コーヒーのアレンジ

あの素晴らしい日々を一瞬だけでも。コーヒーが飲める理容室!?

喫茶店に行けなくなった。しかし散髪で喫茶店に行っていた時のような気分を味わいたい。そんな時はJimmyJazzと言う理容室があります。JimmyJazzではジャズを流し、最後にコーヒーをサービスしてくれます。

喫茶店とジャズの不思議な関係性。そして現代の自分達がどうやって生きているか描写していますので、あなたも自分の人間関係性に振り返ってください。

・JimmyJazzと言うお店でのルーチン法

JAZZを良く聴かせるには美味いコーヒーが良いと言われています。一見不思議な話ですが、日本にはジャズ喫茶という文化が昔からあるので少なくても感覚的には支持されている話なのは間違いありません。

上手いコーヒーはJAZZの良さと比例する・倍増するとまで支持されていますが、コーヒーは同じ人が同じ豆で作っても味の良さが違ってくる難しい飲み物なので、不味いコーヒーが出来てしまったらJAZZも良く聞こえくなります。

だから気を付けて美味いコーヒーになるように、自分のこれなら安定して美味く作りやすいと言うルーチンでも作るのです。

例としてJimmyJazzと言うジャズを流している理容室があり、そこはコーヒーをサービスとして入れているようですが散髪が終わる5分前にコーヒーが出来上がるようにすると、安定して美味くなりやすいと言う法則があるようです。

・なぜ喫茶店で贅沢できなくなった?

ところでなぜ喫茶店に入る男の人が少なったのでしょうか? それは最近は全体的に収入源で行く男性が減り、喫茶店の贅沢はローンなどの支払い問題の壁を越えることは出来ないのです。また喫茶店のメニューは昔から高いのに量が少ない。味はそれなりかそれ以下とさえ言われています。それでも昔は男性が良く行っていたのは多分、”音楽”を聞くためだったんじゃないでしょうか?

昔のジャズ喫茶はコーヒーはおまけ程度の味だとも書かれていたので案外そうかもしれません。また喫茶店にはジャズが多いのもそのジャズ喫茶の名残りでしょう。

そんなこんなで嗜好を楽しむ余裕がなくなってしまい、量の多い激安の弁当店で買い職場で食べ、女性は男性が少なった喫茶店に入りやすくなったと言うわけになります。

そして女性は男性に養われている人が多いので、そのついでの収入で喫茶店に入っているのです。

・散髪しながら自分の現実世界を振り返る

JimmyJazzの話になりますが、公式ホームページを見るとまるでジャズレーベルのサイトみたいで、理容室のサイトであることを忘れてしまいそうです。ジャズ喫茶の音楽がそうであったように、散髪とコーヒーは同等の関係なのでしょう。

しかし散髪は嗜好と言うより生活必需的な要素。喫茶店に行く余裕はなくても散髪でジャズの世界に浸りたいものです。

ところでジャズはコーヒー同じように、プレイヤーと道具のチューニング次第で味が変わってくる似たようなものなのです。職場も同じ。人間の気分の調子と使っている道具の調子で雰囲気が変わってきます。

JimmyJazzで散髪してもらいながら自分の人間関係を振り返り、流れるジャズで上手く人が調和された感じを聞きながら最後のコーヒーで、現実の自分の人間関係を飲み込むと言うやり方は、現代社会の男性の自分に許された最後の砦のようなものです。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. ヨーロッパのコーヒー文化
  2. コーヒーメーカー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒードリップ人気
  5. 神保町カフェ人気
  6. コーヒーのマナー
  7. カフェ開業
  8. コーヒーメーカー
  9. チェーン店のカフェ
  10. コーヒーベルト
PAGE TOP