コーヒーのアレンジ

コーヒのお作法(ビジネスマナーを知って役立てる)

    コーヒーを提供するのはおもてなしの心から生まれます。そして、そのおもてなしの心に誠実に対応するのが来客側です。ビジネスの場でのコーヒーマナーについて詳しく紹介していますので自分の気配りの仕方を省みましょう。

    ・コーヒーを美味しく提供する

    お客の方が訪れたい時コーヒーを出すのは感謝の心もありますし、足を運んで喉が渇いたのを潤ってもらうためもあります。議論の場では乾いた口をちょっとした気分転換になります。

    勿論さらにただコーヒーを置くだけではダメです。まずコーヒーカップは、事前にお湯を3分の1か半分入れて温めましょう。美味しいコーヒーはコーヒーを温めることが前提の一つです。(アイスコーヒーの場合は事前にカップを冷やしましょう。)

    温めたお湯を捨てた際は外側が濡れていないかチェックしましょう。(勿論濡れていたら布で拭き取ります。)またアイスコーヒーの場合はコースターを最初に用意します。コースターはテーブルを濡らさない為のものですから、もし置かないで冷めて水滴がテーブルに付いたらお客さん側からでも不快な気持ちになります。

    そしてなるべく早く提供ましょう。例えば席に着く直前に出したらさすがに不自然に思われるかもしれませんが、コーヒーは喉を好きなタイミングで潤して欲しいためのものです。

    またコーヒーカップだけでなくソーサーも一緒に用意しましょう。自分がお客の目線でみた場合、カップだけでは不自然に感じますよね?

    そしてミルクを出す時は小さなカゴにまとめて入れましょう。人によってどのくらい入れるかが分からないからです。なおスプーンはカップの手前側(お客から見たら)に用意のが日本の主流です。ケーキの場合も、お出しする時は左に置くのが主流です。

    ・応対される側もマナー重視で

    勿論応対される側にもマナーが必要です。

    苦いのが苦手でもお砂糖やミルクを入れないようにしましょう。まずはコーヒーそのものを味わうと言うのが良い印象を相手に与えるからです。またカップを両手で持つと「冷めている」と言う風に見られるので片手で持ちましょう。持ち手はどこでも構いません。自身が左利きなど左のほうが持ちやすい場合は左手で持てばよいです。ちなみに取っ手の部分を回す時は片手ずつで回しましょう。一度で片手で回したら失礼とされます。

    またコーヒーは熱い内が美味しいと言われるので、慌てなくても良いのですがなるべく熱い内に飲みましょう。

    次に砂糖を入れてスプーンで混ぜる場合もカップに当たらないように気をつけましょう。カタカタと音を鳴らすと確かに失礼ですよね。なお、スプーンの上に乗せてから混ぜるとよりいっそう丁寧に見えます。コーヒーは茶道ほど決まりがあるわけではないのですが、丁寧に清潔に見えるかが肝心なのです。

    ・どちら側でも細かい気配りが肝心

    来客側からでも、応対する側としても第一印象が肝心です。気配りが足りないと、その部分に悪影響を及ぼしかねません。 細かい性格の機微は何気ない所で現れるのです。

    コーヒーは確かにお茶よりも気軽に飲めるものかもしれませんが、ビジネスの場ではあくまで別です。たかがコーヒーされどコーヒーと思って気配り方を考えていきましょう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP