コーヒーのアレンジ

コーヒーに入れる砂糖とミルクのおはなし

    ――砂糖とミルクどちらを先に入れましょう?

    コーヒーに砂糖やミルクを入れてデザート感覚で楽しむ人がいます。コーヒーは嗜好品である以上、多種多様の楽しみ方があっていいものなのです。

    コーヒーに砂糖やミルクを入れるときの順番を、気にしたことがありますか? 紅茶の国・イギリスでは「ミルクティー、紅茶とミルクのどちらが先か?」という長年の論争にカタがついたそうです(結論は「ミルクが先」)。コーヒーの場合は、砂糖→ミルクの順で入れる人が多いように感じます。コーヒーが冷めないうちに砂糖を入れるほうが、とけやすいというメリットがありそうです。

    砂糖はどんな種類が向くか?

    コーヒーに入れる砂糖は、グラニュー糖を使うのが一般的です。料理に使う場合と同様に、「くせが少ない」「とけやすい」「無色透明で色がつかない」などの利点があるからでしょう。イギリスなどではコーヒーにザラメ糖を使う習慣があるようですが、お隣のアイルランドでは黒砂糖を使う地方もあるそうです。

    【砂糖のまとめ】

    グラニュー糖
    さらさらとしていてコーヒーにとけやすく、味をじゃましないので使いやすい。コーヒー本来の味を楽しめる。

    コーヒーシュガー
    コーヒーに甘みをつけるために開発された専用の砂糖。カラメルを使って薄い茶色に仕上げる。さまざまな大きさのものが市販されている。ざらめ糖とは違うもの。

    カソナード
    サトウキビから作られ、精製されていないブラウンシュガー。形状はふぞろいのかたまりで、ブラウンと白がある。甘みと同時に深みを与える。

    はちみつ
    砂糖の代わりにはちみつを入れる飲み方もある。

    メープルシロップ
    サトウカエデなどの樹液を濃縮した液状の甘味料。ミネラルが含まれ健康によいとされる。

    和三盆
    徳島県や香川県など、四国で昔から作られいる砂糖。上品な甘さ

    黒砂糖
    沖縄や鹿児島の奄美などでつくられる砂糖。独特の香りがコーヒーに移るので、スペシャルティなどのコーヒーに使うのはちょっともったいないかも。ただ、コーヒーに入れるとコクと深みが出るので、ミルクコーヒーにするときに使ってみては?

    ミルクのあれこれ

    昔ながらのフルサービス方式の喫茶店では、ミルクがステンレスの容器に入って添えられてきます。セルフ方式の店やテイクアウト店、ファストフード店ではコーヒーフレッシュ(小型カップに入れたクリーム)が用意されています。

    牛乳
    成分無調整のものがおすすめ。乳脂肪分はゼロ~高いものが販売されているので、自分の好みと健康状態に応じて使い分ける。乳脂肪分が高いほどまろやかでコクがあるが、カロリーが高い。専用の器具やマシンがあれば、スチームしてコーヒーに浮かべるなどの楽しみ方ができる。

    コーヒーフレッシュ
    小さなカップに入った1回使い切りのコーヒークリーム。植物性のものをコーヒーフレッシュというが、動物性(本物のミルク)のクリームもある。

    生クリーム
    泡立てて加糖したものをコーヒーに浮かべればウインナーコーヒーになる。そのままコーヒーに加えても濃厚なミルクコーヒーになっておいしい。

    パウダータイプのクリーム
    「クリーミングパウダー」とも呼ばれる。スティックタイプのものが一般的だが、瓶入りのものなどもある。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP