コーヒーの人気特集

焙煎されたコーヒー豆の賞味期限、および長持ちさせる方法

焙煎豆の賞味期限はどれくらい?

焙煎されたコーヒー豆には、賞味期限があります。一般的にコーヒー豆は、焙煎されてから一週間ほどが賞味期限とされています。
ただし、人によっては、二週間ほどという人もいますし、ハワイコナなどの特殊な銘柄は二週間置いた方がうまみが出るケースもあります。

賞味期限がすぎたコーヒーはどうなるのか

コーヒー豆は、焙煎されたあとに空気中の酸素と反応して酸化がはじまり、味が酸っぱくなってしまいます。
もし、これが豆ではなく粉になっていた場合、表面積が広くなる分さらに酸化が早く進みます。

また、焙煎後は熟成されて油分が少しずつ出てくるため、長期間ほうっておくと油でグズグズになり、胃もたれしやすいコーヒーになってしまいます。
コーヒーは、できるだけ賞味期限内に飲んでください。

焙煎豆を買うとき、賞味期限上注意すべきこと

スーパーに並んでいるコーヒー豆は、流通を絶やさないようにするために大量に焙煎した物を袋詰めして在庫しておき、足りなくなったときに発送されるため、基本的には新鮮ではありません。
できるだけ、コーヒー焙煎士から焙煎したてのものを直接買いましょう。「焙煎豆 販売」に加え、お住まいの地域の名前をキーワードに使って検索すると、お近くの焙煎士のお店が見つかります。

また、焙煎豆を買うときは、普段ご家庭で飲む量を考えて買うと最後まで美味しくお飲みいただけます。100gでおおよそ6-8杯分、200gでおおよそ12-15杯分です。
分量はお店によって「焙煎された後の量」を記載しているところと、「焙煎する前の生豆の分量」を記載しているところがあるので気をつけてください。例えば、生豆100g分のコーヒー豆は焙煎すると水分が抜けて、86g前後に目減りします。

焙煎豆の賞味期限を減らさず、長持ちさせる保管方法

焙煎豆は空気に極力触れないように保管してください。また、直射日光や湿度のある場所を避け、冷暗所で保管してください。

できれば、持ち帰った後、陶器やガラスでできたパッキン付きの密封容器に入れるとよいです。無ければ、ジップロックなどでも代用できます。
焙煎豆を購入時の袋でも封はされておりますが、劣化はいくらか早くなってしまいます。

冷凍庫や冷蔵庫に入れると長持ちするって本当?

冷蔵庫や冷凍庫など、常温より低い温度での保存は、コーヒー豆の酸化、油分の表出をある程度抑えることが出来ます。高温になればなるほど、参加や油分の表出が多くなります。
冷凍庫、冷蔵庫に保管する場合において、気をつけたいのは水分です。冷蔵庫や冷凍庫に入れると空気中の水分が冷えて水になり、豆が湿気ることもあります。

湿気はコーヒー豆にとって大敵なので、たとえば空の容器を入れて中に水分がつくようであれば、冷蔵庫や冷凍庫に入れず、戸棚の中で保管した方が良いです。もちろん、シンク下は湿気がこもる場所ですので厳禁です。

コーヒーの生豆には賞味期限はあるか?

焙煎前のコーヒーの生豆には、賞味期限は基本的にはありません。ただし、保管場所が湿気ているとカビてしまいます。
生豆を自分で焙煎するために保管しておこうと考えている方はお気をつけください。
余談ですが、保管場所に気を使って4-5年以上寝かせると、水分が抜け、焙煎した際に独特の味を持つ「オールドコーヒー」ができあがります。オールドコーヒーを専門に出している喫茶店も存在します。

以上、コーヒーの賞味期限と長持ちさせる方法についてお話しいたしました。
日本は湿気の多い国なので、気をつけて保管しておいしいうちにコーヒーを飲みましょう!

カフェコーヒー  カフェコーヒー

カフェオーナー講座ランキング

カフェピックアップ記事

  1. コーヒーハウス
  2. チェーン店のカフェ
  3. 銀座カフェ
  4. コーヒーの砂糖とミルク
PAGE TOP