コーヒーのアレンジ

あまり美味しくない?炭酸コーヒー

コーヒーにはいろんな種類がありますが、世の中には「炭酸コーヒー」というものがあります。その名前のお通り炭酸入りのコーヒーなのですが、たまに日本の飲料メーカーによって発売されていますが、味の評価はあまり良くないようです。今回は「炭酸コーヒー」についてみていきましょう。

炭酸コーヒーとは

炭酸コーヒーとはひとことで言うと、炭酸の入っているコーヒーです。コーヒーにしゅわしゅわした炭酸要素を入れることで、よりさっぱりと飲みやすくしようという試みです。日本でもたまに発売されますし、アメリカを始めとした海外でもたまに期間限定で発売されていることがあります。日本では1954年に「コーヒーサイダー」で炭酸コーヒーが売られたのが始まりでしたが、しばらくすると販売停止になってしまいました。その後も改良が加えられたものが販売されては、しばらくすると販売停止になるというのを繰り返しています。炭酸コーヒーは定期的に内容がアップグレードされており、製造技術の向上と供に次こそは美味しい炭酸コーヒーが発売されるのではないかという期待をさせておいては何度となく失敗してきました。実際に味は毎回向上しているようですが、まだ消費者のニーズは満たせていないようです。こんなにも苦戦していると逆に味が気になりますね。

炭酸コーヒーの味

炭酸コーヒーの特徴は何と言ってもコーヒーを炭酸状態で飲むことができる点です。普通のコーヒーとは全く持って違う感覚でコーヒーを飲むことができます。どちらかと言うとコーヒーを飲んでいるというよりはコーヒー風味の全く別の飲み物を飲んでいるという方がイメージ的には正しいかもしれません。実際に飲んだ人の感想として「乗り物の酔い止めに似た味がする」「人工的」「ノンアルコールビールのようだ」などというものがあるので確かにあまり味に期待はできなさそうです。しかし、日々改良が加えられていると思うので、今後は炭酸コーヒーが革新的な飲み物としてブームになる可能性もあると思います。

炭酸コーヒーの作り方

味に期待はできないものの、自分で作ったら美味しく感じるかもしれません。

炭酸コーヒーはご自宅でも簡単に作ることができます。必要な材料はアイスコーヒーと炭酸水だけで、アイスコーヒーの場合はドリップして作るなら深煎りの濃いコーヒーがオススメです。炭酸水はコンビニやスーパーに売っている無糖で無香料のものを使用します。炭酸コーヒーを作る手順としては、アイスコーヒーをまずグラスに入れてそこに炭酸水を注ぐだけ。コーヒーと炭酸水の割合は好みに応じて調整すると良いのですが、目安としてはコーヒー:炭酸水=1:9くらいの割合が一般的です。

いかがでしたか?炭酸コーヒーは意外にも歴史が古く、昔から多くの飲料メーカーによって販売されていました。まだ商品が消費者のニーズにうまくマッチしていない状態が続いていますが、日々の改良が積み重なって、いつか大ヒットする日がくるのかもしれません。自宅でも簡単に作れるので、飲料メーカーよりも先に美味しい炭酸コーヒーが誕生してしまう可能性もありえるかも・・・。それはとにかく、興味がある方はぜひ試してみてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの香り
  2. コーヒーカップのブランド
  3. トルコのコーヒー占い
  4. コーヒーカップブランド
  5. コーヒー栽培
  6. 代用コーヒー
  7. コーヒーメーカー
  8. コーヒーの仕事
  9. ドトールコーヒー
  10. コーヒーメーカー
PAGE TOP