コーヒーのアレンジ

まるでスイーツ!ベトナムエッグコーヒーとは

世界には、ユニークなアレンジコーヒーがいろいろとあります。その中でも、今日ご紹介するのは、日本ではあまり馴染みのない「卵」を使ったアレンジコーヒーです。実はこの卵を使ったアレンジコーヒーもさまざまな種類があるのですが、今回は、その中のひとつ「ベトナムエッグコーヒー」についてご紹介します。

ベトナムエッグコーヒーとは

ベトナムエッグコーヒーとは、ベトナム式の器具で抽出したコーヒーに、卵黄と練乳を泡立てたものを合わせたアレンジコーヒーです。もともとハノイ発祥のドリンクで、日本では馴染みがありませんが、ベトナムでは伝統的な飲み方です。卵黄と練乳が入っているので、コーヒーと言うよりは「スイーツ」のような味わいで、最初は少し抵抗がありますが、飲んでみるとハマってしまう美味しさがあります。

ベトナムエッグコーヒーの作り方

日本のカフェなどで出しているところは少ないので飲む機会があまりありませんが、材料は少しですので家庭でも簡単につくることができます。

用意するもの

濃いめのコーヒー/卵黄/練乳/ミルクフォーマー

①濃いめに抽出したホットコーヒーをマグカップに用意する

②別の容器に卵黄と練乳を入れ、ミルクフォーマーでフォーミングする(きめ細かくなるまでしっかりと混ぜ合わせる)

④ベトナムコーヒーの上にフォーミングしたエッグミルクをのせて完成

以上、とっても簡単ですね。ベトナム式フィルターが手に入らなかった場合は、いつも通りに入れたコーヒーを使用しても何も問題ありません。また、コーヒーは、インスタントコーヒーでも代用できます。濃いめに作るのがポイントです。フォームドエッグミルクがうまく泡立たない時は、牛乳を少し加えて温めてみるとうまく泡立ちます。ミルクフォーマーがないという場合には、少し大変ですが泡だて器などできめ細かくなるまで根気強くかき混ぜて下さい。見た目はぱっと見た感じ「黒ビール」のようにみえます。

ベトナムエッグコーヒーの味わい

コーヒーに卵・・・その気になる味わいはどうなのでしょうか。

不思議なコーヒー「ベトナムエッグコーヒー」は、スイーツのようと言いましたが濃厚でカスタードのような味わいです。練乳の甘さに黄身の濃厚さ、それにコーヒーの苦さが重なり、ティラミスやプリンのような味にも感じます。更に普通のミルクよりも濃い「練乳」を使用しているので、コクも出て、口当たりもとろりとやわらかくなります。どちらにせよ、コーヒーと卵・・・?と不安に思っていた気持ちがウソのように相性が抜群で美味しく飲むことができます。一度飲んだらやみつきになってしまいます。

いかがでしたか?余談ですが、なんとベトナム人はベトナムエッグコーヒーを知らないという人が多いです。「ベトナムエッグコーヒー」は懐かしい味どころか、在日歴の長いベトナム人のみなさんにとっては馴染みのないものだったようです。もしかすると、ベトナムでも比較的新しい飲み物なのかもしれません。しかし、見た目も可愛らしく思っているよりも美味しいので、この先ベトナムでもメジャーなコーヒーになるかもしれませんね。みなさんも家に卵と練乳がある時は、是非ベトナムエッグコーヒー作りにチャレンジしてみてください。新たな発見があることでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. トルコのコーヒー占い
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーの仕事
  4. コーヒーメーカー
  5. 電源のあるカフェ・喫茶店
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーイベント
  8. インスタントコーヒー
  9. コーヒーメーカー
PAGE TOP