森をイメージした動物のイラストシリーズも人気。

カールスバード

チェコのボヘミアというとグラスで有名ですが、磁器も世界三大ブルーオニオン窯として有名です。

濃いブルーと蔦や葉、花の模様が落ち着きます。

比較的リーズナブルな価格で楽しむことが出来ます。

ナルミ

日本メーカー。

アン・フルーレやアルページュ、ボーンチャイナシリーズなどの繊細な花柄が人気です。

比較的リーズナブルな価格で楽しむことが出来ます。

エルメス

フランスのファッションブランドですが、食器のデザインでも絶大な存在感があります。

まるで、美しいスカーフの柄の一部がカップにも表れたようです。

廃盤になったものや記念で特別に作られたものは、かなり高値になっているそうです。

フランツコレクション

台湾のメーカーで、その独創的。

植物の形がそのまま浮き出る造形と、中国風の色彩が個性的。

カップ&ソーサーとスプーンもセットになります。

ノリタケ

日本の老舗ブランド。

色彩の美しい品格のあるデザインは世界でも評価が高くファンも多いです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーカップの人気ブランド
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. インスタントコーヒー
  6. コーヒーのマナー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーの仕事
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP