コーヒーの人気特集

象印のコーヒーメーカーについて紹介します!

象印のコーヒーメーカーのラインナップ

象印のコーヒーメーカーは全自動タイプとその他、カップ数ごとに数機種ずつがラインナップされています。同じ種類で色違いの商品もあり、家族構成やコーヒーを楽しむシーンに合わせてコーヒーの消費量から機種選びを進めるべきでしょう。

象印の全自動コーヒーメーカーについて

豆から挽くタイプの全自動コーヒーメーカーは珈琲通 EC-NA40の一機種が発売されています。主な機能は全自動引き立てドリップ、マイコン予熱ヒーター、ステンレスサーバー、ダブル過熱、ミルクリーン構造、二段階濃度調節、浄水カートリッジ、はずせる水タンクとなっており、重量は4.5kg。

給水タンク容量は0.54リットルとなっています。全自動なので、豆やお水をセットしてボタンを押すだけ。豆から挽ける利便性だけではなく、より美味しいコーヒーを淹れるための工夫が施されているコーヒーメーカーです。

同じ豆でも挽き目の調整、濃さの調整が可能で、より自分好みのコーヒーを淹れることができます。

象印のコーヒーメーカー カップ10杯タイプについて

カップ10杯タイプは珈琲通 EC-NA40の一機種が発売されています。主な機能はマイコン保温、前日予約、 はずせる水タンクなどとなっています。重量は1.9kg。給水量は1.42リットルです。

マイコン保温機能で煮詰まりを防止ししてくれるので、最初の一杯から最後の一杯まで変わらない味を保つことができます。

また前日予約機能は24時間以内であれば10分単位で決めることができるので、朝起きるタイミングで、夜仕事から帰ってくるタイミングでなど、好きな時にできたてのコーヒーを飲むことも可能です。

象印のコーヒーメーカー カップ6杯タイプについて

カップ6杯タイプは珈琲通 EC-VL60、珈琲通 EC-AS60、珈琲通 EC-AK60の三機種が発売されています。EC-VL60はダブル加熱ミル付きタイプ、EC-AS60はダブル加熱二段階濃度調節・メッシュフィルターつきタイプ、EC-AK60はダブル加熱二段階濃度調節タイプとなっています。

95℃以上の熱湯でコーヒーを抽出することで、豆本来のコクや香りを最大限に引き出してくれるタイプのコーヒーメーカーです。

重量はEC-VL60が2.5kg、EC-AS60が1.7kg、EC-AK60が1.7kgで給水タンクの容量は三機種ともに0.81となっています。ミル付きを希望の人はEC-VL60を。メッシュフィルターが好みの人はEC-AS60を選択すると良いでしょう。

象印のコーヒーメーカー カップ5杯タイプについて

カップ5杯タイプは珈琲通 EC-KT50の一機種が発売されています。まほう瓶構造のステンレスサーバーが特徴で、ヒーターを使わずに保温するため煮詰まりを防ぐことができます。

重量は2.4kgで給水タンクの容量は0.675リットルとなっています。コーヒーの濃さは3段階で調節可能です。レッドとダークグリーンの2色から選べます。コンパクトな見た目ですが、フィルター部分が外れることでお手入れも簡単です。

象印のコーヒーメーカー カップ4杯タイプについて

カップ4杯タイプは珈琲通 EC-CB40、珈琲通 EC-GB40、珈琲通 EC-TC40の三機種がラインナップされています。4杯タイプは簡易機能型となっており、お値段も控えめに設定されています。

比較的安価とはいえ、ミル付きなのでお好みの豆を用意すれば、いつでも挽きたての味と香りを楽しむことができます。EC-CB40は重量2.1kg、EC-GB40は1.3kg、EC-TC40は1.1kgで給水タンクの容量は全て0.54リットルとなっています。

また、ミル付きはEC-CB40の設定だけとなっています。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP