コーヒーのアレンジ

いつものコーヒーをアレンジ!広がるコーヒーの世界

コーヒーはその種類豊富な風味と香りがあるからか、その分相性が良いものが多く、アレンジの幅がとても広い飲み物です。一つのコーヒーから様々な飲み物が誕生し、それぞれコーヒーの魅力を違った角度から照らしてくれるのです。今回はそんなアレンジコーヒーをいくつかご紹介しましょう。

アレンジコーヒーの幅は広い

一言でアレンジと言っても、ミルクを加えるだけの定番なカフェオレから、コーヒーをシェイクして口あたりをガラッと変えたり、フルーツやスパイスなどの食材を加えてデザートのようなドリンクにしたりと多種多様です。一見コーヒーとは合わなそうな組み合わせを使ったアレンジも案外マッチして美味しかったりするので、固定観念にとらわれずに自由な発想でオリジナルな味わいをつくることをおすすめします。また、コーヒー豆にはたくさんの種類があり、それぞれ違った個性を持っているので、同じレシピのアレンジでもコーヒー豆の銘柄を変えるだけでまた違う味になります。

様々なアレンジ

ここでは、簡単なものから個性的なものまでいろいろなアレンジコーヒーをご紹介します。

「カフェオレ」

まずはミルクを追加するだけの簡単アレンジです。コーヒーとミルクを1対1の割合で入れると、まろやかでほっとする優しい味わいになります。

「ウィンナーコーヒー」

よくカフェなどでも目にしますね。こちらはコーヒーの上に生クリームをのせたアレンジ。生クリームのコクがコーヒーのコクとマッチして、カフェオレよりも濃厚な味わいとなります。

「シナモンコーヒー」

コーヒーに、ミルク、はちみつを混ぜ、上に生クリームをのせます。最後にシナモンスティックでよく混ぜて完成。はちみつの優しい甘みとシナモンのスパイシーな香りで心までリラックスでき、また温かい気分にしてくれるアレンジです。

「カフェ・ロワイヤル」

家庭でやるのには少し難易度が上がります。スプーンにブラウンシュガーを乗せ、その上にブランデーを垂らして火をつけます。火が消えたらスプーンごとコーヒーに入れよくかき混ぜて完成です。火をつけることでシュガーの香ばしさがまし、見た目にも美しいアレンジです。お客さんが来たときなどにいいでしょう。

「オレンジーナ」

中煎りのさっぱりとしたアイスコーヒーに、オレンジシャーベットを入れ、軽くかきまぜて完成。オレンジの香りとコーヒーがさわやかなアレンジです。柑橘系の酸味があるアフリカ産のコーヒー豆を使用するとより美味しくなるでしょう。

「テ・エ・カフェ」

コーヒーとアッサムティーの組み合わせのアレンジ。好みでミルクと砂糖を加えても美味しいです。意外な組み合わせですが、とても美味しい一杯です。

いかがでしたか?家庭でもできそうなアレンジなので、いつものコーヒーに飽きた時にぜひやってみてください。アレンジコーヒーに入れるもので迷ったら、使用するコーヒーの風味と似たものを選ぶと上手くいきます。例えば、柑橘系のフレーバーをもつコーヒーであれば、オレンジやレモンなどの柑橘類を合わせましょう。コーヒーを選ぶときも、どんな風にアレンジしようか、と考えながらみてみると自分の好みがわかりやすく、沢山の種類からも自分好みのコーヒー豆を選ぶことができるでしょう。また、苦手なコーヒーでも、アレンジを加えることで美味しく感じることがあると思うので、どんどんいろいろなアレンジコーヒーに挑戦していってほしいと思います。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーベルト
  2. コーヒーカップの人気ブランド
  3. 清澄白河コーヒーカフェケーキ
  4. チェーン店のカフェ
  5. コーヒーメーカー
  6. コーヒーメーカー
  7. カフェ開業
  8. コーヒーメーカー
  9. インスタントコーヒー
  10. コーヒーの着色
PAGE TOP