コーヒーのアレンジ

たんぽぽコーヒーとハワイアンコーヒーの種類

コーヒーの価値は味と香りで決まります。

コーヒーの生産国、輸入国で風味の鑑定を定期的に行い、規格や等級などが決められます。この結果が、価格などを左右するため、風味鑑定はコーヒー産業の中でも重要な役割を果たしています。ブラジルではプロの鑑定人(クラシフィカドール。英語ではカップテイスター)の制度が設けられているほど。

コーヒーは嗜好品である以上、味わいや香りを客観的に表現・評価することはアマチュアには難しいですが、どのような項目があり、どのように評価・判定されるのかを、“飲み手目線”で見ていきましょう。

コーヒーの苦味

コーヒーの苦味成分においてもっとも大きな要因になる成分はカフェインが知られています。ですが、苦味として感じられる成分にはカフェインだけではありません。

次なる苦味成分は褐色色素です。焙煎が進むにつれてこの色素が増えるため苦味を感じさせるのです。

また、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も、コーヒーの苦味(や香り、茶色い色素のもとになる成分)の一因です。このクロロゲン酸は、近年、肝臓で脂肪を燃焼させる、褐色脂肪細胞に働きかけ脂肪燃焼を促進させるなどの健康効果からも注目を集めています。

このほかにもカルシウムやマグネシウムなどのミネラル類、タンニンなども苦味のもとです。さらに、糖などが焙煎によってカラメル化したものも苦味を生じるといわれています。

つまり、コーヒーの苦味とはなかなか複雑な働きによってかもしだされているのです。

コーヒーの酸味

コーヒーの酸味は、ひと昔前まではあまり好まれませんでした。最近では、ほどよい酸はコーヒーのおいしさのひとつであるという認識が広まっています。

成分的にいうと、クエン酸、リンゴ酸、キナ酸、リン酸などが酸味の要素なのですが、豆を焙煎・抽出したときに感じる酸はこれとは違います。

焙煎により、豆の中でさまざまな成分が化学反応を起こします。クロロゲン酸が分解してキナ酸ができたり、少糖類が分解して揮発性のあるギ酸や酢酸になったりするのです。

コーヒーの主な酸味成分はキナ酸で、クエン酸、酢酸、リン酸などがそれに続きます。

コーヒーの甘み

焙煎豆には、糖分が1パーセント程度含まれており、これがコーヒーを飲んだときに感じる甘みにつながっています。

良質のタンニンにも甘みがあるとか、ショ糖が焙煎により甘みのもとになっているとか、コーヒーの甘みに関してさまざまな説がありますが、実のところはまだ解明されていないそうです。

コーヒーの味覚として渋味

コーヒーの渋味はタンニンのせいといわれています。先ほどは甘みの要因にもなると述べましたが、タンニンは渋味にもつながる成分です。抽出を終えたコーヒーを長時間加温すると渋味が増すことがあるのは、タンニンが酸化してしまうからです。

ですので、コーヒーは冷めないうちに早めに飲むのがおいしく味わうポイントといえそうです。

コーヒーの香り

おいしいコーヒーは、さまざまな味覚が偶然に調和した結果なのです。この分野はまだまだ研究途上で、日々いろいろな研究論文が発表されているそうです。コーヒーの科学は奥深く、興味が尽きません。

たんぽぽ茶などの別名で呼ばれることもあり、ヨーロッパでも昔から広く飲まれてきていた「たんぽぽコーヒー」。中国では漢方として利用されてきたほどで、たんぽぽコーヒーの効能・効果がいかに高いかということがわかります。では、このたんぽぽコーヒー、本当にコーヒーの味はするのでしょうか?今回はその疑問にお答えします。

たんぽぽコーヒーとは

たんぽぽコーヒーとはたんぽぽから 作られているコーヒーです。たんぽぽの中でも根っこから作られています。厳密に言うとコーヒーとは全く作られる成分が違うので、「コーヒー風の飲み物」という表現がベストかもしれません。

たんぽぽコーヒーの味わい

やはり、コーヒーとは味がけっこう変わってしまっていて、少し土臭さがあります。濃さにもよると思うのですが、どちらかというとお茶よりの味でウーロン茶みたいな感じもあります。何となくですが、コーヒーとはちょっと違う酸味があって、うっすらとした甘さもあります。ホットミルクを入れて飲むと、比較的にカフェオレやラテっぽい感じにもなるので、どうしても味になじめない人はミルクを入れてみても良いかもしれません。更に、チャイを追加してスパイシーさを増やす方法、はちみつを入れて甘さを増す方法、キャラメルを加えて味が甘さを増す方法などがあります。どちらにせよ、「たんぽぽコーヒー」という名前ではありますが、味はコーヒーとは別物のようですね。

たんぽぽコーヒーの作り方

てっきりたんぽぽを細かく切ってコーヒーと混ぜるとばかり思っていたのですが、今はティーバッグで販売されているようです。もはやお茶ですね。たんぽぽコーヒーは普通のコーヒーと同じで、入れ方はティーパックで淹れる方法と三角フィルターで淹れる方法の2つがあります。ティーパックで淹れる方法はお茶を淹れる時に似ていて、ティーパックの中に沸騰したお湯を淹れるだけです。あとはお茶を作る時と同じ手順でできます。三角フィルターで淹れる方法は全くコーヒーを淹れる方法と同じで、フィルターに少しずつお湯を注いでいきます。三角フィルターの方が個人的には美味しいと思います。

どこで買えるのか

ざっくり購入方法としては、ネットで検索してそのままオンラインで購入する方法と、実際に店舗に行って買う2つの方法があると思います。オンラインでの購入では、Amazonや楽天などのモールから、たんぽぽコーヒーの専門店が直接自分のサイトで購入しているところまでいろいろとありますが、レビューと値段を比較して、とりあえずは入りとして安めのものを購入するといいのではないのかなと思います。細かく見てどのたんぽぽコーヒーにするか決めたいという人は、余計な添加物が入っていないか(たんぽぽの根が100%の方がいいと思います)、産地が国産かどうかです。中国産の中にはレビューが悪いものがちらほらあります)の2点には特に注目するといいのではないかと思います。

いかがでしたか?値段もコーヒーに比べて手軽で、作るのも簡単、更に効能・効果が素晴らしいともなると、飲むしかないという感じです。特に、妊娠中や授乳中でコーヒーは避けているという方にはとてもおすすめです。ぜひ一度ご賞味下さい。

ハワイと言ったらコナコーヒー。コナコーヒーと言えば、ハワイの特産品であり世界トップクラスの高級なコーヒーです。ハワイでもコーヒーはよく飲まれており、お土産などで買っている観光客もよくみかけますね。今回はそんなハワイのコーヒーの中でどれが人気なのかみていきたいと思います。

ハワイのコーヒー

ハワイとひとことで言っても島はたくさんあります。カウアイ島やマウイ島でもコーヒーは栽培されていますが、ハワイのコーヒー豆と言えば、更に日本でも人気のある「コナ」は気象条件が栽培に適しているハワイ島で主に作られています。品質が高い順に「エクストラファンシー」「ファンシー」「№1」と呼ばれており、粒の大きさ、欠点豆の含有量などで格付けされています。最も品質の高い「エクストラファンシー」は現地でもなかなか手に入らないとても稀少な豆です。

コナコーヒー

コナコーヒーは、「ホノルルコーヒー」などのハワイ発のカフェが日本でも注目されているコーヒーです。なんとホワイトハウスも御用達のコーヒーなのです。近年巷でこのコナコーヒーという言葉をよく耳にしますが、高級豆が日本でもそれだけ手に入れやすくなったというわけですね。次に紹介するのは人気のコーヒーですが、日本の輸入店などでも販売されている場合があるので参考にしてみてください。

ライオンコーヒー

このパッケージ、何気なく見た事がある人意外と多いと思います。ハワイを代表する超有名ブランドコーヒーです。こちらのコーヒーは歴史が深く、日本でいう江戸時代であった1864年創業でアメリカ最古のコーヒーメーカーと言われています。そんな時代から現代まで、ハワイの人からとても愛されているということがわかりますね。定番のレギュラーコーヒーの他に、バニラ・ココナッツの風味を足したハワイ独自のトロピカルフレーバーがあり、こちらも人気があります。

ホノルルコーヒー

日本各地でも最近よく見かけるようになりました、世界から愛されるコーヒーブランドの「ホノルルコーヒー」。ホノルルの焙煎工場でローストされたコナ100%コーヒーは、さらっとしていて果実感ある酸味と豊かな香りが特徴。ホノルルカフェ定番のパンケーキとももちろん相性が良いです。

ハワイアンアイルズコナコーヒー

日本ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、ハワイ3大コーヒーメーカーであり、免税店や現地のスーパーに行けば必ず売っているコーヒーです。こちらの定番はコナクラシックというコナ10%のブレンドコーヒーなので、コナ100%は高くて手が出せないけどコナを飲んでみたい!という方にとてもおすすめです。最初はこちらを飲んでお試しするのはよいでしょう。

アイランド・ヴィンテージ・コーヒー

こちらはコナコーヒー専門店。最高級のコナですが、その中でも更に標高の高い産地でしか取れないコーヒーを厳選していて、2013年に日本にも上陸し話題となりました。普通のお店にはおいていないコナコーヒーの最高級品「ピーベリー」、等級の高い「エクストラファンシー」なども買うことができる専門店ならではの豊富な品揃いが特徴です。

以上日本でも現地でも人気なハワイアンコーヒーをご紹介しました。最高級品であるコナコーヒー、少し値段は高いですが、ハワイで昔から愛され世界でも注目されているだけあって買って飲む価値は十分あると思います。日本でも楽しめるようになったのはとても嬉しいですね!ハワイならではのフレーバーなども夏にぴったりなのでぜひ飲んでみてください。

ハワイコナをご存じですか? コナコーヒーとも呼ばれており、ブルーマウンテンと並び“世界三大コーヒー”のひとつに数えられる超高級コーヒーなんですよ。

名前は聞いたことはあるし、興味はあるけど実はあまりわからない! という人のためにハワイコナのことを調べてみました。

ハワイコナコーヒーとは

高級コーヒーの代名詞「ハワイコナ」。コナというのは、ハワイ島のコナ地方で採れることからついた名前です。日本では、100パーセントハワイコナのコーヒーはあまり出回っていませんでしたが、最近はスターバックスやタリーズなどでも扱うようになり、知名度とともに人気が上昇しつつあります。

コナの観光

コナは、ハワイ島の西側に位置するエリア。観光産業が発達しており、ショッピングセンターやレストランも充実している楽しいところです。

コナではあまり雨が降りませんが有名なコーヒー農園はやや山に近く、適度な降雨がありコーヒーの生育環境として理想的な条件となっています。また、土壌は水はけのよい火山灰で栄養も豊富で、日差しも適度でコーヒー栽培にはうってつけの環境といえるでしょう。

サウス・コナと呼ばれる地区には、海岸線に沿って伸びるハイウェイがあり、その沿道にたくさんのコーヒー農園が並んでいます。この道は“コーヒー街道”とも呼ばれます。無料で見学させてくれる農園もあるので、コーヒーファンは一度は見てみたいものですね。

ハワイコナコーヒー栽培の歴史

ハワイコナ栽培は、1828年に、宣教師によってがコーヒーの木が持ち込まれたことにはじまります。それからコーヒー栽培が盛んになり、いまでは高品質のコーヒー産地として世界的にその名が知られるようになりました。

ハワイコナコーヒーのグレード

コナで栽培されているコーヒーの品種は、アラビカ種のみ。2~5月には白い花が咲き、7月から翌年の2月ぐらいが収穫期です。コナのコーヒー農家は実を一つひとつ手作業で摘むため、品質が安定するという特長があります。

また、ハワイコナ豆にはハワイ州が定めた独自の「格付け」があります。焙煎前の生豆の状態で、大きさや重さなどによって評価がなされ、エクストラファンシー、ファンシー、No.1、セレクト、プライムの順に等級がつけられます。

最上級グレードの豆が「エクストラファンシー」。大きさ、形、均一性などすべての点で最高ランクの評価を得たものだけがこのグレードを名乗れます。コーヒーツウなら一度は飲んでみたい、まさに憧れの逸品です。豆は大粒で肉厚。強めに焙煎してもきれいな酸が失われにくく、淹れるとすばらしい香り、味、深いコクに驚かされます。

ハワイコナにはUCCの農園もある!

日本を代表するコーヒー業者『UCC上島珈琲』もコナに農園を持っています。ここでは、農園経営のほか、レギュラーコーヒーの製造販売などを行っています。UCCの直営農園は、フアラライ山の裾野、標高460m付近に位置しており、総面積約14ヘクタールもの広大さで、なんど東京ドームの約3倍にもなるそうです。園内には、およそ1万5千本ものコーヒーの木が栽培されています。1993年には、ハワイ州政府機関によって「ハワイ島西地区最優秀農園」として表彰されるなど、すばらしい実績をあげています。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーのかす
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒー栽培
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒー中毒
  7. コーヒーメーカー
  8. 沖縄のコーヒー
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP