コーヒーのアレンジ

まるでビール?今話題のドラフトコーヒー

「ドラフトコーヒー」、聞いたことありますか?日本では「アイスドブリューコーヒー」と呼ばれていたりもします。もともとアメリカで生まれたもので、日本ではUCCがドラフトコーヒーをアイスドブリューコーヒーと名付けました。今回はこの「ドラフトコーヒー」についてご紹介します。

ドラフトコーヒーとは

ドラフトコーヒーとは、アイスコーヒーの一種です。ビールサーバーから「窒素」をたっぷり含ませながら注ぐ、見た目もビールのようなコーヒーです。アイスコーヒーの一種なので普通のものとあまり違わないのでは?と思いますが、これが全くの別物です。見た目もですが、味わいもまるでビールのようになめらかな泡の食感と甘さを含んでいて、とてもクリーミーです。2011年に、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに本社を置くコーヒーの生産販売企業、「Stumptown Coffee」がドラフトコーヒーの販売を開始しました。同社はサードウェーブコーヒーの火付け役でもあり、ポートランドだけではなく、ニューヨークやシアトルにも展開しています。その後ドラフトコーヒーは瞬く間に全米に広がり、スターバックスに導入されるなど、ニューヨークを中心に大流行しています。日本のスターバックスでも2017年4月に登場しました。詳しくは後ほどご紹介します。

名前の由来は?

本場のアメリカでの呼び名は「ナイトロコールドブリューコーヒー」です。ナイトロNitroは「窒素」、コールドブリューCold Blewは「水出し」の意味です。ドラフトコーヒーとのドラフトは樽から注ぐという意味で、日本では「ドラフトビール」などに使用されている言葉です。

ドラフトコーヒーの淹れ方

このドラフトコーヒー、作り方までビールと同じです。コーヒー液をサーバーの中で冷やしておき、提供するときに窒素を含ませながら泡を入れていきます。ビールは窒素と炭酸、または炭酸のみを入れますが、ドラフトコーヒーの場合、窒素のみです。窒素は炭酸よりもきめ細かい泡になるため、泡の感じはビールのようにクリーミー、普通のアイスコーヒーよりのど越しが良くなっています。

スターバックスコーヒーにも登場

2017年4月、銀座に新しくオープンしたGINZA SIXにある「銀座 蔦谷書店」の中にあるスターバックスでこのドラフトコーヒーが日本で初の登場をしました。注文すると、ビールサーバーのような器具の前でバリスタが丁寧にコーヒーについて解説をしながら抽出してくれます。ストローも渡してくれますが、最初はストローは使用せずに飲んで下さいとバリスタに案内されます。上にのっているクリーミーなきめ細かい泡をダイレクトに楽しむためでしょう。味は、まろやかで、深い苦みとマイルドな口当たりが同時に楽しめる味わいだそうです。

今までのアイスコーヒーとは全く違う、新しい「ドラフトコーヒー」、抽出する様子もコーヒーを淹れているとは思えないので、みててワクワクします。サーバーにコーヒー液が入っているときから冷えているので、氷を入れなくて済み、味が薄くなるといった難点がないのも嬉しいです。今、日本で最先端をゆく「ドラフトコーヒー」、一度味わったらクリーミーな泡の魅力にとりつかれること間違いなしです。ぜひお試しください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒードリップ道具
  2. コーヒードリップ器具
  3. ロンドンのコーヒーハウス
  4. インスタントコーヒー
  5. コーヒーミル
  6. コーヒーメーカー
  7. 電源のあるカフェ・喫茶店
  8. 韓国カフェ
  9. コーヒーの着色
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP