コーヒーのアレンジ

インスタントコーヒーの美味しい入れ方6選

お湯を沸かすだけで、コーヒーが飲める便利なインスタントコーヒー。でペーパードリップで淹れたほうが味・香りともに勝りますが、仕事や朝の身支度などで忙しいときは、やっぱり、頼りになります。それに、ちょっと知識を持つだけで、何倍にもおいしくなるのですから。ここではそれをご紹介します!

インスタントコーヒーはパッケージに書かれている方法で入れる

さまざまなメーカーが企業努力・研究の結果、生み出された製品はそれぞれにいい点があります。それを最大限に引き出すには、飲み手はメーカーが提案する入れ方を守ることが大事。温度、湯温、粉の分量、入れ方などは記載の通りにやってみましょう。

インスタントコーヒーは温度によって味が変わる

「熱湯のほうがおいしい」「一度沸かし、90℃前後に冷ましたほうがおいしい」など、さまざまな意見があります。おいしい、香ばしいと思うのは個人の感覚なので、試行錯誤をしながら探りましょう。

また、銘柄によりおいしく感じる温度が変わってくるのもインスタントコーヒーのおもしろいところです。

インスタントコーヒーの入れ方をアレンジ

コーヒーは嗜好品である以上、自分の好みに近いものが正解となります。コーヒーツウの間でいろいろな入れ方が提唱されているので、いろいろ試しながら好みの入れ方を見つけてください。

【少量の水で溶いてからお湯を注ぐ】
テレビの生活情報番組でやっていましたが、カップに分量の粉を入れ、ティースプーン1杯分の水で練り練り……溶けたら、分量のお湯を注ぐという方法です。

【粉と水を火にかける】
分量の粉と、分量の水を鍋に入れ、そこから火にかけて適温まで加熱する方法です。

【冷めたコーヒーを再加熱】
インスタントコーヒーは、冷めてしまってももう一度鍋に戻すか、マグカップごと電子レンジに入れるかで、アツアツの温度まで再加熱することで、最初に淹れたときよりコクや深みが増すことがあります。再加熱のときには、煮詰まらせないように要注意です。

時間があるときは粉を煎ってからインスタントコーヒーを入れる

買ってきたインスタントコーヒーを、フライパンでから煎りして水分を軽く飛ばし、冷めたら瓶に戻します。粉に含まれる水分で固まらないうちに火を止めるのがポイント。余熱や焦げつきにも注意。

ミルクや砂糖でコーヒーの味をアレンジする

ドリップコーヒーは、豆の個性が出やすいため、アレンジよりはストレートか、ミルクや砂糖を入れる程度で楽しむのがおすすめです。

その点、インスタントコーヒーの粉は、クセがなく、アレンジコーヒーのベースにおすすめです。たとえば、お湯の代わりにホットココアを注いでみる、練乳やつぶあんを加えてみるなどです。意外な組み合わせを発見できるかもしれません。

インスタントコーヒーを料理に使ってさらにアレンジ

「料理にひと味足りない」というときに、インスタントコーヒーがいい隠し味になることがあります。ドリップコーヒーだと水気が多すぎますが、インスタントコーヒーは粉なのでコーヒーの味、香りだけを加えられるという利点があります。

カレーやミートソース、シチューなどの煮込み料理との相性がいいようです。“隠し味”なので、小さじ1~2ぐらいにしておくのが無難。入れすぎると逆効果なので、控えめにお試しくださいね!

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーカップブランド
  2. コーヒーメーカー
  3. ロンドンのコーヒーハウス
  4. 清澄白河のカフェ
  5. コーヒーメーカー
  6. 電源のあるカフェ・喫茶店
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒー豆一人前
  9. コーヒーベルト
  10. コーヒーの賞味期限
PAGE TOP