コーヒーのアレンジ

ベトナム発祥!ヨーグルトコーヒーとは

コーヒー文化が進んでいる国と言えば、ヨーロッパやアメリカをイメージする人は多いかと思いますが、東南アジアも負けていません。実際、コーヒー生産量や消費量は世界の中でも上位の方に入るのです。アレンジコーヒーを楽しんでいる国の中でも、「ベトナム」では練乳を入れたベトナムコーヒーが有名ですが、練乳以外にもいろんなものをコーヒーに混ぜて飲むことがあり、その中で最近になって注目を浴びているのがヨーグルトを入れた「ヨーグルトコーヒー」です。パッと聞くとヨーグルトとコーヒーは変な組み合わせですが、酸味のあるヨーグルトとコーヒーは意外にも相性が良いのです。今回はそんなヨーグルトとコーヒーを組み合わせたヨーグルトコーヒーについてご紹介します。

ヨーグルトコーヒーとは

ヨーグルトコーヒーとはひとことで言うと、そのままですがヨーグルトとコーヒーを混ぜて飲むアレンジコーヒーになります。ヨーグルトコーヒーはもともとベトナムで飲まれていたのですが、その美味しさから次第に他の世界へも広がっていきました。ヨーグルトとコーヒーの組み合わせと聞くと「あまり美味しくなさそう」というマイナスな印象を持つ人が多いと思いますが、どちらも「酸味」があることで共通しています。実際にはヨーグルトの持つ酸味とコーヒーの持つ酸味、苦味がうまく調和することで独自の美味しさが誕生するのです。世界へ広がっていったという事実が美味しさの証拠です。

ベトナムコーヒーだからこそ美味しい

もともとベトナム発祥と言いましたが、そもそも甘く濃いベトナムコーヒーとヨーグルトの組み合わせが相性がいいということなので、普通のドリップコーヒーで作るとヨーグルトコーヒー本来の味ではありません。ベトナムコーヒーは、通常のコーヒーとは違い、バターなどで甘い味付けがされているとても濃いコーヒーで、もともとコンデンスミルクやヨーグルトとも相性が抜群なのです。

ヨーグルトコーヒーの作り方

日本ではまだマイナーな飲み方なので、なかなかカフェなどでも飲むことができません。作り方はとても簡単なので自宅で作ってしまいましょう。

ヨーグルトコーヒーの作り方はいたって簡単です。必要な材料は「ヨーグルト」、「濃いめのホットコーヒー」、「練乳」の3つです。ヨーグルトコーヒーの作り方の手順としては、まずグラスにヨーグルトと練乳を入れてよくかき混ぜます。その中にホットコーヒーを注いでさらにかき混ぜれば完成です。バターを少量加えるとなお本来のものと近くなるでしょう。ヨーグルトとコーヒーの目安の比率は1:1~2:1です。ヨーグルトをコーヒーよりも多めに入れるのがおいしく仕上げるポイントです。また、コーヒーは濃いめでないと美味しくできないので、いつもより豆の量を増やして抽出したり、インスタントコーヒーで作る場合はそのままではなく、いつもより濃いめにすると美味しくできます。

いかがでしたか?一見驚く組み合わせのヨーグルトコーヒーですが、味は絶品。甘くて酸味のあるヨーグルトコーヒーは、スイーツ感覚で楽しむこともできます。作り方も簡単で、ヨーグルトという健康食品と、いろいろなメリットを持つ成分が多いコーヒーの組み合わせですから、身体にも良いです。コーヒーは本当にさまざまな食材と相性がよく、アレンジコーヒーもたくさんの種類がありますが、このヨーグルトコーヒーはその中でも上位の組み合わせだと思います。みなさんも家にヨーグルトと練乳がある時は、この「ヨーグルトコーヒー」のことを思い出し、騙されたと思って作って一度飲んでみて下さい。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーベルト
  2. コーヒーハウス
  3. コーヒードリップ器具
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーかす
  7. 東京下町のカフェバッハ
  8. コーヒーメーカー
  9. イタリアのカフェ
  10. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP