コーヒーのアレンジ

コーヒーに最適なのはどれ?砂糖のあれこれ

砂糖にはいろいろな種類があり、好みやシーン、目的によって使い分けることが可能です。では、どのように選ぶとよいでしょうか?今回は砂糖の種類とコーヒーとの相性をそれぞれみてみましょう。

コーヒーに砂糖は世界一般的

コーヒーは苦味と酸味が特徴の飲み物です。この苦味や酸味が苦手・・・という方は多いと思います。しかし砂糖を加えることで少し緩和されて飲みやすくなるのは事実です。そのため世界では「砂糖を加えて飲む」ほうが一般的です。例えばイタリアや、トルココーヒーやベトナムコーヒーのような飲み方も含めると、「甘味」を加えてコーヒー本来の旨味を引き出す飲み方がスタンダードとなっています。日本では苦いエスプレッソをそのまま飲むことが通と言われていますが、本場イタリアではエスプレッソは砂糖をたっぷりと入れて飲むのが当たり前なのです。日本では「甘味」は子供が好む幼いイメージがあり、子供や女性向けという感覚が根強くあるせいか、砂糖にこだわりはあまり持っていない人が多い傾向にあります。砂糖にも種類がたくさんあり、コーヒーと相性の良い砂糖ももちろんあります。どの砂糖と相性がいいのか、次でみていきましょう。

コーヒーと相性の良い砂糖

実際にどんな砂糖がコーヒーに合うのかみてみましょう。

「グラニュー糖」

世界で最も消費されている砂糖です。グラニュー糖は最高純度の糖液から作られていて、上白糖よりもサラサラしていて溶けやすい特徴があります。そして癖もほとんどなく、あっさりとした甘味があります。コーヒーの邪魔をしないグラニュー糖は、コーヒーによく合う砂糖の代表と言われているのです。

「上白糖」

この上白糖、日本でしか流通していないということ、ご存じでしたか?日本では砂糖と言えば上白糖と言われるほどで、グラニュー糖以上に消費されています。グラニュー糖との違いは、少し水分を含んでいるためしっとりとしているという点と、癖がなく、甘味とコクが強い点というところです。基本的にどんなコーヒーとも合いますが、苦味やコクを引き立ててくれる傾向があるため、特に「苦味が特徴のコーヒー」と「コクが特徴のコーヒー」との相性は抜群です。

「三温糖」

三温糖は砂糖をつくる最後の過程で、グラニュー糖や上白糖を取り出したあとに残る密から作られる砂糖で、ミネラル成分によってちょっと茶色く色づいているのが特徴です。和食の煮物などによく使われたりしますが、三温糖は独特の風味があるので、他の砂糖よりもコーヒーの風味に影響します。そのためアレンジコーヒーなどでは使われることがありますが、一般的にコーヒーとの相性は良くありません。

「和三盆」

和三盆は、香川県や徳島県などの四国地方で、伝統的な製法によって作られる高級砂糖です。黒砂糖のようにマイルドで、優しく上品な甘味が特徴です。老舗の和菓子屋などの高級和菓子でしか使われない砂糖なので、喫茶店においてある可能性は限りなく0に近いです。家庭でもあまり馴染みがないので、スーパーなどでも売っていない可能性がありますが、ネット通販なら簡単に手に入れることができます。コーヒーとの相性は最高と言え、グラニュー糖以上に相性が良いと言ってもよいくらい、コーヒーの良い味を引き出してくれます。

いかがでしたか?このように合わせる砂糖によって相性が変わり、コーヒーの風味にも違いが出てきます。砂糖を変えて飲むということはあまりしないと思いますが、機会があれば、いろいろな砂糖を加えたコーヒーの飲み比べをしてみると、一番好きな組み合わせを見つけることができますよ。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. アメリカのコーヒー文化
  2. コーヒーメーカー人気
  3. ペットボトル入りコーヒー豆
  4. 海外の珈琲の飲み方
  5. イタリアのカフェ
  6. コーヒーダイエット
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒードリップ人気
  9. コーヒーメーカー
  10. インスタントコーヒー
PAGE TOP