コーヒーの人気特集

黒い不眠症・・・カフェインの量がとんでもないコーヒー

黒い不眠症」という異名を持つ世界最強と呼ばれるコーヒーがあるのをみなさんご存じですか?その名も「ブラック インソムニアコーヒー」、南アフリカ発のコーヒーで、すでにアメリカでは発売が開始されています。「インソムニア」とは「不眠症」という意味。パッケージは真っ黒で大きなバツマークが印象的で、なんとも中身が気になります・・・。一体どのようなコーヒーなのでしょうか?

異常なカフェイン量

そう、こちらのブラック・インソムニアコーヒー、「カフェイン含有量」がずば抜けているのです。なんと、コーヒー約354mlあたり「702g」、100mlあたりで考えると、約198mlにものぼり、これは通常のコーヒーの焼く4倍にあたるといいます。カフェインの情報サイトによると、平均的な成人が消費できるカフェインの一日の推奨量のほぼ2倍になり、「カフェインに対する耐性の高い人のみが使用するべき」と注意が促されています。さすが、コーヒー界における最強王者決定戦でトップに君臨しただけあります。カフェインが異常という以外にも、こちらのコーヒーは特徴があり、「ブラック・インソムニア」は純粋で最高級のコーヒーであるそうです。ブラジルやエクアドル、グアテマラにルワンダから厳選されたコーヒー豆を絶妙に配合でブレンドしています。

味わい

カフェイン含有量で話題のこのコーヒー、味はどうなのでしょうか?やはり豆にこだわっているだけあり、中煎りで焙煎した豆は、苦みと酸味のバランスがとれていて、クルミのような甘く香ばしい風味が最大の魅力となっています。実際に飲める場所としては、ブランドの本場、南アフリカの「ケープタウン」のカフェが挙げられます。特に観光客には一度飲んでみようということで人気のようです。

日本でも飲めるのか

カフェインで強い眠気などを吹き飛ばしたい方、普通のコーヒーでは物足りない!という方などは手に入れたいと思うと思います。実際どんなものか気になりますよね。しかし現在の日本では、文部科学省が公表している五訂増補日本食品標準成分表の値をはるかに超えている為販売はできないといいます。どうしてもという場合は、アメリカのAmazon等で購入することは可能だそうですが、日本の基準で危険と公表されているので、自分に耐性はあるのかをよく考え、慎重に飲むことをおすすめします。

摂取量に注意

こちらの「ブラック・インソムニアコーヒー」はコーヒー豆なので、抽出する際にいつもより少量にしたり調節ができますが、それでもやはり摂取量には注意は必要です。近年、コーヒーでなくてもカフェインが含まれている「エナジードリンク」の多量摂取で死亡するケースも出てきています。そのためカフェイン摂取の上限の目安も公表されており、「欧州食品安全機構」によりますと、健康な成人は1回につき体重1kgあたり3mgまで、1日につき400mgまでが安全な摂取量と定めています。コーヒーは適量であればリラックス効果や炎症の抑制、記憶増強効果などのメリットが沢山ある飲み物です。とはいえ、こういった変わったコーヒーでも自分にあった適量を守れば、楽しむ飲めることに変わりはありま

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP