コーヒーのアレンジ

コーヒーに塩?実は伝統的な飲み方だった

みなさんはコーヒーに入れるものとして一番に思いつくのは何ですか?だいたいの方は「ミルク」であったり「砂糖」が思い浮かぶのではないのでしょうか?今日ご紹介するのは、コーヒーに「塩」を入れる飲み方です。正直相性は良くなさそうですが、合わせることで意外な効果をもたらすことができるのです。

エチオピアの伝統的な飲み方

コーヒーの発祥地であるエチオピア。ここでは昔からコーヒーには「塩」を入れて飲む文化があります。エチオピアには、大切な人をもてなすコーヒーセレモニーという古くから伝わる伝統的な作法があり、そこでは2杯目のコーヒーには塩が入れられます。そんなわけで、現地の人々にとってはコーヒーに塩は当たり前であり、一般的な飲食店や家庭でも日常的に飲まれています。エチオピアでは、「砂糖かミルクか」ではなく「砂糖か塩」かといったように日本とは違う選択肢となっています。

エチオピアでは、「モカ・シダモ」というコーヒー豆が多く取れますが、その豆が酸味が強いため、コーヒーの上澄みのみを飲む文化がありました。そこで、そのまま飲むと酸味が強いので少しでも酸味を和らげるために塩を入れたそうです。日本では馴染みがない飲み方なので驚きますが、コーヒー生産量が世界トップであるアメリカのカリブ海に面している国々でも現在飲まれている方法なので世界的にマイナーな飲み方というわけでもないようです。

コーヒーに塩を入れるのには理由があったのですね、コーヒー発祥の地の伝統文化ときくと、コーヒーに塩が本格派なのでは?と思い試したくなりますね。

コーヒーに塩を入れるとどんな味わいか

もともと酸味や苦みのあるコーヒーに、塩を入れたら味が整わなくて美味しくないのではないか、と思いますが案外そんなことはありません。以外にもその逆で、塩を入れることにより酸味が緩和され、苦みもやわらかくなるのです。その結果、全体的にミルクを入れたようなまろやかさと程よい酸味の味わいになり、普通のコーヒーとは全く別物を飲んでいるような感覚になります。塩はコーヒーを、酸味をいいアクセントになるようなうま味に変え、カリウムとナトリウムを同時に摂取できる優秀な飲み物と化すのです。

どれくらい入れるのか

砂糖を入れる際は、好みの量なので例えばスプーン1、2杯程を入れたりするでしょう。しかし、塩の場合は入れすぎてしまうとせっかくの風味豊かなコーヒーが台無しになってしまうので要注意。逆に少なすぎても存在感がありません。コーヒーに塩を入れる際の適量は、指でほんのひとつまみをサッと加えるだけで十分です。わずかな塩でも十分な力を発揮します。

いかがでしたか?コーヒーは本当に無限大で、意外な組み合わせがどんどん出てきます。加えるもの次第で、同じコーヒー豆を使っていても全くの別物と思うような味わいの変化を楽しめたりするのです。今回のコーヒーと塩の組み合わせは、予想とは裏腹にコーヒーをマイルドに通常のより丸く仕上げてくれるので、コーヒーの酸味や苦みが苦手・・・という方にぴったりかもしれません。更に、もともとコーヒーにはダイエット効果がありますが、塩を入れることでその効果が促進されるので、ダイエットのためにコーヒーを飲んでいる方におすすめです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP