コーヒーのアレンジ

エスプレッソとビールという至高の組み合わせ!Valente’s Double Espresso

相性はとても良さそうで、しかし店頭ではあまり見かけない組み合わせ。個人的にはどちらも大好きなのでこの2つが組み合わさった飲み物で美味しいとなると最高な飲み物ではないか・・・と嬉しくなります。実は密かに日本でも発売されていて、世界的にも認められたエスプレッソのビールがあるのです。それが、今回ご紹介する「Valente’s Double Espresso」なのです。エスプレッソにも触れながら詳しくご紹介します。

エスプレッソについて

エスプレッソとはコーヒー粉を高圧で短時間で一気にかけ抽出したコーヒーのことです。抽出時間も短い関係からカフェインの量はドリップコーヒーの中では最も少なく、雑味がなくうまみだけを引き出され、少量のお湯だけ濃厚なコクが出ると言う特徴があります。そして日本でも馴染みの深いエスプレッソ用の小さいカップはデミタスカップと呼ばれています。

またエスプレッソはイタリアでは苦さを楽しむためのものとしては好まれていません。砂糖を大量に使い苦味と甘味のギャップを楽しむためのものとなっています。

エスプレッソとカフェラテ・カプチーノの違い

カフェラテとはエスプレッソに牛乳を加えたものです。ちなみに『カフェラテ』と言う言葉自体そのまま「コーヒー・牛乳」と言う意味です。つまり、カフェラテとは温かいスチームドミルクをエスプレッソに加えた飲み物ということです。カプチーノとはエスプレッソにクリーム状の牛乳を加えたものです。場合よってはシナモンやココアパウダーを使います。比率としてはエスプレッソ3:スチームドミルク3:フォームミルク4になります。

エスプレッソからできているフレーバービール

「エスプレッソ」とは何か、をご紹介しましたが、このエスプレッソとビールの組み合わせの飲み物があるのです。その「Valente’s Double Espresso」はスコットランドにあるブリュワリー「Black Wolf Brewery」で作られている飲み物です。この組み合わせは合うのか?と不安な人もいるかと思いますが、「World Beer Award」という、世界一のビールを決める祭典のフレーバービール部門において、2012年に「優勝」し世界一に輝いた実績があります。さらに2012年だけではなく、前後の2011年と2013年には同部門で金賞を受賞しています。ではこれから、このように世界と専門家のお墨付きを貰った「Valente’s Double Espresso」の美味しさについてご紹介します。

Valente’s Double Espressoの味わいとは

「Valente’s Double Espresso」は、エスプレッソにエールという製法のビールを混ぜたものです。このビールには、香り風味とも柔らかく飲みやすいエールが使用されています。

グラスに顔を近づけると、砂糖を焦がした甘いカラメルに似た香りがします。エール系のまろやかで芳醇な香りと上手く混ざり合っていて、飲まずに香りだけでも満足感が得られます。また、泡・液体ともにエスプレッソとエールの甘く滑らかな風味が上手く混ざり合い、とても美味しいです。このビールはビールでありながら麦芽の甘味がしっかりとあり、のどに残るような甘さのブラウンビールです。エスプレッソの風味と相まって、チョコレートやキャラメルのような濃厚で甘くトロンとした風味が印象的です。キュッと締まったビールの酸味が過ぎた後、エスプレッソの甘くまろやかな余韻がフワッと感じられます。

 

いかがでしたか?現在ではコーヒーを扱ったビールは数種類存在します。コーヒーとビールは味わい的に相性が良いのです。それらの中でもValente’s Double Espressoは、World Beer Awardでの優勝経験を持っている、他とは一線を画すビールです。エスプレッソはそのままでも美味しいですが、ぜひ「ビール」との組み合わせも楽しんでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. ロンドンのコーヒーハウス
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. 名古屋喫茶店モーニング
  7. カフェ開業経営
  8. コーヒーメーカー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーかす
PAGE TOP