コーヒーの人気特集

缶コーヒーに含まれるカフェインと砂糖の量

よくCMでも見かける缶コーヒー、最近ではその種類も増え、仕事中や休憩中などに毎日何本か飲んでいるという人も多いのでないでしょうか?しかしその缶コーヒー、カフェインや砂糖がどのくらい含まれているか知っていますか?今回はそんな缶コーヒーのカフェイン、砂糖の含有量についてみていきましょう。

カフェインはどれくらい含まれているか

缶コーヒーの内容量は、だいたい180ml~190mlくらいです。カップ1杯分と置き換えて比較すると、このカップ1杯程度のコーヒーに対し、カフェインの含有量は120mg~160mgと、意外に多いようです。ちなみに、コーヒー以外の飲み物にもカフェインは含まれていますので、そちらのカフェイン含有量もご紹介します。緑茶や紅茶の場合は、150mlあたり30mg程度。コーラの場合は、350mlあたり34mg程度と、缶コーヒーのカフェイン量の多さがわかります。

コーヒーの種類でカフェイン量は違う

では、数多くある缶コーヒーですが、含まれるカフェイン量はどれも同じ量でしょうか。ブラックやカフェオレなど、コーヒーの種類によって異なるので、答えは「ノー」です。ある缶コーヒーのブラックでは、内容量185gに対し約93mg。微糖の場合は、内容量185gに対し約111mg。カフェオレでは、内容量185gに対し約74mgのカフェインが含まれています。ミルク配合のカフェオレなどのほうが、カフェイン量は控えめになるようです。

砂糖はどれくらい含まれているのか

一般的なタイプの缶コーヒーには10g以上の砂糖が含まれています。現在、世界保健機構(WHO)が定めている糖摂取量は総エネルギー摂取量の10%未満です。更に、5%未満にすることがより利点であると公開しました。これは、成人で1日当たり小さじ6杯程度の量です。砂糖は小さじ1杯あたり約3gなので約18g程度の量に留めておくのが理想とされています。しかし、缶コーヒーには10g以上含まれているので、1缶飲むことで、WHOが定義する1日の糖分摂取量の約半分を超えてしまいます。缶コーヒーにはブラックコーヒー以外に、微糖や低糖などの種類がありますが、缶コーヒー(190ml)のおおよその砂糖含有量は、無糖は砂糖1g未満、微糖や低糖は砂糖4.8g以下、表示のないものは砂糖16g以下となっています。いずれにしても1本以上飲むと言う人は要注意ですね。ちなみに、「甘さ控えめ」など味覚としての表現の場合は、定義はないため各社の自由となります。

いかがでしたか?様々な種類の缶コーヒーがありますが、そこには多くのカフェインと砂糖が含まれています。また、無糖など砂糖がごく少量でも、甘味料などの添加物が含まれている場合もあるので注意が必要です。食事などでも糖分は摂取していることを考慮し、飲み過ぎには注意しましょう。カフェインも、缶コーヒーは1本しか飲んでいなくてもその他にもエナジードリンク等を飲んでいれば過剰摂取になります。私たちの生活の中で、缶コーヒーはアルコールと違い、誰でも購入でき、手軽に飲めるものです。成長途中の未成年は、特に気をつけて飲む必要があります。デメリットもありますが、効果が高いメリットもあります。すべてに気をつけるのではなく、一日の適度な量をきちんと守って楽しむようにしてください。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーの効果
  2. 東京下町のカフェバッハ
  3. 清澄白河のカフェ
  4. ロンドンのコーヒーハウス
PAGE TOP