コーヒーの人気特集

コーヒー・カフェの人気の職種・仕事4選

コーヒーは世界中で嗜好される飲み物となりました。飲み物としての魅力だけでなく、その背景にある歴史や文化への興味も尽きません。

そんなコーヒーに魅せられて、コーヒーに関わる仕事がしたいと思う人は少なくないようです。スターバックスは就職活動生の人気企業常に上位で、「いつか自分のカフェを持ちたい」と思ってカフェのアルバイトに精を出す人も少なくありません。

コーヒーに関する仕事、ちょっとのぞいてみませんか?

カフェスタッフ

学生や主婦のアルバイトから、社員として登用される道までさまざまな働き方があります。

同じカフェで働くのでも、ホール担当、料理担当とで仕事の内容はまったく変わってきます。また、バリスタは注文を取りながら接客し、ドリンクをつくるなどと、職域が広くやりがいのある仕事として人気があります。

アルバイトとして入っても、働きぶりが評価されてそのまま社員に昇格するケースも少なくないと聞きます。

ただし、飲食業界は見た目の華やかさ以上に体力的・精神的な負担も大きいので、働きやすそうな店を選ぶことが重要です。

店には、個人店、チェーン店、フランチャイズ店などさまざまな業態があるので、ネットや口コミでリサーチを行いましょう。

カフェバリスタ

カフェの専門スクールなどもあるので、そういうところに通うのも一つの手です。技術や知識が得られるだけでなく、同じ志を持つ仲間と出会えたり、有益な情報が得られたりするからです。

あるいは、「バリスタ見習い」を志願してさまざまなカフェで修業するのが向いている人もいます。各種競技会で活躍するバリスタなどがいると、技術を伝授してもらえる可能性が高くなります。ただ、本人の腕がいいだけで後進の指導はイマイチ……ということもあるので、あくまでも腕を磨くのは自分の心がけです。

営業終了後に自主的練習する、社外の研修会に参加する、競技会や大会に参加する、バリスタの教本を読むなど、自分でできる部分も多くあり、そういう心がけを持つことも重要です。筆者は「コーヒーは好きだったけど飲食未経験」で成功したバリスタにインタビューしたことがありますが、まさにこのような努力を惜しまない人でした。

コーヒーを扱うメーカー・商社

ネスレのような世界的大企業や、UCC上島珈琲やキーコーヒーなどの日本の老舗企業、スターバックスやブルーボトルなどの外資系まで、さまざまな企業があります。

ただし、どこも人気企業のため、入社を希望しても入れる人はほんのひと握り程度でしょう。法律や経済、外国語など、人には負けない専門知識やスキルがあると夢に一歩近づけるかもしれません。

カフェ・喫茶店のグルメ記者

街の情報誌や飲食店経営者のための雑誌、飲食業界新聞などコーヒー界のニュートピックを求めて取材し、記事を書く人たちがいます。

料理専門の出版社や新聞社に入社し、社員記者や外注記者として働くなどの方法があります。ただし、出版不況の昨今ですが、この業界の人気も根強いため、とても狭き門です。ただし、飲食業界の最新情報に触れられるという利点があるため、やりがいは抜群です。

写真に興味があるなら、写真学校で勉強したり、写真スタジオに就職するなどの方法でスキルを磨き、料理専門カメラマンになるという道もあります。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP