コーヒーのアレンジ

コーヒーにブランデーは合う!ブランデーコーヒー

コーヒーとお酒の相性は意外に良いことが知られています。コーヒーにお酒を入れてその国々に合った独自の飲み物を作るアレンジコーヒーというものが昔から世界各国で作られています。焼酎やビールなども有名です。その中でもコーヒーにブランデーを入れたブランデーコーヒーなるものも存在します。ブランデーとは果実酒から作られた蒸留酒のことですが、日本でも昔ながらの喫茶店ではブランデーが入ったアイスコーヒーを提供しているところがあります。今回はそのブランデーとコーヒーについてみていきましょう。

ブランデーコーヒーとは

ブランデーコーヒーとは簡単に言うと、コーヒーの中にブランデーを入れた、大人な味に仕上げたアレンジコーヒーです。コーヒーにお酒なんて合うのか疑問に思う人もいるかと思いますが、コーヒーにお酒を入れる飲み方は昔から世界各国で愛されています。日本でもコーヒーに焼酎に漬けてしばらく放置してから飲む、焼酎コーヒーと言う飲み方があったりするので、コーヒーとお酒という一見うまくマッチしなさそうなものでも、いざ飲んで見るとマッチするものなのです。ブランデーコーヒーには、コーヒーにブランデーの大人な味が加わるので、少しほろ酔いになりたい時や、コーヒーをおしゃれに飲みたい時などおすすめです。ブランデーコーヒーは作り方も簡単なので、ご自宅でも作ることができます。

ブランデーコーヒーの作り方

ブランデーコーヒーの作り方はいたって簡単です。必要な材料は、「ホットコーヒー」、「ブランデー」、「砂糖」、「ホイップクリーム」のみです。ブランデーコーヒーの作り方の手順は、①まずホットコーヒーをマグカップに入れて、②そこにブランデーと砂糖を入れてかき混ぜます。③しっかりとかき混ぜたらその上にホイップクリームを乗せれば完成です。砂糖の量は少なめにするとビターで大人な味わいに、多めにするとデザート感が出るので好みで調整します。使用するホットコーヒーは深煎りのしっかりとしたコクのある濃いめなコーヒーの方がブランデーとホイップクリームによく合います。

代表的な飲み物、カフェロワイヤル

ブランデーコーヒーの中で、カフェロワイヤルという有名な飲み物があります。聞いたことがあるという方ももしかしたらいるかもしれません。カフェロワイヤルは、コーヒーに直接ブランデーを入れるのではなくて、コーヒーに入れる角砂糖にブランデーを染み込ませて、そこに火をつけて燃やしたままコーヒーに入れます。角砂糖が青く燃えるのが特徴であり、見た目はとても美しいので、あのナポレオンもその美しさと美味しさからカフェロワイヤルをよく飲んでいたと言われています。

いかがでしたか?上のカフェロワイヤルの他にもイタリアではエスプレッソにブランデーの一種であるグラッパというお酒を混ぜての飲む人もいるようであり、コーヒーとブランデーを使った飲み物はたくさんあるようです。コーヒーリキュールというお酒もあるくらいなので、コーヒーとブランデーの相性が良いです。一緒に飲むと、コーヒーとブランデーの苦みが混じり合い、後味にビター感が残ります。昔から多くの人によって飲まれている、コーヒーもブランデーの組み合わせ、ぜひ一度試して見てください。お酒が好きな人は美味しく飲むことができると思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 神保町の喫茶店
  2. カフェ開業経営
  3. 海外のカフェ
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒー効果
  6. インスタントコーヒー
  7. コーヒーメーカー人気
  8. コーヒーメーカー
  9. カフェ開業メニュー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP