コーヒーのアレンジ

コーヒーには砂糖ではなくはちみつを!

コーヒーをそのままブラックで飲むと苦くてどうしても飲めないから砂糖やガムシロップなどを入れるという人は多いかと思います。コーヒーに甘さを加えることで飲みやすくてちょうど良い味になるために砂糖やガムシロップを入れると思うのですが、最近になって「はちみつ」を入れる人が増えているようです。

はちみつの栄養素

砂糖は糖分が豊富ですが他の栄養素はほとんどありません。一方で、はちみつにはビタミン、カルシウム、鉄分といった27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールなど150を超える成分が含まれています。そのため、はちみつにはコーヒーにも健康に好影響を与える成分がいくつか含まれています。胃がんの予防、胃潰瘍の治療、風邪への効果などがあると言われており、更に疲労回復効果もあるので、体調を整えたい時にもはちみつコーヒーは効果的です。

はちみつコーヒーとは

はちみつコーヒーとはその名前のままなのですが、コーヒーにはちみつを入れた飲み物です。コーヒーに甘みを付けるためには砂糖を入れるのが一般的ですが、はちみつを入れることでいつもとは違った甘さを楽しむことができます。ただし、コーヒーにはちみつのみを入れると味がうまくマッチしないので、実際にはミルクも一緒に入れてはちみつミルクコーヒーにすることが多いです。エスプレッソとの相性も良いのでエスプレッソにミルクとはちみつを入れたものはチェーン店でも多く提供されています。はちみつは砂糖よりもやわらかい甘さになり、なにより多めに入れてもそんなに罪悪感がうまれないのでついついたっぷりと入れてしまいます。

女性に嬉しい美容効果も期待できる

コーヒーにはもともと脂肪燃焼効果やむくみ、シミの予防効果などがあります。一方ではちみつもビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、ニキビ予防、アンチエイジング効果、肌の乾燥を防ぐ保湿力などがあります。このようにコーヒーにもはちみつにも美容効果があります。そのためにはちみつをコーヒーに入れて飲むことで美容に対して相乗効果を期待することができるのです。

はちみつコーヒーの作り方

実際に家庭で誰でも簡単に作ることができます。はちみつコーヒーの作り方はいたってシンプルです。必要な材料は「コーヒー」と「ホットミルク」と「はちみつ」の3つのみです。作り方の手順としては、まずホットコーヒーにホットミルクを半分ずつくらい入れて、そこにはちみつを入れてよくかき混ぜれば完成です。本当にいつでもすぐに作ることができますね。ホットミルクを入れずにはちみつのみを入れても良いのですが、それだとコーヒーとはちみつがうまく溶け合わずにマッチしないことがあるので、ミルクを入れた方がはちみつがスムーズに溶けてコーヒーと混じり合い、安定して美味しくまとまります。はちみつとミルクでコーヒーの味が薄まるので、コーヒー豆はできるだけ深煎りの濃い味のものを使った方が美味しいのでおすすめです。

いかがでしたか?はちみつは天然の食材なので、添加物なども含まれず安心・安全ですし、栄養も満点なので、これからはコーヒーには砂糖ではなく「はちみつ」を入れる習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP