コーヒーの人気特集

真夏にぴったり!手軽にできる水出しコーヒーの作り方

すっきりとした味わいの水出しコーヒー

皆さんは「水出しコーヒー」を飲んだことがあるでしょうか。
古くて大きい喫茶店にいくと、たまにおいてある巨大なフラスコで作っているコーヒーを見かけることがあります。その器具は「ウォータードリッパー」と呼ばれ、「オージ」や「カリタ」が製造を行っております。
お湯を使うハンドドリップとは違い、冷たい水で何倍もの時間をかけて抽出するコーヒーです。出来上がったコーヒーは雑味やえぐみ、油臭さが少なくキレのある味わいになっております。
夏に味わうにはぴったりの飲み物で、作り置きも簡単です。

水出しコーヒーの作り方

ここまで書くと難しそうに見えますが、実は自宅でも簡単に作れます。しかも、巨大で高価なウォータードリッパーを使わずとも、お茶を淹れるときに使うようなフィルター付きのウォールマグやポットか、無ければお茶パックにコーヒーの粉を、こぼれないようにしっかり封をすれば代用できます。水出しコーヒーを作るのに便利で安価なポットは、「ハリオ 水出しコーヒーポットミニ」などで、5杯程度から淹れられます。

普段のハンドドリップ程度のコーヒーの粉をフィルターかお茶パックに入れ(一杯あたり12gで、多めに作った方が失敗が少ないです)、コーヒーの粉全体が湿るように水を注ぎます。分量分の水をそそいだら、冷蔵庫で8時間程度放置します。寝る前にやっておけば、朝にはできています。
お茶パックを使った場合はポットから注いだ際に粉が出る可能性もあるので、茶こしなどを使って粉が中に入るのを防ぎましょう。

これだけです。時間がかかるのはネックですが、難しい技術や経験、道具がなくても簡単にできるのが嬉しい事ですね。水と粉の量を間違えなければ、誰でも失敗することなく淹れることができます。お湯を使わないフレンチプレスといったところでしょうか。

水出しコーヒーに向いているコーヒー

水出しコーヒーに向いているコーヒーは、濃いめに焙煎された苦味が強い味を持つコーヒーです。「ブラジル サントス」「マンデリン G1」あたりの豆を、フルシティロースト程度の深煎りにしたものであれば、そうそうはずれはありません。また、コーヒーの粉は、通常のハンドドリップ程度の中挽き~中細挽き程度がおすすめです。
また、水出しにした際に酸味が失われる場合があるので、浅煎りのコーヒーを使うのはおすすめできません。ただ一概にそういう事もできませんので、色々な豆をつかって試してみてください。

鮮度も比較的落ちにくく、作り置きに向く水出しコーヒー

通常のドリップで淹れたコーヒーは冷めると次第に酸化して味が変わっていき、ものによってはまずくなりますが、水出しコーヒーの場合、温度変化が少ないせいか味の劣化は少なく感じます。
ただし、粉を入れっぱなしにするとどんどん濃くなっていくので、8時間程度経ったあとはコーヒーの粉を取り出し、冷蔵庫で保管するようにしましょう。

雑味が少ない水出しコーヒー。作り置きも簡単で手間いらずなので、夏のオフィスのお供にいかがでしょうか。水筒に氷を入れて持ち運び、リフレッシュに使うのもよいでしょう。
冬はさすがに飲むには身体が冷えすぎますが、夏には心強いお供になってくれるでしょう。

カフェコーヒー  カフェコーヒー

コーヒーの最近の投稿

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーメーカー
  2. ドリップコーヒー
  3. コーヒーメーカー
  4. コーヒー豆一人前
  5. 珈琲に合う食べ物
  6. コーヒーメーカー
  7. コーヒーミル
  8. コーヒーメーカー
  9. 韓国カフェ
  10. コーヒーの実
PAGE TOP