コーヒーのアレンジ

コーヒーと紅茶を混ぜる?香港発の鴛鴦茶

コーヒーと紅茶は共通点があるのをご存じですか?一番の共通点は「カフェイン」が共に入っているという点です。そんなわけで、この2つを混ぜると美味しいと話題になっています。「コーヒーと紅茶・・・?」と思うかもしれませんが、実はこの飲み方はすでに香港では「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」というポピュラーな飲み方となっています。今回はこの鴛鴦茶について詳しくみてみましょう。

鴛鴦茶とは

鴛鴦茶とは、先ほど述べた通り「コーヒー」と「紅茶」を混ぜた飲み物です。この「鴛鴦」とは日本で言うと「オシドリ」という意味で、2つを混ぜ合わせるという意味から鴛鴦茶という名前がついたとされています。香港では非常に一般的な飲み方であり、近年では日本でも美味しいと話題になっています。

美味しい飲み方

この鴛鴦茶、ただコーヒーと紅茶を混ぜるだけではありません。美味しい飲み方があるのでご紹介します。香港では、鴛鴦茶は甘く仕上げて飲むのが一般的です。香港で鴛鴦茶を注文すると、何も言わなくても砂糖や無糖練乳がたっぷり入って出てくることが多いようです。ちなみに、ホット・アイスどちらも楽しむことができます。しかし、好みによっては甘すぎる場合もあるので自分で作ることで調節してみるといいです。また、紅茶とコーヒーの割合を変化させると全く違う味になるのでいろいろ楽しみながら作ることができます。では、家での作り方をご紹介します。

家でも簡単にできる鴛鴦茶の作り方

用意するものもとてもシンプルです。夏でも美味しく飲めるアイスの作り方です。

お湯(200ccほど)/紅茶(ティーバッグが作りやすいです)/インスタントコーヒー(粉末タイプ)/砂糖/ミルクパウダー(エバミルクも可)/氷

①ティーバッグを使い、濃いめに紅茶を入れる

②作った紅茶に、インスタントコーヒー・砂糖・ミルクパウダーをいれてよくかき混ぜる

③コップに氷をいっぱい、満タンに用意して②で混ぜたものをすぐに注ぐ。氷で急冷するとコーヒーの風味が逃げにくくより美味しくなります。

これで「鴛鴦茶」の完成です。とても簡単ですね。次は気になる味をみてみましょう。

割合によって変化する鴛鴦茶の味

コーヒーと紅茶を5対5で作ると、以外にもコーヒーより紅茶の風味が強くなるようです。紅茶の優しい華やかな香りとコーヒーの苦みがほんのりします。また、紅茶よりコーヒーの割合を多くすると、コーヒーの苦みが引き立ち、後からほんのり紅茶の風味が感じられる味わいになります。口の中に深いコクが広がり、飲んだ後はすっきりとした香りが鼻に抜ける感じがします。コーヒーより紅茶の割合を多くすると、先ほどとは逆に、紅茶の風味の中に、ほのかにコーヒーの香りが感じられるといった味わいになります。まろやかで優しい味わいになるため、リラックスしたい時などにおすすめです。

いかがでしたか?本場の香港では、鴛鴦茶に「シナモン」や「ナツメグ」といったスパイスを追加したり、レモンやタピオカなどのトッピングをしたりするようです。更に紅茶をチャイにしてみたりと様々なアレンジが効く飲み物「鴛鴦茶」。いつものコーヒーに飽きてきたら家にある紅茶を混ぜてオリジナルの鴛鴦茶を作ってみてはいかがですか?

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. チェーン店のカフェ
  3. イタリアのカフェ
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーの酸化
  9. ドイツの珈琲
  10. カフェ開業
PAGE TOP