コーヒーの効果

コーヒーのガン予防効果4選【健康にもよい成分あり!】

コーヒーはがんに有効と効いたことがあると思いますが、それは様々な要素が関わってのことです。また運動にも良いとされる由縁、一体どこにそれがあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

コーヒーは肝がんの発生率を抑る効果がある

コーヒーは肝がんの発生率が低くなると言われています。実際、コーヒーをほぼ毎日飲んでいる人は、ほとんど飲まない人に比べて半分ほどの肝がんの発生率が抑えられていると言う報告もなされています。

ですが肝がんはウイルス性慢性肝炎や肝硬変などから派生されるのですが、ウイルス性慢性肝炎や肝硬変の病気持ちの人がコーヒーを飲んでもあまり意味が無いと思われます。なぜならカフェイン代謝機能が衰えるからです。

またコーヒーは胃に負担のかかる飲み物ですので(そこもココアの方が胃がもたれるなど人もいるなど千差万別のようですが)お薦めできません。

そしてデータではとにかく一日5杯など、多くほどそれだけ肝がんの発生率が減るるようですが、カフェインです胃酸の分泌を促すとそれだけ胃粘膜が傷つけられで、胃炎や胃潰瘍になることもあります。

健康な人も肝がん予防も大事ですが、飲み過ぎないようにしましょう。

コーヒーはお茶よりも様々ながん予防に効果あり

しかしコーヒーを適度に飲めば肝がんの発生率を抑えられることに期待できるのには変わりありません。肝臓がんやすい臓がん、子宮体がんなどの予防につながると言われています。

さらにまたお酒好きな方でも肥満体型であっても、関係なく肝機能を良くする効果で出ています。特に日本人はアルコールの分解効率が低い人が多いので、コーヒーの元々ある酔い覚まし効果も相まってお酒好きには朗報です。

確かに日本では世界と比べると遅れてコーヒーと肝がんとの関係性について研究され始めたのでまだ確証的なデータは少ないかもしれませんが、個人的にはコーヒーを一日2~3杯飲むことをお薦めします。

ところで同じくカフェインのある緑茶はコーヒーと違って、一日で飲む量と肝がんの発生率は反比例せず、コーヒーだけが反比例するようです。これにはコーヒーにはカフェインの他に、肝がんの予防に有効なクロロゲン酸やkahweolやcafestolなどのジテルペンがある事が考えられています。

コーヒーはガン予防や運動の効率アップにも効果あり

ついでにコーヒーは、がんの発生や転移も抑えてくれます。さらにコーヒーは脂肪を分解するリバーゼと言う脂肪分解酵素を活性化してくれるので、ダイエットに有効です。

心臓の働きや血行促進も促すうえ、身体全体に酸素が届きます。そして脳の働きが活発になります。
お昼ごろになると眠くなりますが、コーヒーのカフェイン作用で頭を覚醒させ活発になった脳で運動はいかがでしょうか? また運動をしないと脂肪酸と言う一旦放出されたものが、再び体内に戻るので運動なしでコーヒーダイエットは不可能です。

以上のことから、コーヒーはがん予防プラスコーヒーによる様々な要素の活性化で、運動効率を高められらるとても素晴らしい飲み物だと言えます。

コーヒーを飲んで健康になろう

「肝がんの発生率」の観点から通して、コーヒーの健康性について以前よりも分かりかけてきたと思われます。これからコーヒーを飲むことで健やか健康生活わ意識してみましょう。

2型糖尿病や肝がんのリスク依滅、動脈硬化・認知症の予防、尿酸値の改善など、コーヒーの健康作用が明らかになってきています。健康効果が続々と報告されるコーヒーからますます目が離せません!

コーヒーの死亡リスクが減少する効果

生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防や健康寿命の延伸に役立てるための研究を行う「国立がん研究センター・予防研究グループ」。サイト内で「全死亡リスク及び心疾患、脳血管疾患及び呼吸器疾患による死亡リスクが減少」という内容の興味深い記事があげられていました。

平成2年(1990年)と平成5年(1993年)に、全国の11保健所管内に住んでいた人たちのうち、がんや循環器疾患になっていなかった40~69歳の男女約9万人を、平成23年(2011年)まで追跡した調査結果が、次のサイトに論文発表されています:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25762807(英語)

また、これまでに欧米を中心に行われたコーヒーと死亡の関連を調べた20のコホート研究の統合解析(メタアナリシス)により、男女ともゆるやかな死亡リスクの低減が認められています。しかし、コーヒー摂取と主要死因死亡との関連についての研究はアジア人を対象とした集団ではほとんどなく、日本人の5大主要死因との関連についての研究はまだありません。そこで、今回の研究では、コーヒー摂取と全死亡および主要死因死亡との関連を検討することを目的としたとのことです。

コーヒーに含まれるクロロゲン酸の効果

ところで、なぜコーヒー摂取で死亡リスクの低下が見られるのでしょうか? まず第一に、コーヒーに含まれる“クロロゲン酸”が挙げられます。聞き慣れない用語ですが、血糖値を改善し、血圧を調整する効果がある上に、抗炎症作用があるといわれるなど今注目の抗酸化物質なのです。

クロロゲン酸のことをもう少し詳しく見てみましょう。まず、コーヒーに含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種です。「赤ワインに含まれるポリフェノールは身体にいいらしい」ということは耳にしたことがあると思います。とはいえ、赤ワインはアルコール。毎日飲むのはハードルが高いですよね。そこでコーヒーの出番なのです。ポリフェノールは、1日に1000~1500mg摂取するのがいいといわれています。一般的に、コーヒー1杯(約140g)には280gのポリフェノールが含まれます。そのため、1日3~4杯で1日の必要量がとれてしまうというわけです。日本人は現在、ポリフェノールの約47パーセントをコーヒーから摂取しているというデータもあります。

また、脂肪と糖質の吸収を抑制する効果もあることがわかってきました。筋トレ前にコーヒーなどのカフェイン摂取を推奨するトレーニングジムもあり、“メタボ予防”という観点からもコーヒーに熱い注目が集まっているのです。

カフェインも適量なら健康によい

いいことずくめのポリフェノールですが、コーヒーに含まれるカフェインの健康作用も見逃せません。取りすぎはダメですが、適量のカフェインは血管内皮の機能を改善する効果があるとされています。さらに、カフェインには気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果があるのではないかと言われています。これらの効果が、循環器疾患や呼吸器疾患死亡につながる危険因子の調整に寄与しているのかもしれません。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーカップブランド
  2. コーヒーの仕事
  3. ドトールコーヒー
  4. コーヒーメーカー
  5. インスタントコーヒー
  6. コーヒーメーカー
  7. インスタントコーヒー
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの苦味
PAGE TOP