コーヒーのアレンジ

オシャレで贅沢な新進気鋭コーヒー あなたのときめく3選

    ・高級コーヒーがたったの100円!

    銀座の珈琲専門店「トリバコーヒー」は100円でコーヒーが飲めることで話題になっています。トリバコーヒーは高級豆を扱っているコーヒー専門店です。

    トリバコーヒーは2014年6月にオープンしているのですが、1階ではコーヒー豆を販売し、2階では焙煎所で3階ではコーヒーの美味しい作り方を研究しているなど建物全体がコーヒーの為に特化しています。

    さらにトリバコーヒーではファッションブランドとコラボレーションし、何時でもドリップコーヒーが飲めるようにと作られたコーヒーバッグも販売しています。

    高級感の漂うイメージのある銀座の何かで、100円のSサイズのコーヒーが、あくまでテイスティング用とのことですが普通の喫茶店でのSサイズで飲めると言うのはとても魅力に溢れています。

    ・トリバコーヒーの詳細

    また、ドトール創業者の次男の鳥羽信博氏が作っていることも知られています。これだけの規模がスタートダッシュのように揃えているのは、もしかすると納得の範疇かもしれません。
    さらにロゴとインテリアのデザインにそれぞれ著名な方を使用しています。

    店内での商品形態としてはコーヒー豆も250gが1400円で購入できます。地下には、コーヒーの生豆のための倉庫もあります。メインのコーヒーは6種類で、その内のハワイコナは自家農園とのことです。

    そして挽いた状態の豆の通販も行っており、商品デザインも高級感のあるものに仕上げています。

    ・高級チョコレートも売るArtistree Cafe

    そして新進気鋭の喫茶店は勿論これだけではありません。
    Artistree Cafeと言う、日本に初上陸のプレミアム・コーヒーや高級チョコレートを、安い値段で提供することを目的としたセレクトショップがあります。

    「Poco Dolce(ポコ ドルチェ)」や「Little Flower Candy(リトル フラワー キャンディ)」と言ったアメリカで話題の高級チョコとスイーツを販売、サンフランシスコのコーヒーZaranda(ザランダ)が350円で飲め、テーブル席が40席ほど用意されています。

    内観はスタイリッシュと言うより赤茶色のやや目立つ無骨な感じです。ですが言った雰囲気の好きな男性は多そうと言う雰囲気。

    但し平日は午後7時まで休日は午後6時までと、普段忙しい人はゆったり利用することがちょっと難しいかなと言う感じです。

    ・京都に溶けこむ% Arabica Kyoto

    他には「% Arabica Kyoto(アラビカキョウト)と言って、香港を拠点としてている「アラビカコーヒーロースター&ファーム」が日本に展開

    日本ならではの風景が残る京都と、オシャレな外観の組み合わせは眺めるだけで幸せな気分にさせてくれるでしょう。

    ・オシャレなお店が進出。

    オシャレさをウリにしている喫茶店が、進出しているのは嬉しいことだと思います。
    ここから分かることはやはりみんなオシャレなものが好きで、まったりできる空間を求めていると言う事です。
    私の離島の地元でも喫茶店が増えているのですが、そう言ったお店でゆったり時を過ごしたくなりました。

    カフェコーヒー  カフェコーヒー

    カフェオーナー講座ランキング

    カフェピックアップ記事

    1. 銀座カフェ
    PAGE TOP