コーヒーのアレンジ

カフェインレスコーヒーの特徴とコーヒー豆の入れ方別挽き方

カフェインレスコーヒーとは、コーヒー生豆からカフェイン成分を90パーセント以上除去したコーヒーのことを言います。カフェインレスコーヒーは、欧米では健康上の影響から広く受け入れられています。日本においても、健康志向の高まりに伴い徐々に広まっています。

1. コーヒーに秘められた底力

普段からコーヒーを飲むようになったのは、15世紀後半です。イスラム僧侶が夜な夜なお祈りを捧げるため「眠け覚まし」、「活力を生み出す」秘薬として飲まれていました。コーヒーの薬効成分は、カフェインのイメージが強いです。カフェインの効能は、眠け覚ましや興奮作用や尿の排出を促す利尿作用などです。しかし、現在は、「ダイエット力」、「不老力」、「活性力」など健康への効果が多く見つかっています。

・「ダイエット力」

肥満を防ぎ、ダイエット効果をあげます。カフェインの効果により脂肪細胞が活発になり脂肪が燃えます。

・「不老力」

糖尿病の予防や血液がサラサラになります。何より血管を若く保ちます。また、体のさびつきを抑え、がんを予防します。

・「活性力」

計算能力や記憶力の向上、リラックス効果に期待できます。

2. 1杯のコーヒーに含まれているカフェイン

1杯のコーヒーには、50〜120mgのカフェインが含まれています。1日に5杯以上コーヒーを飲む人は、過剰摂取にならないように注意が必要です。特に注意が必要な人は、妊産婦、胃炎治療中の人、パニック症候群の人、抗うつ薬を服用している人、小児の人です。逆にオススメな人は、妊娠、授乳中の人、飲むと眠れなくなる人、健康上控えている人、などです。

コーヒーからカフェインを抜く方法は、3種類あります。

化学薬品による抽出方法、二酸化炭素による抽出方法、水による抽出方法です。

これらの中でも、水による抽出方法が薬品を使用しないため安心して飲めます。

3. 認証コーヒー

未来のことを考え、自然環境や人々の生活を良い状態に保つことを目指し生産・流通されたコーヒーのことを「サスティナブルコーヒー」と呼びます。

生産地域の自然環境の保護・再生、無農薬栽培の推進、生産者の収入の安定化、トレーサビリティーなどの特徴があります。

コーヒーを通して広がるサスティナブルな地球環境への貢献は、地球を守り、生物多様性を守り、同時に人々の生活向上へつながります。

いかがでしたか?

カフェインレスコーヒーを飲むことで、様々な健康効果に期待することができます。

過剰の摂取は注意が必要ですが、適度に飲むことで良い効果を得ることができます。

是非、参考にしてください。

コーヒー豆は使う器具によって挽き方を変える必要がある

コーヒー豆を自宅で挽いて淹れてみようと思う方は、挽き具合にも気を配る必要があります。
スーパーなどで買える一般的な市販のコーヒーの粉はかなり細目で挽いてありますが、使う器具によっては合わないこともあるので、市販品の挽き方に合わせると「あれっ!?」となる事があります。市販品の中には「○○用」と記載していたり、挽き具合が書いてあるものもございます。

ここではコーヒーを淹れる器具に合わせたコーヒーの挽き方をご紹介いたします。ご自分で挽く場合、またコーヒーをインターネットなどで注文する場合にもご参考にしてください。

ハンドドリップの場合:中粗挽き~中細挽き

ハンドドリップでコーヒーを淹れる場合、市販品より若干粉が大きめになる中細挽き程度の方が、フィルターが目詰まりしづらいです。豆にわずかに残ったコーヒーの薄皮(チャフ)が、挽いたときに少し目立つくらいに顔を出す程度の挽き目です。

「カリタ」や「メリタ」のドリッパーを使う場合はこれくらいの挽き目で使った方が良いです。細かく挽けば、濃いめのコーヒーを淹れやすくなり、少し粗めにすればすっきりとしたコーヒーを淹れやすいです。
「コーノ」や「ハリオ」などの円錐形のドリッパーやネルフィルターには、お湯の注ぎ具合で調節が効くようにもう少し粒が大きくなるようにしましょう。適度な大きさであれば、細くお湯を注いだ時にコーヒーの粉が膨らんできます。ただし、あまり粗すぎるとお湯があまりコーヒーに浸透せず、水っぽくなってしまいます。

サイフォン、モカ・エキスプレスの場合:細挽き

サイフォンをお使いの方は、市販品程度の細挽きにすることで味をバランスよく、濃くも薄くも出すことができます。細挽きにした場合、薄皮はほとんど目立ちません。
また、直火式エスプレッソ器具、「モカ・エキスプレス」をお使いの方も、同じくらいの細挽きが良いでしょう。エスプレッソマシンくらいの極細挽きにしてしまうと、ステンレスのフィルターが目詰まりを起こします。

エスプレッソマシンの場合:極細挽き

エスプレッソマシンには、指で押したら固まるくらいの極細挽きにしたコーヒーを使いましょう。しっかりとポルタフィルター内に詰めて、空気を逃がさないようにする必要があります。
手動のミルで挽くと大変手間がかかり、また挽き目も粗めなので、電動式のミルを使う事を推奨します。エスプレッソ用の市販品の粉の中には、あらかじめごく細く挽いているものもございます。

コーヒーメーカー、パーコレーター、フレンチプレスの場合:粗挽き~中粗挽き

コーヒーメーカー、パーコレーター、フレンチプレスは比較的高温で抽出し、また濃くなりやすい傾向もあるため、粗めに挽いたコーヒーを使いましょう。
粉というより、砂利程度のごく小さい欠片の大きさにするイメージです。あまり細かく挽くと、コーヒーのえぐ味が出過ぎてしまう事があります。

以上、おおまかではありますが、器具によってのコーヒーの挽き方をお伝えいたしました。
同じ種類のものでも、器具によって多少違いが出てくるので、挽き具合を調整しながらいろいろと試して、お好みの挽き具合を見つけてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの仕事
  2. コーヒーハウス
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーメーカー
  8. チェーン店のカフェ
  9. コーヒーメーカー
  10. 韓国カフェ
PAGE TOP