コーヒーの人気特集

知っておきたいコーヒーフレッシュの成分

コーヒーフレッシュに含まれる植物油はわずかの量

コーヒーフレッシュの成分の一つが植物油です。こちらは文字通り植物から抽出された油であり、油分に含まれるものとなっています。コーヒーフレッシュを飲み過ぎると害だと言われるのは、この植物油が多いからとも言えるでしょう。

ただ、あの小さなカップに含まれている程度のものなので、身体に悪いとも言いきれません。コーヒーが1杯150mlとして、コーヒーフレッシュはそのうち5mlほどだと考えると、ほんのわずかな量なのです。

そもそも植物油と表記しているコーヒーフレッシュが多いですが、どのような植物から抽出した油なのかによっても身体に対する影響は変わってきます。

インターネット上に広がっているコーヒーフレッシュが有害だという説に関しては、特に危険視する必要もないと言いたいところです。植物油はつまりサラダ油のことですので、冷静に考えればサラダ油を1日少量摂取したからといって必ず不健康になるということはないでしょう。

乳化剤でミルクを代用している

コーヒーフレッシュの成分を見てみると、乳化剤が入っていることが記載されています。実際にミルクなどは入っていないのですが、この乳化剤が含まれているからこそ、「ミルクが入っている」と勘違いしてしまうのかもしれません。

乳化剤というのは、水と油が混ざり合うようにするためのものなので、「乳」という漢字が付いているからと言って、決してミルクが入っているということではありません。

ただ、コーヒーフレッシュによっては乳脂肪を含んでいるものもあるので、それらに関してはミルク成分が含まれていると考えても良いかもしれません。実際のミルクに似たように作られているため、乳化剤によってコーヒーフレッシュは手軽に使えるミルクだ、と勘違いしてしまう方が多いのは仕方ないことです。

昔はミルクが高価だったからこそ、これらの乳化剤で代用するようになったとも言われています。できるだけミルクに似るように作ろうという、企業努力を感じる部分でもあります。どちらにしても、ミルク自体は含まれていないので、成分をよくチェックしてみることが必要となります。

ミルクに近い味を出すためにカラメル色素を使用している

コーヒーフレッシュにはカラメル色素などが含まれています。水と油に乳化剤を入れて混ぜると白っぽい色になりますが、よりミルク感を出すためにカラメル色素を加えクリーム色に近づけるため使われるそうで、増粘多糖類、PH調整剤なども含まれています。

これによって味を調えて、ミルクに近い味わいにしているのが特徴です。ミルクではないですが、ミルクに近づけるために作った製品ということもあり、当然のように乳白色でミルクの味がするように調節されているのです。

ただ、実際にコーヒーフレッシュだけを味わってみるとわかると思いますが、ミルクの味とは少し違っていて、甘いシロップのような味わいに近いです。

コーヒーに入れた時にミルクのようなコクが出せるよう調整されているので、味はやはりミルクとは異なります。成分そのものがミルクと違っているので、その違いについても知っておくと良いでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. 名曲喫茶東京
  2. コーヒーメーカー
  3. カフェ開業
  4. コーヒーメーカー
  5. コーヒーハウス
  6. カフェ・喫茶店のチェーン店
  7. 神保町カフェ人気
  8. コーヒーベルト
  9. コーヒーメーカー
  10. コーヒーの豆知識
PAGE TOP