コーヒーのアレンジ

ガンが怖いならコーヒーを飲むべき。 そう確実に言える様々な有効要素

    コーヒーはがんに有効と効いたことがあると思いますが、それは様々な要素が関わってのことです。また運動にも良いとされる由縁、一体どこにそれがあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

    ・まずコーヒーは肝がんの発生率を抑えます。

    コーヒーは肝がんの発生率が低くなると言われています。実際、コーヒーをほぼ毎日飲んでいる人は、ほとんど飲まない人に比べて半分ほどの肝がんの発生率が抑えられていると言う報告もなされています。

    ですが肝がんはウイルス性慢性肝炎や肝硬変などから派生されるのですが、ウイルス性慢性肝炎や肝硬変の病気持ちの人がコーヒーを飲んでもあまり意味が無いと思われます。なぜならカフェイン代謝機能が衰えるからです。

    またコーヒーは胃に負担のかかる飲み物ですので(そこもココアの方が胃がもたれるなど人もいるなど千差万別のようですが)お薦めできません。

    そしてデータではとにかく一日5杯など、多くほどそれだけ肝がんの発生率が減るるようですが、カフェインです胃酸の分泌を促すとそれだけ胃粘膜が傷つけられで、胃炎や胃潰瘍になることもあります。

    健康な人も肝がん予防も大事ですが、飲み過ぎないようにしましょう。

    ・コーヒーはお茶より他のがん予防に色々と有効。

    しかしコーヒーを適度に飲めば肝がんの発生率を抑えられることに期待できるのには変わりありません。肝臓がんやすい臓がん、子宮体がんなどの予防につながると言われています。

    さらにまたお酒好きな方でも肥満体型であっても、関係なく肝機能を良くする効果で出ています。特に日本人はアルコールの分解効率が低い人が多いので、コーヒーの元々ある酔い覚まし効果も相まってお酒好きには朗報です。

    確かに日本では世界と比べると遅れてコーヒーと肝がんとの関係性について研究され始めたのでまだ確証的なデータは少ないかもしれませんが、個人的にはコーヒーを一日2~3杯飲むことをお薦めします。

    ところで同じくカフェインのある緑茶はコーヒーと違って、一日で飲む量と肝がんの発生率は反比例せず、コーヒーだけが反比例するようです。これにはコーヒーにはカフェインの他に、肝がんの予防に有効なクロロゲン酸やkahweolやcafestolなどのジテルペンがある事が考えられています。

    ・コーヒーはがん予防や運動にも有効

    ついでにコーヒーは、がんの発生や転移も抑えてくれます。さらにコーヒーは脂肪を分解するリバーゼと言う脂肪分解酵素を活性化してくれるので、ダイエットに有効です。

    心臓の働きや血行促進も促すうえ、身体全体に酸素が届きます。そして脳の働きが活発になります。
    お昼ごろになると眠くなりますが、コーヒーのカフェイン作用で頭を覚醒させ活発になった脳で運動はいかがでしょうか? また運動をしないと脂肪酸と言う一旦放出されたものが、再び体内に戻るので運動なしでコーヒーダイエットは不可能です。

    以上のことから、コーヒーはがん予防プラスコーヒーによる様々な要素の活性化で、運動効率を高められらるとても素晴らしい飲み物だと言えます。

    ・コーヒーを飲んで健康生活を意識

    「肝がんの発生率」の観点から通して、コーヒーの健康性について以前よりも分かりかけてきたと思われます。これからコーヒーを飲むことで健やか健康生活わ意識してみましょう。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP